RSS | ATOM | SEARCH
今日の庭

先日は、最低気温がマイナスになる日がありました。さすがに越冬しそうだった去年の夏のインパチェンスは、凍って枯れてしまいました。ビニールを掛けるなど養生すれば、違ったのかもしれませんが、そのままでどうなるのか知りたかったこともあります。

気温のアップ&ダウンが激しい昨今の中で、椿たちはやはり寒さの中で安定しています。スノードロップもビニールポット(ごめんなさい、ちゃんと植え付けてなくて)の中で花を開きそうです。

DSCN6890[1]DSCN6899[1]

DSCN6916[1]DSCN6895[1]

そろそろ我が家のクリスマスローズがにぎやかになるころです。

DSCN6903[1]DSCN6909[1]

DSCN6911[1]」DSCN6897[1]

 

author:Muu, category:, 13:23
comments(0), -, - -
裏海気の打掛

随分前に、カイキが欲しくて求めた幕末頃の打掛をひっぱり出してきました。場所を取るので・・・片付けたい。

DSCN6921[1]DSCN6924[2]

全体に綿が入っていますが、特に裾には、厚み10cmを超えるほどの綿がはいっています。

完成形の打掛を解くのにためらって、ずっと放置していましたが、思い切って解くことにしました。古いカイキのツヤはやっぱり美しいものです。

DSCN6933[2]

身頃と袖は少し色目が違う紫のカイキです。糸の張りからすると、袖のカイキの方が上手です・・・ひょっとして、渡り?いえ、そこまでの布の質感はありません。あとは、解いてのお楽しみです。

author:Muu, category:お茶の裂地, 20:56
comments(0), -, - -
旅箪笥

ずっと以前、茶道を習い始めた頃、自宅で練習する道具は何も持っていませんでした。

骨董好きの私が最初に求めたのは、旅箪笥の中に水指、棗、柄杓、茶碗2種などがいろいろ仕組まれたものでした。この箱そのものが、点前で使うものなどつゆ知らず、ただ収納箱には最適と思ったものです。

習う内に、晩年の利休が小田原陣中の秀吉に携えたと伝えられる棚だと知りました。正面のけんどんの蓋を開けると2段の棚があり、下に水指、中段に茶器、上段の切り込みに柄杓を立てかけ、下手前に蓋置といったように、点前として完成していて、ただの収納棚ではありませんでした。

tabidansu1tabidansu2

しかし、3年前の家の建て替えの時に、落とし込みの引手金具をなくしてしまいました。ただの金具、されど金具、これがないと点前が成立しません。

先日、中古ですが桐木地の完成品を見つけて、GETしました。ちゃんと木釘を使って組み立てられています。

tabidansu3tabidansu4

 

author:Muu, category:お茶, 23:01
comments(0), -, - -
冬の菜っ葉たち

穏やかで、動くと少しぽかぽかするような外気温でした。

畑の野菜たちも、少しずつ大きくなっています。無農薬でも冬は虫が付きにくくて助かります。

DSCN6866DSCN6864

DSCN6852DSCN6852

DSCN6848867

収穫したばかりの菜っ葉は、ことさら夕餉のごちそうです。

クリスマスローズは、これからです。

DSCN6874DSCN6869

 

author:Muu, category:我孫子, 19:30
comments(0), -, - -
庭の椿

服部緑地の椿の画像はまだ整理が続いています。

今日は、我が家の庭から・・・苔は一応一面埋まりました。3種の苔のうち、どれが我が家の環境にあっているか?これから春、夏と実験です。原種のシクラメンもひっそり蕾をつけはじめています。

kokeDSCN6841[1]

さて、椿。千羽鶴が咲き始めました。とき色のやさしさにほっとします。

DSCN6808[1]DSCN6805[1]

白侘助はそろそろ終わりに近づき、かわりに小さな胡蝶侘助が咲き始めました。

」DSCN6812[1]DSCN6824[1]

どちらも真ん丸のつぼみ。月の窓と玉霞。

DSCN6817[1]DSCN6825[1]

 

author:Muu, category:, 22:43
comments(0), -, - -
服部緑地の椿(5)

服部緑地の椿、その5です。

知多の誉バイカニシキ

大虹緋蓮華

カクレイソシボリハツアラシ

レイガンジシロヤブ柊葉椿

author:Muu, category:, 22:32
comments(0), -, - -
服部緑地の椿(4)

服部緑地の椿、その4です。

白八朔片山宗旦

スルスミダイニチノアケボノ

ユメマクラハヤザキボクハン

アヤオリヒメ不老庵

author:Muu, category:, 01:25
comments(0), -, - -
また1年

娘がケーキを持ってリビングに降りてきました。

あっ!そうだ・・・また1歳増えちゃったのね。あっという間、でもいろんな事があった1年です。

いつになく、医療機関にいろいろお世話になった1年ですが、元気にバースデイケーキをいただける喜びに感謝です。

happyBirthday

author:Muu, category:kazoku, 23:30
comments(0), -, - -
服部緑地の椿(3)

服部緑地の椿、その3。

百合姫じょうまんじ

花の里このみ白

天倫寺月光レンゲセカイ

高嶺の雪白卜伴

author:Muu, category:, 20:33
comments(0), -, - -
服部緑地の椿(2)

服部緑地公園の椿、その2です。

妙蓮寺や神楽弁天は、もう最後の花といった感じでした。

yabuシボリミョウレンジ

黒侘助カグラベンテン

大納言ミトノ

ヨブコドリターミア1

同じ赤系の椿でも、それぞれ微妙に変化のある色味です。藪椿の赤と妙蓮寺の赤はまるで違います。

author:Muu, category:, 12:48
comments(0), -, - -