RSS | ATOM | SEARCH
雪の庭

昨日の暖かさとうってかえって、今朝から雪が降っています。

茶花たちの鉢の上にもこんもりと雪がのっかりました。

DSCN6951DSCN6953

DSCN6957DSCN6962

緑と白の中で、一つだけ色が見えるのは原種のシクラメン・・・もうそろそろ花が終わりそうです。

DSCN6958DSCN6961

 

author:Muu, category:, 15:32
comments(0), -, - -
ジャガイモ植え付け

春ですね。

そろそろ、求めてあったジャガイモを植え付けなければなりません。今年は、少な目です。

昨年人気だった「ノーザンルビー」と初挑戦の「紫月」をそれぞれ500gづつ求めてありました。40g前後にそれぞれ、11個に分割し、草木灰を付けて、切り口が乾いたら植え付けます。

IMG_種イモIMG_0316

木島から移植したフキも出てきました。

畑は、あちこちで春色です。宿根草たちが、温かさにつれて花を見せにぎやかです。

IMG_0311IMG_0317

IMG_0314IMG_0312

 

author:Muu, category:我孫子, 21:48
comments(0), -, - -
春の畑

先週はお天気が悪くて、2週間あき・・・連休は畑です。

日向水木が目に留まります。株本には、スミレがいっぱい。

IMG_0279IMG_0280

野菜たちもそれぞれに春。

IMG_0282IMG_0291

ネギ坊主ができ、ブロッコリーも花をつけ始めています。

IMG_0292IMG_0285

IMG_0286293

 

author:Muu, category:我孫子, 21:38
comments(0), -, - -
アマリリス

暮れの園芸店の福袋にはいっていた「アマリリス」が咲きました。

それほど光の量が豊かでない室内で本当に咲くのかどうか心配でした。でも、咲くんですね。さすがに葉は、色も厚みも薄いです。

IMG_0277

花が終わったら、畑に植え付けておけばいいのでしょうね?

author:Muu, category:, 22:03
comments(0), -, - -
久しぶりにモール裂

作り始めた細長い花入の仕覆の表裂にモールを考えていました。

定時で会社を出て、南青山のもりたさんへ直行です。奥様がいらして・・・「あら、久しぶり」「裂の御病気は続いていたのですね」と。

もりたさんに来ると、病状は最悪です(笑)

考えていたモール以外のも、出物を探す私がいました。また、ご紹介したい珍しいものに出会いました。

まずは、GETしたモールです。

DSCN6964DSCN6965

DSCN6968DSCN6973

金糸がまだ生きています。

DSCN6966

 

 

 

 

author:Muu, category:渡りの裂(その他), 22:54
comments(0), -, - -
庭先の春

今日は雨、茶庭の苔にも小さな草が少しばかり芽生えて来ました。指先をピンセットにする感覚で、1本ずつ引きました。数種の苔はそれぞれに何とか緑を増しています。

さて、土佐水木の黄色が目に留まりました。その足元では、春蘭やショウジョウバカマがこっそり春を告げてくれます。

IMG_0251IMG_0257

IMG_0253IMG_0254

椿たちも・・・まだまだ。俳句では春の季語なんですよね。山茶花は冬の季語ですが。

IMG_0261IMG_0259

author:Muu, category:, 16:20
comments(0), -, - -
実のなる木

昨秋の台風19号で梅の古木の幹が傾きました。現在は、三又の支柱をして、それ以上倒れないように保護しています。

今年の花はどうなるかしらと気をもんでいましたが、花が付きました。ほっ!ですね。

IMG_0245

以前から試してみたかったブルーベリーの苗木を植え付けました。ブルーベリーは同じ系統(ラビットアイ系 or ハイブッシュ系)の中で種類が違う2本をそばに植えないと受粉しないのだそうです。いつもの園芸店で選んでもらいました。ラビットアイ系のピンク系(ピンク・レモネード 接木)と濃青紫系(ティフブルー)の2本です。

IMG_0243IMG_0244

ブルーベリーは椿と同じように酸性土壌を好みます。用土に鹿沼土とピートモスをすき込んで酸性にし、2本並べて植え付けました。開花から結実までうまく行くでしょうか?園芸店の人が、収穫が朝早くがいいですよと言いました。日中になると、実がうだってしまうのだそうです。しかし、早起きは私の禁句・・・ちょっと気になるフレーズです。購入を決めた後で耳にしたフレーズのこと、さすがに「それなら・・・やめます」と言えませんでした。

IMG_0241

 

author:Muu, category:我孫子, 20:56
comments(0), -, - -
花豆を煮る

台所の引き出しに忘れていた花豆を発見しました。長野の小屋に行ったときに買ったものです。

ちょっと時間が経ったので、どうでしょう?しかし、乾燥した豆類は保存食です。半分の150gを一晩水に漬け、じっくり時間をかけて煮てみました。我が家の味付けは甘味を極力控えます。

IMG_0249IMG_0264

おいしく煮あがったようです。こういうシンプルな料理もたまにはいいものですね。

 

 花豆  150G

 三温糖 120G

 水   3カップ

 醤油  小匙 1

・花豆を洗って、たっぷりの水に一晩浸します。

・そのまま、火にかけ、沸騰したら茹でこぼして、水を替え・・・ことこと煮ること1時間竹串が通るまで・・そのまま冷ます

・冷めたら湯を捨て、新しい水3カップと半量の砂糖を加えて30分(中火→弱火)煮ます。

・残りの砂糖を加えて、10分強煮ます。

・醤油を加えて、10分煮てそのまま冷まして出来上がりです。

author:Muu, category:, 20:21
comments(0), -, - -
春の白花

黄連の2種が花をつけました。

IMG_0240バイカオウレンIMG_0235

今年は少し早いですね。

梅花一華(アネモネ・シルベストリス)もこっそり開花。どれも小さな見過ごされそうな花達ですが、春が来た!感いっぱいです。

IMG_0236

 

author:Muu, category:, 22:44
comments(0), -, - -
雛の懐石

久しぶりの懐石です。

表千家の飯椀には、裏千家の一文字ではなく、丸く小さくご飯を盛るのですね。

IMG_0225IMG_0226

IMG_0221IMG_0220

author:Muu, category:, 19:50
comments(0), -, - -