RSS | ATOM | SEARCH
工事の進捗(3)

上棟が近づいてきました。今日は、1階部分の主要構造が立上り、足場の架設中でした。

170517_1170517_2

玄関先は、大きな相持ちの片持梁、梁背が400のLVL集成材です。居間の吹き抜けの露出梁と集成材の重ね方向が違います。梁幅方向に積層したLVLのほうが大きな曲げに有効なのですね。

奥では、長いSUSの道具を使って筋交いのゆがみを調整していました。木造の現場って、知らないことだらけです。

author:Muu, category:建築, 19:13
comments(0), trackbacks(0), - -
工事の進捗(2)

雨の中、現場に行ってみました。

170513_3

基礎工事が終わって、土台シートに包まれて出番を待っていました。玄関部分のみ鋼製型枠が残っていますが、基礎はすでにそれぞれの部屋をイメージするに十分です。

驚いたことに、現場は整理されとてもきれいです。現場監督さんの性格が想像できます。最後の画像青のボルトは柱脚部のホールダウン金物固定用、その横は土台の木材を固定するアンカーボルトです。

author:Muu, category:建築, 18:31
comments(0), trackbacks(0), - -
本当に久しぶり

この1週間は毎晩終電近くで、体内にガスが満タン、プシューと大きな音を立てて吐き出したいものです。

こんなときは畑が一番。

オーニソガラム、二人静

オーニソガラムfutarisizuka

西洋オダマキ、クリスマスローズ

西洋オダマキIMG_1148

高菜、鳴子百合

takanaIMG_1131

今日はジャガイモの芽つみ(1個の種芋から多数出た芽を3本だけ残して摘んでしまいます)と、落花生(32粒)の種播きをしました。

本当に久しぶりという事は、草たちが大騒ぎしているのです。いい季節ですものね。

author:Muu, category:我孫子, 01:14
comments(0), trackbacks(0), - -
工事の進捗(1)

20170422

地盤の補強が終り、やりかた、根切

170429sincyoku1

20170429

基礎スラブのコン打ち終了、梁の鋼製型枠、一部配筋済み

170429sincyoku2

地盤に傾斜があるので、1FLはGL+500です。実際に、基礎梁の型枠を見ると、今までの家よりかなり高い感じです。

author:Muu, category:建築, 23:24
comments(0), trackbacks(0), - -
チームワークから退出

本当はプレミアム・フライデーです。会社で推奨してるものの、それを取る人はいません。

GW前日とあってバタバタ、様々な仕事が舞い込んで来ます。

作業所も何とか頑張って、休みに入りたいとお願い電話が何度もはいります。

ArchiCAD20 で建具表をレイアウトして作業所に納めたPJ、建具の数が何千なのでソースビューはとても縦長です。

同じ画面を見ながら教えてくださいと電話の向こうで・・・「ちょっと待ってください開きますから」とサーバ内の当該PJのファイルを開こうとしますが、どうやら最後に保存をかけず、「チームワークから退出」もしていない。全てを確保したまま、本人はお休みで開けないのです。

 

電話の内容は、レイアウトをエクセルにしたいというものでした。

その様子から、何枚もある建具表のレイアウト画面を見ながら悩んでいるようです。「建具表の上で建具表を選択できますか」

「ハイ、緑になりました」

「それでは右クリックして、ソースビューを開くがあったら、それをクリックしてください」

「別の画面になりました」

「建具表の元ですよね?」

「はいそうです」

「では、ファイル⇒名前をつけて保存で、xlsxを選んでください」

結局、当該ファイルは開かないですみましたが、最近このようなマナー違反によくであいます。

自分が不在の時に何が起きるか解らない、いつもそれを感じていてほしいものです。

author:Muu, category:BIM, 23:39
comments(0), trackbacks(0), - -
奈良散歩

古きもの

南都銀行の外、エンタシスの柱に刻まれた動物は羊でした。

170422nantobank2170422nantobank3

170422nantobank1170422narastation

JR奈良駅は新しいビルの中、横に旧駅舎の一部(主棟)がインフォメーションセンターとして存在していました。

170422nandaimon2170422nandaimon

世界遺産東大寺南大門を見上げます。多くの遺構が修復され美しくなっていますが、歴史の風雪に耐えて来たこれもあり。

左右にある国宝金剛力士像(阿吽)、左の画像は右側の阿行像、快慶作と伝わっていますが、あくまで「伝」です。高さは8.4M、檜の寄木で鎌倉時代の作です。奈良に来た実感をもらいました。

 

author:Muu, category:建築, 10:31
comments(0), trackbacks(0), - -
奈良

大阪出張の翌日です。

昨夜は、1時頃までBIM仲間とおしゃべりしていたので、少々二日酔い(汗)

泊まったのがなんば大国町だったので、近くの木津市場を朝のぞきました。このまま東京に戻るならば買いたいと思う魚介類がいっぱいありましたが、鰹節だけ買って、なんばから近鉄奈良に向いました。

平城京の復元現場が車窓から見えて、いよいよ奈良だわと。以前いつ奈良に来たのか思い出そうとしても思い出せません。

最初は、小学校6年のとき家族で来ました。その後も正倉院展に来りしているのですが、記憶は定かでありません。何となく記憶の中にある奈良と違っています。行き交う人の音はインターナショナル、それも多言語です。

170422nara1170422nara2

170422nara4170422nara3

国際フォーラムの建物近くにまだ咲いている桜があるというので言ってみました。

170422nara5

ランチは、古民家を再建して作られた町屋風の建物の中のフレンチプレートです。

この後、奈良国立博物館で開催されている快慶展を見たいと思っていましたが、入り口前は長蛇の列、そのまま並ぶと今日中に東京に戻れそうにないのであきらめました。

 

author:Muu, category:, 23:48
comments(0), trackbacks(0), - -
地鎮祭

やっと、地鎮祭の運びとなりました。

工務店の関係者、友人や従姉など10名が参加して、玉串を神様にささげました。無事、工事が進行しますように。

170416jichinsai1170416jichinsai2

敷地には地縄が張られ、建物と敷地の関係をあらためて確認しました。地縄の間には、地盤改良の杭芯位置がおさえられています。全部で80本前後、表層の地盤がやや弱いので仕方がないですね。

いよいよ明日から、工事開始です。

author:Muu, category:建築, 21:34
comments(0), trackbacks(0), - -
哲学堂桜アンパン

仮住まいの近所にロイスダールのお店があります。

先日、TVのアドまちで紹介された同店の「哲学堂桜あんぱん」を紹介してみます。

anpan1anpan2

上に塩漬けの桜の葉、アンは桜色の白餡に桜の葉が刻み込まれています。

1個¥160(税別)です。お店に行くと、パンを買う人の半分以上がトレイにこれを乗せています。今だけですから。

author:Muu, category:, 10:53
comments(1), trackbacks(0), - -
近所のさくら

週末はあいにくのお天気ですね。桜にはかわいそうです。

今住んでいる仮住まいの場所は、桜の名所に囲まれています。毎朝の通勤も桜のトンネルの中、今年だけの贅沢を楽しんでいます。

170408sakura3170408sakura1

170408sakura2170408sakura4

author:Muu, category:, 20:40
comments(1), trackbacks(0), - -