RSS | ATOM | SEARCH
自宅の山野草

狭くて日当たりの悪い自宅の庭では、花を育てることが自由ではありません。

それでも、我孫子の畑に行く前の子達や、もう根付いてしまった子は、庭で花を咲かせてくれます。

DSCN7647DSCN7650

DSCN7662DSCN7665

DSCN7655DSCN7658

どれも茶花に使えそうですね。

author:Muu, category:, 18:49
comments(0), -, - -
猫よけその後

先日設置した小さなネットの猫除けは、数日後・・・ネットの周辺を掘り返されることになり効果がありませんでした。

意を決してホームセンターで金網を3M買ってきました。まだネットのかかっていない苔があります。これでダメなら全面施工となります。

koke

ちょっと格好の悪い苔庭ですね。猫ちゃんがあきらめてくれる日を待つばかりです。

author:Muu, category:, 22:05
comments(0), -, - -
猫よけ

小さな庭も緑緑して来ました。

しばらく前から苔の一部をご近所の猫がほじくり返していました。大体毎晩のことです。

苔を張りなおしても、また同じ場所がほじくり返されます。主人はネコよけの薬剤をまくといいますが、薬剤はちょっと敬遠したいものです。有刺鉄線のようなものを置くのもちょっと。

DSCN7458DSCN7457

昨夜思いついて、種イモが入っていたネットをはり、四隅を固定してみました。左上のネットが足りない部分だけひっくり返してありました。ネットをもう少し大きいものに取り換えれば大丈夫のようです。少し大きめの洗濯ネットもいいかもしれない。

しかし、猫ちゃん昨夜は驚いたでしょうね。。。。ごめんなさい。

author:Muu, category:, 08:38
comments(0), -, - -
ナメクジ退治

しばらく前のNHKの趣味の園芸で、バナナの皮がナメクジを寄せ付けるので、置いておくと退治しやすいと話していました。

それを何度か実践して、バナナも何種類かかえてみましたが、一向に我が家のナメクジは寄り付きません。

ナメクジホイホイとかないかしら?と思っていましたら、園芸店で見つけました。早速試してみます。

DSCN7438DSCN7455

効果はどうでしょう?また、報告致します。

author:Muu, category:, 21:05
comments(0), -, - -
今日の庭

在宅ワークは、ある意味サイレント環境で時々息が詰まりそうになります。

そんな時は、庭に出て気分転換します。少しずつ季節の変化を見せてくれる気配に癒されます。

放置しておくとあっちこっちに種が飛び拡散するヒメヒオウギ水仙、今年も思わぬ場所で花を見せていました。

DSCN7420DSCN7427

日陰でも小さな青紫の花を咲かせてくれる青花みつば(馬の三つ葉)もこっそり咲き続けています。山紫陽花も咲き始めました。

DSCN7415DSCN7426

バラは盛りを過ぎ、それでも一杯咲き続けていますが、大敵の青虫が葉の裏に・・・葉があっという間にレースになります。

庭に降りるときは、ティッシュとピンセットを忘れないように。破れ傘も気が付いたらレースの傘になっていました。

DSCN7432DSCN7436

 

author:Muu, category:, 12:47
comments(0), -, - -
ベランダの白い花

GW16連休最後の日となりました。

出かけたのは3回です。皆さんはいかがお過ごしですか?

時間はあっても、何だか落ち着いてそのたっぷりの時間を使えなかった気がします。

さて、今日はベランダの一部を紹介します。

以前にこのベランダの作りについてご質問を頂いたことがあります。

簡単に説明しますと、コーナーは外壁のガルバリウム鋼板で、透かし部分は、杉磨き丸太ペンキ塗+PC鋼線です。

DSCN7331

左手前は、サラダ用の水菜の種を取ろうとしている鉢、その奥はフェンネルです。

白い花を集めてみました。

DSCN7332DSCN7336

DSCN7346DSCN7339

ベランダは我が家で唯一日当たりが確保できる場所ですが、もうこれ以上鉢を増やしてはいけないと家族から警告を受けています。

author:Muu, category:, 11:49
comments(0), -, - -
5月になって

アヤメと立浪草の紫。

DSCN7260DSCN7263

畑でお日様を一杯あびて咲く立浪草は家の庭のものより花穂が長くてのびのびしています。

DSCN7266DSCN7272

一気にフェンスのナニワバラが咲きだし、丁子草も花を開き始めました。

DSCN7275

サラダ用の水菜も菜の花になって来ました。

author:Muu, category:, 00:21
comments(0), -, - -
最後の椿

一番長く咲き続けた白侘助も最後の2輪になりました。金魚葉椿ももうこれで最後で、椿の季節が終わろうとしています。

長い間ご苦労様でしたね。

DSCN7213DSCN7216

DSCN7220DSCN7218

二人静だけど、3本?

DSCN7210DSCN7222

ピンクの次は紫の立浪草が花を開き始めました。次は白の番でしょう。

author:Muu, category:, 11:04
comments(0), -, - -
在宅ワーク

週4日、残業無から週4日在宅+1日出勤に変更になりました。

やっぱり、普段見られない昼間の庭が気になります。今頃は次次に変化しますから、本当は楽しみなのですね。

 

立浪草は、何種類かありますが、ピンク系が最初に咲き始めます。これは、もともと1種だったのが、白花と交配して薄桃が生まれたような気がしています。とにかく種を飛ばし、いろんな所に発芽して増えます。増えすぎると思って粗末に扱うとすっかり消えてしまう気まぐれな草です。紫と白は今まだ蕾で、もうすぐ咲きそうです。花色の違う種をそばに植えておくと、きまって白ばかりになってしまいます。育てるときは、必ず離して植えましょう。そんなわけで我が家の立浪草もあっちこっちに鉢があります。

DSCN7152DSCN7149

苔の中にも草がちらほら出てきました。ピンセットで草引きをしますが、なかなか追いつきません。二人静が静かに花をのぞかせています。

DSCN7142DSCN7146

DSCN7173DSCN7158

忘れていた宿根草が芽を出し、花をつけてくれると嬉しいですね・・・「忘れていてごめんなさい」と声を掛けます。

DSCN7170DSCN7169

 

author:Muu, category:, 12:36
comments(0), -, - -
ふたつの山吹

うちの庭にはふたつの山吹が咲き始めました。毎年この花を見て、わが庭の春を再認識するような気がします。

白山吹(バラ科、シロヤマブキ属)と山吹草(ケシ科、クサノウオ属)

白山吹は、倉敷に住む昔のCAD仲間が実生を送ってくれたもの、大きくなりましたよ〜

DSCN7084DSCN7089

土佐水木は花弁を落とした後、ちょっとおもしろい実ができています。地面近くでは紫のキラン草がいつの間にか咲き始めています。これは、日陰でも十分育つので、日当たりの悪い場所の下草としてありがたい草です。

DSCN7098DSCN7104

フェンスにかけた鉢からは、私もいますよ〜と声が聞こえるようです。

DSCN7105DSCN7112

毎年植えっぱなしのシクラメンは、今頃満開になります。このシクラメンはもう10年以上前のお茶会のくじ引きでもらったものです。目立たぬほど少しずつ少しずつ毎年株を大きくして、やっとこのサイズになりました。年末に花やさんの店頭に並ぶ豪華なシクラメンと少しちがった感じですね。

author:Muu, category:, 11:17
comments(0), -, - -