RSS | ATOM | SEARCH
TWINMOTION 体験セミナー

ARCHICAD や REVIT などとダイレクトリンクして動作するCGアプリの TWINMOTION が今は、無償でダウンロードできます。

twinmotion2twinmotion3

9月のARCHICAD 23  の発表会 でこのTWINMOTION 画面を紹介され、気になっていました。

twinmotionを販売する株式会社 アルファコックスの主催で実際にPCを使った2時間の体験セミナー(有償、毎回10名限定)が開催されています。今日、行ってきました。

添景の追加、動く車や人物、四季、時間、天候の設定や追加がリアルタイムで操作も簡単です。

例えば、天気を晴れ⇒曇り⇒雨 に変更したとき、季節を冬に変えると、雨は雪になるといった・・・とても分かりやすいシーン設定が可能です。

セミナー会場で準備されていたノートPCのスペックがきになります。

一番気になるグラフィックボードは、NVIDIA GeForece RTX2070 で、ゲーム用のボードでした。GPU は8GBです。

さて、私のノートPC(Quadro 4GB)でうまくうごくでしょうかね?

author:Muu, category:BIM, 00:55
comments(0), trackbacks(0), - -
せっかちなARCHICAD

ARCHICAD の文字系編集画面でよく遭遇します。特に、一覧表のヘッダー部分の文字を編集したいときなど、カーソルがすぐに移動して入力したい位置からずれてしまう。人によっては、メモ帳に事前入力した文字をコピーペーストしてしのぐなどの努力をしている場合もあります。

moji

ARCHICAD はせっかちで、すぐ画面を更新しようとして、このような現象になってしまいます。

それは、どこで設定されているのでしょうか?オプション⇒作業環境にあります。

moji2moji3

「ダイアログボックスの自動更新時間」の デフォルト値は1.5秒に設定されています。1.5秒のうちに入力動作を完了しないと、カーソル位置がもどってしまうわけです。そんなの無理ですよね。

1.5秒 ⇒ 20 秒くらいに変更してみましょう。これで、落ち着いて操作ができます。

author:Muu, category:BIM, 19:37
comments(0), trackbacks(0), - -
今年のクリスマスリース

面白いユーカリの実を見つけたので、今年はドライフラワーでまとめました。

DSCN6162DSCN6160

二つのドア・・・ほとんど同じ雰囲気になってしまいましたね。

DSCN6163

author:Muu, category:, 22:19
comments(0), trackbacks(0), - -
練馬の錦秋

クリスマスリースの素材を買うために、練馬の園芸店に行ってきました。都内で大きな空と空に広がる紅葉、黄葉を楽しめる場所は限られます。

ここは、私のお気に入りスポットです。

IMG_0106IMG_0107

IMG_0111IMG_0110

店先は、モミノキ、ポインセチアのクリスマス系にハボタン、千両などのお正月系とにぎやかでした。

author:Muu, category:, 13:04
comments(0), trackbacks(0), - -
リマールの帛紗

社中の方のお祝いに贈りたいと古帛紗の依頼を受けていました。

古いインド更紗はいかがと提案しながら、風邪をひいてしまって古裂をいろいろ出してみることができませんでした。

一番好きな裂はだいたいすぐに出てきます。すぐに出てくる箱の中にあったリマール裂で作成することにしました。

DSCN6157DSCN6152

モールの部分は、光にかざすとまだまだ何とか金を感じますが、枯れた状態です。

DSCN6153

しかし、これが新しい裂のキラキラでは使えません。時代が新しいほどモールの金糸は固くごつごつです。古いリマールの多くはほとんどこのようによく見ると金を感じる状態です。先染めの絹絣として有名なパトラの影響を強く受けたパレンバンのリマールはどちらかと言うと玄人好みの裂です。私がこのような裂に取りつかれ始めたころよく教えてもらったり、譲ってもらった広島のコレクターの方のサイトには、「世界で一番美しい裂」と書かれていたのを目にしたのを今でも忘れません。

author:Muu, category:帛紗, 01:58
comments(0), trackbacks(0), - -
2つの空色

今日の空はとても澄んでいました。

昨日右目の白内障の手術を受け、今日眼帯が取れました。おそるおそる開いて見る目に飛び込んで来た空の色は、想像を超える青でした。

blue2blue

同じ空を見たとき、左はまだ手術を受けていませんから、左の色。右目はこの右の色。同じ空の色です。

左右の目を手で塞いで、何度もそれぞれの目に飛び込む青を感じてみました。来週左目の手術が終われば、左右とも同じに見えるのでしょうね。

author:Muu, category:-, 21:42
comments(0), trackbacks(0), - -
ARCHI_小数点以下桁数

ゾーンの面積などを一覧表で集計する場合、デフォルトは下図左のように小数点以下2桁になっています。

これを増やすにはどうすればいいのでしょう?

その設定は、オプション⇒プロジェクト設定⇒計算単位 とたどります。作業単位ではなく、計算単位です。

小数点以下桁1小数点以下桁2

面積の桁数を変更します。0~4の選択です。追加精度をなしにすると、選んだ桁数表示に変更されます。

小数点以下桁3小数点以下桁4

5桁や6桁にするには?追加精度のオプションから選択します。「1」で5桁、「01」で6桁です。

小数点以下桁5小数点以下桁6

5桁目、6桁目は小文字上付きになります。5桁-6桁目が「ゼロ」の時は、表示されません。

author:Muu, category:BIM, 23:30
comments(0), trackbacks(0), - -
あれつ?オプションセット

ARCHICAD のプロパティ値のデータタイプを「文字列」にしていて、入力する文字がほぼ決まっている場合、オプションセットから選択する手法を取ると楽ですよね。複数人で作業するとき、一文字だけ半角と全角が違っているとか、「、」と「・」が違っているとかの差が発生するリスクも防げます。

ただ、途中まで「文字列」で入力していた「値」はリセットされてしまいますから注意が必要です。

防火扉のオプションセットを作ってみます。「オプションセット」は選択画面一番下にあります。選択肢の文字列を必要分追加してゆきます。

オプションセット1オプションセット2

このとき、「未選択」を選択肢のデフォルトに残しておくと、入力していないフラッグになります。また、あまり長い文字列にしてしまうと、選択時に全部表示されないので、なるべく短くまとめます。

「OK」で進んで、ドアの設定を確認してみましょう。文字列⇒オプションセットに変更されたでしょうか?

あれっ??オプションセットが出て来ません。

オプションセット4

文字列の時の設定残像が残っています。左端のアイコンが「みそ」です。「カスタム」⇒「デフォルト(値)」に変更する必要がありました。これで、オプションセットに変更できました。

オプションセット5オプションセット6

 

author:Muu, category:BIM, 23:44
comments(0), trackbacks(0), - -
うちの果実

我孫子のイチジクを収穫してきました。今年植えた苗木ですから、本当は今年は実を付けてはいけなかったようです。

晩秋の実りは、夏ほどジューシーで甘くないようで、それでもせっかっく実ったので、ジャムにでもしてみようかと思います。

DSCN6147

今日、ベランダで水やりをしていたら、重さでたわんでいたレモンの枝を折ってしまいました。

DSCN6150

大実レモンという品種で、直径12cmあります。

これも、ジャムでしょうかね?しかし、自分で育てた果実の実りは、いとおしいものです。

author:Muu, category:, 19:50
comments(1), trackbacks(0), - -
REVIT⇒ARCHICAD(2)

REVIT2019 で作成されたプロジェクト・モデル全体をIFC(2x3)ファイルに変換し、ARCHICAD22 に取り込みました。

オープン時のARCHICADのアラートでは1110個の要素が収束しないため、欠落のおそれがあると出ました。

取り込んで3D上何も手を入れない状態で、平・立・断面図 をREVITのシート に合わせてレイアウトして出してみると、それなりにほぼ完ぺきと思えるほど再現されます。

さて、このモデルをARCHICAD の標準モデルに修正しなければなりません。

取り込んだ要素はどうなっているのでしょう?

REVIT での作成方法に依存する部分もありますが、何かの参考になればと・・・例題として気が付いたことをメモしてみます。


1) 当然のことですが、REVITの2Dオブジェクトは欠落します。

2) xyz方向の座標は、REVITの状態で渡ります。ただ、階の設定については、REVIT上でADSなどのアドオンを使った場合、ADSで付加した高さ情報が優先され、正確にわたらないことがあります。

3) REVITのシート情報は、渡りませんのでARCHICAD上でレイアウトしなおします。

4) 梁、柱、スラブ、基礎、壁(複合壁を含む)の一部は、ARCHICADのそれぞれの要素(柱は柱、梁は梁)に変換され、それぞれIFCで定義したレイヤーに含まれます。

しかし、ARCHICAD分類-22 の項目はかなり適当に変換されます。

5) 高さ方向の壁や柱は、REVITでは配置階からのオフセット+上階からのオフセットと上下階からの寸法で定義されていますが、ARCHICAD上では、配置階のみで高さは絶対寸法となってしまいます。

6) 4で変換されない要素は、すべて1個ずつオブジェクトが自動生成されます。結果として何千個ものオブジェクトが生成される場合があります。参考までに、今作業しているモデルでは5800のgsmに変換されていました。

勾配のあるスラブ、勾配のある梁、上部がフラットでない壁、ブレース、ARCHICADで断面形状となるインプレースファミリなどちゃんと要素変換されないと予測のつく要素がある一方、REVIT上まったく同じ定義の部材でも、一部が当該要素、一部がオブジェクトになるなど予測のつかない変換ケースが多々あります。

7) 窓、ドア、カーテンウォールについては、ARCHICADのそれぞれの要素にはならず、すべてがバラバラのオブジェクト+全体の開口要素オブジェクトになります。開口全体、枠、方立、1枚ごとの建具要素が分割された状態でそれぞれのオブジェクトになります。例えば、横4連窓の場合、開口全体+枠+方立3本+4枚のガラスと合計9個のオブジェクトの構成になる感じです。

8) 作成されるオブジェクトは、Beam n.gsm(梁)、Covering n.gsm(床仕上げ、天井など)、Door(wall) n.gsm、IFC単一ウィンドウ n.gsm、Model Element n.gsm、Opning n.gsm、Slab n.gsm、Window(wall) n.gsm、などです。

9) 壁や床の複合構造は、Revitで設定したマテリアルの複合構造のまま変換されます。

author:Muu, category:BIM, 22:48
comments(0), trackbacks(0), - -