RSS | ATOM | SEARCH
バースデイプレゼント

先日四国に行った時、母のお誕生会をしました。私のプレゼントは残念ながら間に合いませんでした。

母が毎日、父のお墓に行くときに持つパッチワークの小袋がもうボロボロになっています。何年か前に妹から、新しいのを作って欲しいと頼まれていました。今回も母は以前に私が作ったボロボロのパッチワーク袋をビニール袋に入れての墓参でした。

これは、何とかしなければ・・・

IMG_0942

パッチワークは久しぶりのことです。昔の友人しか私がパッチワークをしていたことを知りません。

大きい方がメインのさげ袋、小さいのがお線香を入れる袋です。引越し後、殆どの物がダンボールに入ったままですから、パッチワーク用のDual Duty の糸も何巻きもあったはずですが、出てきません。仕覆用の道具だけは、すぐに出るようにしておきましたので、絹の手縫い糸で地縫いもキルトも済ませてしまいました。

先日作ったマーマレードと一緒に明日送ります。喜んでくれるといいのですが・・・

author:Muu, category:kazoku, 23:45
comments(1), trackbacks(0), - -
5年目のマーマレード

マーマレードを作りたいと思って夏みかんの苗木を庭に植えました。

5年経ってやっと、夏みかんらしい実りが6個。その内3個を収穫していよいよ待望のマーマレードを作りました。

100%手作りのマーマレードというわけです。

20170227jam3 3個で約1kgありました。加える砂糖は300g。

後は、何も加えません。ひたすら薄く皮を切って行きます。この作業が一番時間がかかります。薄く切った皮は水であく抜き、抜きすぎるとマーマレードらしさがなくなります。そのため、つけていた水を最後まで捨てないで、必要があれば足せる状態にしておきます。4瓶のマーマレードが出来ました。久しぶりに家中柑橘の香りで満ちていました。

20170227jam220170227jam1

 

author:Muu, category:, 01:01
comments(1), trackbacks(0), - -
ウォーターフロント

有明のビッグサイトそばにある大塚家具のショールームに行くことになりました。今日は、東京マラソンの日、都内の道路は様々に規制が掛かっています。

山手通りがギリギリのライン、それを海に向って車を走らせ、レインボーブリッジを通って有明に、空は青く気持のよい湾岸ドライブでした。

20170226ariake220170226ariake1

壁面AVボード、テーブル、その他いろいろ見て回りますが・・・とにかく大塚家具が入る3階、5階の床面積はかなり広く、途中でもういいかしら?状態になりました。家具やさんの家具を求めるか大工さんの造作にするか、各所で判断が決まっていないので、価格帯、できること出来ないこと、様々に勉強になりました。

20170226ariake320170226toto

晴海から、今度は練馬のTOTOショールームへ向います・・・午後も、山手通りより内側は規制が掛かっていました。

バスルームのカラコン・・・楽しいはずなのですが、さすがに多くのアイテムを見て回った後で疲れて気持が入りませんでした。

author:Muu, category:建築, 23:32
comments(0), trackbacks(0), - -
春の日差し?

気温はそれ程高くありませんが、日向では春ウララ感満杯でした。クリスマスローズがいっぱい咲いて、ちょっぴりにっこりしてしまいました。

20170225_abiko220170225_abiko4

菜っ葉類は、菜の花になているもの、大きな株に育っているもの様々です。じがいも(アンデス赤と男爵)を植え付けました。

20170225_abiko320170225_abiko1

今年は、家のことがあるので毎週通うことができない予感、植えつける野菜の種類を例年と変えてみようと思っています。アンデス赤の美味しいポテトサラダを期待しながら植え付けました。

author:Muu, category:我孫子, 20:59
comments(0), trackbacks(0), - -
四国

家の建替えや私自身の怪我、仕事・・・様々な・・・10ヶ月ぶりに実家に帰りました。

出迎えてくれる瀬戸の海は変りませんが、89歳になる母は、昨年3月に又来るからね〜と別れたときと、随分変っていました。老いは残酷ですね。私をいつも面倒を見てくれる妹の名前で呼びます。仕方がないのですね。かつて義父もそうでした、

20170216shikoku

あれだけ一生懸命で立派な野菜を育てていた一昔、今は例えば植えつけた里芋は追肥をやらないせいでしょうか?あまり育たず、そして掘り出さない状態で放置されていました。大根も間引きをしていないので、細い大根が林立状態でした。ハサミや鎌が畑のアチコチにおきっぱなしで、それを母が自分で見つけたときは、一瞬自分の老いを実感するのでしょうか、何度も何度もその事実を話します。

それでも、普通に食事をして、ゆっくりではあっても自分の足で歩けます。10ヶ月帰省しなかったことを反省し、これからはもう少し頻繁に帰省して、、語りかけるだけでもしたいと思いながら東京に戻ってきました。今度のお正月は、東京の新しい家でみんなで迎えようね!と言うとうれしそうな反応でした。

author:Muu, category:kazoku, 20:49
comments(0), trackbacks(0), - -
さら地

我が家の解体工事が始まったのが、1月23日でした。それから3週間経ち、建物はもちろん、庭木も草も全てきれいさっぱり無くなって、さら地になりました。

20170211sarachi120170211sarachi2

不思議なもので、こうなってしまうと紫陽花がこっち、空木がここ、紫式部はこっち、黄梅はと言った木々の記憶も少しずつ薄れてくる気がします。庭木の抜根だけでも大変な作業ですから、解体工事の人たちには頭が下がります。

author:Muu, category:建築, 23:12
comments(0), trackbacks(0), - -
骨董市

仮住まいが何十年も通った骨董市のお寺のすぐ近くです。朝になって、不思議なことにそわそわ・・・気が付くと、市に来ていました。向こうからお仲間が手を振る、おなじみの店主が会釈する・・・「お久しぶり」「もう2年くらい来ていないんじゃない」「元気だったの?足の具合は?」と会話がはずみます。

思えば、このお寺の骨董市は通い始めてもう40年近く経っています。出店する店主も訪れる客も時とともに随分変りました。昔は、青山の「もりた」さんのご主人も愛犬を連れて毎月いらしていました。ここ2年遠ざかっていた間にも、ずっと長い間来ていたお店がいくつかなくなっていました。

20170205kaiki1

カイキの総裏がついた馬乗の唐桟の袴、表裏とも和物です。懐かしくて買ってしまいました。紫のカイキはあまり仕覆に使いませんが、どうしても色が決まらないときは紫と決めていますから、まあ、あってもいいかも知れません。そんな気持でGET、やはり病気は続いていたようです。

20170205sarasa120170205sarasa2

おなじみのヨーロッパ更紗、この手も最近はそれほど頻繁に出会わなくなりました。ちょっと大きめの風呂敷大のサイズです。悪いところを補修して、裏を貼り、また道具風呂敷に復活させようと思います。

author:Muu, category:お茶の裂地, 10:38
comments(2), trackbacks(0), - -
家具工房の見学

群馬県の昭和村にある廃園になった幼稚園を家具工房として活動している家具作家平井敦さんのところへ知人の車に同乗して行ってきました。知人は平井さんに以前に家具作成をお願いしたことがあります。

保育園のつながった部屋は、材木置き場、作業部屋、展示部屋、漆作業部屋、広い園庭も材木置き場と自由でおおらかな雰囲気の工房でした。

平井さんのことは、ここに紹介されています。

使っている木は、主に栗、胡桃、塩地、栃、栓など地元の木だそうです。

私が探している長さ3700、幅500のカウンター無垢材(栗と栓)の候補も見せてもらいました。主に、無垢の一枚板で、できれば側面に皮面を見せられるものです。玄関の式台候補は樹齢200年の栗材、素敵な木がいっぱいありましたが、さて見積りが届くと目が飛び出す予感一杯です。

author:Muu, category:建築, 19:57
comments(1), trackbacks(0), - -
久しぶりの畑

引越し騒動で、すっかり畑から遠ざかっていました。

今朝、車のナビに行き先を入れると、前回畑に行ったのは、12月16日と出てきました。1ヵ月半も行っていなかったわけです。

菜っ葉類は?夏蜜柑は?どうなっているのかしら?

DSCN0454DSCN0461

冬の日差しを体いっぱい浴びながら、まってくれていました。小松菜は、ロゼッタ葉のターサイ状態で色濃く生き生きしています。

DSCN0459DSCN0456

オータムポエムは菜の花畑、水仙も風にゆれ冬の花の風格を示しています。

DSCN0468DSCN0464

蠟梅はそろそろ終りでしょうか?ほのかな優しい香りをあたりに散らし、クリスマスローズも蕾を見せ初めています。春はもう少し。い久しぶりの土いじりに癒されました。

author:Muu, category:我孫子, 22:09
comments(1), trackbacks(0), - -
解体

今週はじめから解体工事がはじまりました。

解体中の現場を目にするのは、複雑な心境です。

20170127kaitai

あそこが台所の壁、こっちが・・・と思い出の限りが頭をよぎります。

来週行くともう、鉄骨部分だけになっているのでしょうね。

author:Muu, category:建築, 22:29
comments(1), trackbacks(0), - -