RSS | ATOM | SEARCH
初畑仕事

昨日は岡山の吉備津神社へ初詣でしたが、今日は地元の神社へ家族で歩いて行きました。ここでは行列はゼロです。

samukawa-ssamukawa-sea

帰り道、瀬戸の青い海にふと昔を思い出します。

さて、待っているのは母の畑です。たまねぎの苗が200本、エンドウが6苗準備してありました。これを植えつけます。ただ植えるだけではなく、畑作りからスタートです。結局、日が暮れる頃に終了しました。

たまねぎをいっぱい収穫したいわけではなく、畑を荒らさないでKEEPしていたいという母の願いのようです。

私達が畑をやっている間、母もうずうずと出てきて松の枝を剪定していました。したいことをしたい時間にやらせてあげたいと思うばかりです。

author:Muu, category:kazoku, 21:28
comments(0), trackbacks(0), - -
松飾り

今日から会社はお休みです。

菩提寺に家族で墓参後、最終便で四国に向かいます。

新居に高齢の母をよんで新年を迎えたいとずっと願っていましたが、無理のようです。

エイジングのスピードは、予測不可能で、残酷な現実を受け止めるしかありません。

toshikoshi

 

 

author:Muu, category:kazoku, 15:42
comments(0), trackbacks(0), - -
フィードサック

小さい頃から身近にパッチワークを感じていた娘、ことさらフィードサック裂が好きです。

フィードサックって何?でしょう。

アメリカで家畜用飼料を入れるために1880年代に考案された布製の袋です、それ以前には箱が用いられていました。 当初は無地の布袋でしたが、1930年頃販売促進のたきれいな、楽しい、面白い・・・模様をプリントした布袋に飼料や小麦粉を入れて売り始めました。 柄や色が素朴で、糸味もざっくりしたものです。

娘のベッドカバーを以前につくりかけていました。追加して完成してみよう〜とまたちくちく始めました。

フィードサックの楽しさも再確認しながらのことです。

patch1patch2

三角形のピースは全て、ビンテージのフィードサックです。

さすがにクッションとはサイズが違います。ちょっと完成してみよう〜の軽い気持ちでは続きません。今回はあきらめないで何とかしたいものです。

author:Muu, category:kazoku, 22:15
comments(0), trackbacks(0), - -
夢有

「夢有」はムーと読み、Muuでもあります。

20年前の春、四谷の本塩町エーデルホーフビルの柳先生のところから我が家にやってきた愛猫です。

今朝、家族に見守られて大往生のときをむかえました。昨日獣医さんから、宣告に近い言葉がありましたので、覚悟はしていたと思いましたが、そのときになると別でした。

今までよくがんばったね。人間の年に換算するとおばあちゃんのおばあちゃんです。いつも、脇ではなく、ほぼ家族の中心に居たような、自分は猫だと思っていないで、同じ人間の家族だといった振る舞いが常でした。

何か音がすると、戻ってきたのではないかと錯覚する瞬間があります。

「夢有」合掌。

 

author:Muu, category:kazoku, 22:33
comments(0), trackbacks(0), - -
バースデイプレゼント

先日四国に行った時、母のお誕生会をしました。私のプレゼントは残念ながら間に合いませんでした。

母が毎日、父のお墓に行くときに持つパッチワークの小袋がもうボロボロになっています。何年か前に妹から、新しいのを作って欲しいと頼まれていました。今回も母は以前に私が作ったボロボロのパッチワーク袋をビニール袋に入れての墓参でした。

これは、何とかしなければ・・・

IMG_0942

パッチワークは久しぶりのことです。昔の友人しか私がパッチワークをしていたことを知りません。

大きい方がメインのさげ袋、小さいのがお線香を入れる袋です。引越し後、殆どの物がダンボールに入ったままですから、パッチワーク用のDual Duty の糸も何巻きもあったはずですが、出てきません。仕覆用の道具だけは、すぐに出るようにしておきましたので、絹の手縫い糸で地縫いもキルトも済ませてしまいました。

先日作ったマーマレードと一緒に明日送ります。喜んでくれるといいのですが・・・

author:Muu, category:kazoku, 23:45
comments(1), trackbacks(0), - -
四国

家の建替えや私自身の怪我、仕事・・・様々な・・・10ヶ月ぶりに実家に帰りました。

出迎えてくれる瀬戸の海は変りませんが、89歳になる母は、昨年3月に又来るからね〜と別れたときと、随分変っていました。老いは残酷ですね。私をいつも面倒を見てくれる妹の名前で呼びます。仕方がないのですね。かつて義父もそうでした、

20170216shikoku

あれだけ一生懸命で立派な野菜を育てていた一昔、今は例えば植えつけた里芋は追肥をやらないせいでしょうか?あまり育たず、そして掘り出さない状態で放置されていました。大根も間引きをしていないので、細い大根が林立状態でした。ハサミや鎌が畑のアチコチにおきっぱなしで、それを母が自分で見つけたときは、一瞬自分の老いを実感するのでしょうか、何度も何度もその事実を話します。

それでも、普通に食事をして、ゆっくりではあっても自分の足で歩けます。10ヶ月帰省しなかったことを反省し、これからはもう少し頻繁に帰省して、、語りかけるだけでもしたいと思いながら東京に戻ってきました。今度のお正月は、東京の新しい家でみんなで迎えようね!と言うとうれしそうな反応でした。

author:Muu, category:kazoku, 20:49
comments(0), trackbacks(0), - -
ゆず湯

今年の我孫子の柚子は少ししか収穫できませんでした。小さいものは直径3cmほどの可愛らしいものです。

今日は、冬至です。

「南瓜を煮て、ゆず湯をはったので暖まりに来ませんか」と娘にメールをすると、「21時頃行きます」の返事が届きました。

大小さまざまの自家ゆず・・・それぞれお風呂で楽しみました。こういう日は家族で少しの時間を持ちたいものですね。

author:Muu, category:kazoku, 23:55
comments(0), trackbacks(0), - -
MX4D体験

ずっと見たいと思っていたMX4Dの映画を家族で体験して来ました。

台風の中、会社が終わってから新宿東宝シネマで「シン・ゴジラ」の上映です。

20160822

座席が動くため、座席前の床に持ち物を置くことは禁じられていました。

4Dって?・・・座席が動く揺れる、座席の背面から何かこつんとたたかれる(ちょうどあんま器具の感じ)、ミストが頭上に降りかかる(実際にぬれます)、匂いが出る、、、こんな効果がプラスになっていました。

最初は何がどうなるのかしらと真剣でしたが、映画が進行する内に、段々手の内が事前にわかるようになります。この辺りでミスト?この辺りで揺れる?といった感じです。2時間たっぷり楽しみました。

author:Muu, category:kazoku, 23:09
comments(0), trackbacks(0), - -
飯田橋
午後からハウスメーカーの打合せがあり、家族3人で飯田橋に出かけました。久しぶりの飯田橋・・・変っているようで、変っていない。
私がマンガで描いた平面図が、それなりの図面になり、配置図や立面図もできていました。
こうやって、頼むと超楽なんだろうな〜そんな印象です。
外壁や玄関ドア、内部建具、キッチン、浴室、洗面所、収納、バルコニー、それぞれ様々なバリエーションでサンプルが展示され、収納や壁が動いて設計空間の体験ができるようにもなっていました。
20151011iidabashi620151011iidabashi5
20151011iidabashi420151011iidabashi3
お昼は抜いて、帰りに志満金でうなぎを食べようと、3人の意見が一致、打合せが3時間を越す頃からお腹の虫が3人3様に騒ぎ始めていました。
20151011iidabashi220151011iidabashi1
車はハウスメーカーの駐車場に置いたままで、神楽坂まで歩きました。出てきたうなぎに満足しながら3人無言でした。志満金では、最後にお干菓子とお薄が出てきます。・・・ご馳走様でした。
ハウスメーカーの打合せがメインなのか、うなぎがメインなのかよくわからない飯田橋の一日でした。
author:Muu, category:kazoku, 00:08
comments(0), trackbacks(0), - -
母の日
母の日は、赤いカーネーション?
でも、私は赤いカーネーションよりワイルドな花が好きと・・・毎年、娘から様々な小さな花のプレゼントをもらいます。
今年は、何でしょう?紅花と小菊でした。そして、手作りのリボンワッペンが添えられていました。
20150510mothersday120150510mothersday2
夕方、眼鏡を新しくしようと思って娘と一緒に眼鏡屋さんに行きました。これ母の日の分と眼鏡代の一部を娘が出してくれました。
新しい眼鏡ができあがると、いつも目の前に娘がいる感じになりますね。
それぞれの家のそれぞれの母の日があると思いますが、母の日はあらためて子供の生長を感じる嬉しい日ですね。
author:Muu, category:kazoku, 00:03
comments(0), trackbacks(0), - -