RSS | ATOM | SEARCH
名残の花ETC

今日の茶花レッスンは、欲張って4杯入れました。

まず、籠は今月で終わりだから、「名残の花」を入れましょうの先生のアドバイス。「宗全籠」に13種まで入れて大丈夫。

夏から咲き続けた千日紅や吾亦紅、水引、やっと咲きはじめた磯菊・・・みんな入って名残です。

IMG_0595

花:梅モドキ、段菊、杜鵑、銀水引、小菊、竜胆、千日紅、磯菊、桔梗、藤袴、吾亦紅、秋明菊

花入:本宗全籠

 

ジョウロ杜鵑は、どんな花器がいい?先生が持ち出されたのは筒型の備前でした。

IMG_0599

花:キイジョウロホトトギス、藤袴

花入:備前筒型花入

薄板:杉木地

キイジョウロには、3つの花と1つの蕾が付いていました。先生には「少しうるさい」ようでした。どれか花を一つ落としましょう。どれがいいかよく考えてね。はい。敷板の範囲が、花の範囲。長きは、短く。短きは長く。(←花入れと花の長さの関係)

藤袴はジョウロ杜鵑の半分の高さに切り詰めました。ジョウロ杜鵑は、客付き(本勝手)に向け、敷板の角ねらいで止めます。備前なので草の敷板(杉板)を使います。板目は客付きの方向に木の目がむくように、そして、霧吹きを掛けてから花入れを置きます。

 

サラシナショウマのダイナミックな姿は、どんな花入れに?そして、何を合わせる?霜柱と合わせ、「白&白」はだめですか?

白&白もOKよ。升麻の焼けた葉はどうしましょう?一枚しか残っていないので、日照りと戦った勲章として葉は入れてあげましょう。葉を入れると、花の高さは自然に決まります。

IMG_0601

花:サラシナショウマ、霜柱、竜胆

花入:信楽耳付き

薄板:杉木地

お軸は、「採菊東籬下」「悠然見南山」陶淵明の飲酒詩の一つです。先生は花は軸と一緒に撮りなさいとおっしゃいます。

 

欲張って4杯目、籠が最後だというので、唐物の船を出しました。

IMG_0606[1]

花:ウメモドキ、藤袴、竜胆

花入:唐物舟籠

 

舟の帆先は、客付を向きます。手前のウメモドキは、舟をこぐ櫂をイメージして入れます。その後ろの藤袴は、櫂をこぐ人をイメージします。小さな3輪の花の中にもストーリーが入るのですね。

author:Muu, category:茶花, 03:06
comments(0), -, - -
精進の懐石

今日は月一回の懐石料理教室でした。お当番だったので、9時過ぎにお教室に到着、15時半に終了、その後茶花の個人レッスンでお教室に9時間半いたことになります。帰宅して、20時から23時までオンライン会議という、結構きつい一日でした。

さて、今日は「天然忌」のお題で精進懐石でした。「天然忌」は表千家7代の天然宗左の追善供養のことで裏千家の私は初めて耳にする言葉でした。9月に行われるそうですが、お教室で本日のメニューでした。

以前にここで書きましたが、江戸根来の美しさに魅かれて古い懐石のセットを買ってしまいました。そのとき恥ずかしいことに赤が精進用だということを知りませんでした。そんなこともあり、今日は興味津々の内容でした。

IMG_0585IMG_0587

向付:ずいき、枝豆の胡麻なます

汁:里芋、叩き法蓮草白味噌仕立て(白味噌9:八丁味噌1)

飯:松茸御飯(丸物相)

煮物椀:厚揚げ絹豆腐、冬瓜、長ひじき、柚子

かご寄せ盛:栗、銀杏、紅葉麩、松葉牛蒡、花蓮根

炊合せ:引上湯葉、蓬麩

香物:沢庵

 

ガスコンロで羽釜を使って御飯を炊くのは初めての経験です。松茸御飯は、一番だしでお米を炊きます。途中で松茸を入れますが、キッチンは松茸の香りで満々でした。御飯が炊き上がり、羽釜の蓋を取るときみんな一斉に「うわーっ」とのぞき込みました。秋ですね。

author:Muu, category:, 23:54
comments(0), -, - -
猛暑を乗り越えた杜鵑に感謝

今年の夏の日照りは例年になく猛烈でした。杜鵑たちも葉が焼け、茎も上部から枯れて瀕死に近い状態でしたが、秋になりそれぞれの花を付けてくれました。杜鵑達に感謝を込めて花入れに。痛々しい葉達もそのまま時の景色になってほしいです。

杜鵑2DSCN8183

花:ホトトギス、霜柱

花入:総織部筒花入

薄板:真塗蛤端

 

杜鵑1DSCN8159

花:キイジョウロホトトギス、吾亦紅

花入:和歌賛京焼弦付花入(大田垣連月)

薄板:真塗蛤端

 

DSCN8164

花:ホトトギス(白露、藤娘)、秋明菊

花入:備前瓢弦付

author:Muu, category:茶花, 13:24
comments(0), -, - -
ちょっと・・一覧表

一覧表の小ネタ2個です。

内部仕上表をARCHICAD23上で作成し、ファイル>相互運用性>分類とプロパティ>一覧表からプロパティ値をエクスポート でエクセルに出力します。

エクセル上で内部仕上の各項目を入力するのですが、先日こんな質問を受けました。エクセル上で表示が合わないのですが大丈夫ですか?最初何を言っているかわかりませんでしたが、以下の図のように、もともとARCHICAD上で入力されていた文字とエクセルで新たに入力した文字の表示が違うという事でした。文字の表示は気にしなくて大丈夫。ARCHICADにインポートして表示すると下図右のように同じになります。エクセルではフォントもフォントサイズも違いますが、問題は表示形式ではなくテキストの中身です。

内部仕上げ表10内部仕上げ表11

エクセルで入力を終えて、ARCHICADにインポートしようとして無反応になることがあります。

何か間違ったこと、やってはイケないことをした時、例えば、ゾーン名やユニークIDを変更してしまったような時はアラートが出ますが、そうではなくて無反応というかコマンドが無視されるときは、だいたい・・・変更した差分のボリュームが多くてARCHICADが困ってしまう場合のようです。

下図は、380行、39列のエクセルです。一度に変更してインポートしようとすると、無反応になりました。不思議なことに、このとき、別のコマンドの実行は可能です。インポートだけができません。一度にだめなら、2度、3度に分割してインポートしてあげます。下図は列で2分割した例ですが、行で分割しても同じです。好みで分割します。エクセル上での編集はまとめて一括で行った方が早いですから、この一括修正分のエクセルを別名保存しておきます。

内部仕上げ表12

もう一度、エクスポートしたエクセルに戻って、半分だけ編集上書きし、残りの半分は未編集の状態でARCHICADにインポートします。(これでも無反応の時は、3,4分割に方針を変えます。)インポートチェックとレポートは200行しか表示されませんが、インポートチェックのダイアログが表示されれば、インポート可能です。NGの時は、うんともすんとも・・・何も出ません。

 

内部仕上げ表13

ARCHICADから再度エクスポートし、残り右半分の編集(全体エクセルからコピーペーストの上書き)をしてARCHICADにインポートします。大体この分割方式でうまく行きます。上は、そのイメージ(縦半分方式)です。

author:Muu, category:ARCHICAD, 22:59
comments(0), -, - -
茗荷の甘酢漬

今年は、畑の茗荷が豊作です。もうそろそろ終わりかしら?と思っていると、また見つけるを繰り返して今日も沢山とれました。

甘酢漬けにしてみましょう。

予め、甘酢を作っておきます。

我が家の分量は、甘さ控えめです。

京酢 150ml

三温糖 大匙3

塩 小匙1/2 を合わせておきます。

 

洗った茗荷を縦に二つに切ります。

DSCN8142DSCN8144

沸騰したお湯に、茗荷を入れて8秒茹で、すぐ網にあけて水を切り、ペーパーナプキンの上で熱いうちに水分を取ります。

熱いうちに、合わせ酢に漬けてできれば一晩おきます。

DSCN8145DSCN8150

右の画像は、漬けて2時間くらいたったもの。もう食べられます。きれいな自然色ですね。

author:Muu, category:, 00:23
comments(0), -, - -
日向水木の花見つけ!

秋の茶花達があっちこっちに咲く畑で日向水木の枝先に花を見つけました。

日向水木の開花期は、例年早春で、葉が出る前に花を見せてくれます。そして今の時期は、照葉を花材に使います。しかし、今年は葉の間に花芽が付き、先端の花が開き始めました。なんでしょう?日向水木の感じる季節が狂ってしまったのでしょうか?

IMG_0579IMG_0562

いくつかのホトトギスも少しずつ花に個性を見せています。六つの花弁の内、三弁ずつ交互に形が違う様子がよくわかりますね。地味ですが大好きな花です。

IMG_0561IMG_0557

IMG_0564IMG_0566

author:Muu, category:茶花, 20:41
comments(0), -, - -
雨にも負けず、秋の収穫

今日の最高気温は12-13℃、そして、ずっと雨でした。明日は知り合いが家に来るので、マイ・ファームのお野菜を食べてもらいたいと、雨にも負けず、畑の野菜たちの収穫に向かいました。

ずっと、雨具を着ての作業ですが、秋らしい野菜が採れました。今年は驚くほど茗荷の時期が長いです。

IMG_0572

落花生も二株掘り上げてみました。食用菊「もってのほか」もたくさん採れました。寒いけど秋ですね。

IMG_0583IMG_0569

author:Muu, category:我孫子, 20:21
comments(0), -, - -
庭の秋

初秋から秋に変わっている様子の花達を集めてみました。

自分では忘れていた小さな鉢の子も花を付けるを見ると、「ああ・・・ここにいたのね?」と声を掛けます。

DSCN8107DSCN8110

DSCN8112DSCN8113

DSCN8119DSCN8123

DSCN8127DSCN8130

DSCN8134DSCN8138

今年の夏は日照り続きで、杜鵑や天人草の葉はどれも痛みがあり、痛々しいのですが、花は元気に咲いています。

author:Muu, category:, 13:24
comments(0), -, - -
基礎梁の寸法

ARCHICAD23で梁の水平断面にも塗りつぶしが可能になりました。これでやっとピット階のRC梁を梁オブジェクトで作成可能になったと思っていました。それまでのバージョンでは塗りつぶしができず、つながっている柱や壁は塗りつぶし表示され、梁はできませんでしたから、梁なのに壁オブジェクトで作るか、梁オブジェクトで作って塗りつぶしをアナログで加筆するかどちらかでした。

 

さて、AC23を使っているのに、会社の仲間はピット階の基礎梁を梁ではなく、壁で作りたがります。STBから生成されたものは、当然梁になっています。「壁に替えていいですか?」と聞かれます。「えっ!なんで??」

理由が分かりました。それは、寸法を正確に入れたい位置に一発で入力できるかどうかの問題でした。

壁だと、下図のように壁を選択した状態で任意の位置に寸法を入力できます。

基礎梁寸法1基礎梁寸法2

しかし、梁はどうでしょう?梁オブジェクトを選択できるのは、上図右のように梁の端部だけなのです。

梁を梁として認識して寸法を配置するには、端部でポイントして移動する方法しかありません。

基礎梁寸法3

詳細図で種々の書き込みをよけて寸法を配置するには、一発で行かず、操作性がよくないことが分かりました。梁の途中でピック出来ないのです。補助線を引く、ホットスポットを置くなどの方法もありますが、壁の一発寸法に比べれば作業性は落ちます。

 

では、ARCHICAD24で何か改善されているでしょうか?ざっと確認してみましたが、寸法を入れる方法として23と変わらず端部にポイントするしかありませんでした。オブジェクト指向の観点からすると、「梁」は当然「梁」で入力でしょう!しかしながら、現時点、出図作業の要素を無視することはできませんし、トータル作業時間の中で占める出図作業(特に詳細図までモデル内作図をする場合)の時間はかなりの割合です。「梁」と「壁」似て非なるもの・・・さてどうしますか?

author:Muu, category:ARCHICAD, 22:26
comments(0), -, - -
ピンクの桔梗

仕事が佳境にはいると、帰宅しても茶花を入れる気持ちの余裕がありません。

先週、薄いピンクの矮性の桔梗の鉢を求めました。優しい色で、花入れに入れたいと毎朝出勤時に眺めていました。やっと週末になり、掛花入に。

DSCN8105

花:桔梗(ピンク)、杜鵑(富士の虹)、銀水引

花入れ:瓢弦つき古備前

author:Muu, category:茶花, 10:24
comments(0), -, - -