RSS | ATOM | SEARCH
茶花の水あげ

毎年、お茶の先生が指導している学校(2校)の学園祭がこの時期やって来ます。そのために我孫子の畑から茶花をバケツ3~4杯分届けます。

今年は、夏の猛暑や秋になっても暑い日が続き、台風の影響もあっていつもと茶花の様子が少し違います。

それでも、水引き(赤、白)、藤袴(赤、白)、秋海棠、雄花、吾亦紅、笹竜胆、萩、コスモス、秋明菊、浜菊 etc なんとか届けられました。

藤袴や秋明菊は、水揚げが意外と難しいものです。畑にカセットコンロを持って行って、切ったらすぐ茎の切り口を焼きます。焼いたらできるだけ多い水につけて水揚げをします。これで何とか大丈夫です。

水引きや萩は、切ったらすぐジョウロで全体に水をたっぷり掛けます。

来年も忘れないように・・・ここにメモをしておきます。

author:Muu, category:, 23:57
comments(0), trackbacks(0), - -
仙人草が咲きだし

ずっと忙しくて、小さな庭なのに、何が咲き、何がどうなっているのか全く見ていませんでした。

今朝、仙人草がフェンスに咲きだしているのを発見、ちょっとだけ、見歩きました。

DSCN5332DSCN5331

夏も終わり、宋旦槿がまだ1輪 ひっそりと咲いています。日の丸槿と似ていますが、花芯の紅は宋旦の方が小さくて穏やかですね。

DSCN5336DSCN5339

残夏の槿とは対照的に、マルバノキに黄葉を見つけて、季節のバトンタッチを静かに感じました。

author:Muu, category:, 09:48
comments(0), trackbacks(0), - -
カラスビシャク

帰宅すると、奈良の生駒から縦長の箱(天地無用と張り紙)が届いていました。

内容:植物とあります。さて、何でしょう?

中から丁寧に梱包された「カラスビシャク」が出て来ました。

DSCN4483DSCN4485

カラスビシャク(烏柄杓)の名は、花(仏炎苞)を柄杓に見立て、人が使うには小さいのでカラスの名を付けたことに由来するそうです。

花言葉は「心落ち着けて」

春先に茶花の苗をお送りした方からのお礼でした。

明日植木鉢に植えて、庭の仲間に入れてあげましょう。地植えすると何だか増えそうですから・・・

author:Muu, category:, 02:34
comments(0), trackbacks(0), - -
虫ホイホイ

ホームセンターの園芸コーナーで、ちょっと気になる「バラの虫ホイホイ」なるものを見つけました。

バラの虫には、いつもいつも苦労します。試してうまく行くとよいのですが。

DSCN4478DSCN4479

昨今の日照不足、そろそろ「うどんこ病」が発生しそうな予感、うどんこ病はで初めてから薬剤を散布しても遅いので、今日はバラと宿根フロックス、ルドベキアにサプロール1000 倍希釈液を散布しました。

DSCN4482

梅雨明けが待たれますね。

author:Muu, category:, 00:29
comments(0), trackbacks(0), - -
山紫陽花

そろそろ山紫陽花も終わりに近くなりました。

今年は、何故か花を付けない鉢がほとんどでした。

白花の「白妙」、青紫花の「海峡」、青花の「伊予獅子手毬」、「甘茶」全滅でした。

花を付けた「七変化」も周囲の装飾花が裏を向き、「そろそろ終わりです」とサイン出しています。サインが出たら剪定です。

花の2,3節下でカットします。

DSCN4391DSCN4394

花柄の剪定をしていて、装飾花に5弁のものを見つけました。通常は4弁なのです。

来年はどうなるでしょう。

author:Muu, category:, 18:33
comments(0), trackbacks(0), - -
ベランダでは?

梅雨になり、ベランダの花達は元気でしょうか?

レモンの花がたくさん付きましたが、今年は2個だけ残しました。どちらの実も今5cmほどです。

DSCN4347DSCN4349

春先に青虫が大量発生して、丸坊主になっていたバラ2鉢もなんとか花を一杯付けています。油断すると、また葉っぱがなくなります。

DSCN4336DSCN4343

春に鉢をアップしたランタナは自分の居場所を拡大、メネシアは落とした種から発芽した子供たちでにぎやかいっぱいです。

DSCN4339DSCN4345

author:Muu, category:, 18:45
comments(0), trackbacks(0), - -
庭では?

そろそろ蚊の季節、庭に出るにも虫よけスプレー必須です。

家を建て替えて、もともと狭い庭の日照状況がまた変わりました。まだ、どこで何が大丈夫か手探りです。

一番日が当たりそうな所にバラの鉢を3つ置きました。ツルバラは既に花を終えていましたが、2種は花を付けてくれています。なんとか大丈夫そうです。「イントリーグ」は園芸店で求めた時は、もう少し紫がかっていて一目ぼれしたのですが、我が家では青みが消えてしまうのでしょうか?それでも咲いてくれた花に感激です。

DSCN4363DSCN4360

少し地味めな花。

DSCN4356DSCN4372

ドライフラワーにしたくて求めたベルガモットが花を付けていました。花色は買った時わかりませんでした。

DSCN4368DSCN4364

今、庭の花はなんとなくにぎやかです。

author:Muu, category:, 19:15
comments(0), trackbacks(0), - -
我孫子の花達

お野菜以外にも、畑の花は楽しみです。

自宅の狭い(ほぼ)シェードガーデンでは、花を育てるに限界があります。自宅と畑では空間と光の自由度が完全に異なります。

娘のリクエストで初めて植えたスイトピーは自由奔放に咲いていますし、毎年咲いてくれるアネモネも自由です。

DSCN3868DSCN3873

日陰では、茶花。白糸草はなかなか増えませんが、丁子草は反対に毎年株が大きくなっています。

DSCN3858DSCN3856

お隣から、フェンスを越えて浪速薔薇がこんにちわ。下には口紅シランが。

DSCN3849DSCN3854

野菜もいいですが、花もいいですね。

 

author:Muu, category:, 22:40
comments(0), trackbacks(0), - -
落果

ベランダの住人「大実レモン」は、昨秋1個の実を付けました。少しずつ大きくなって、年を越し、体重は470g、そして春をむかえていました。今日外出から帰ると、実は枝にサヨナラをして植木鉢の上にいました。

DSCN3713DSCN3714

ずっと、見守って来たので、今このレモンをどうしよう?と答えがすぐに見つかりません。やっぱり、レモンマーマレードでしょうか?しばらく、眺めてお疲れ様・・・ですかね。

author:Muu, category:, 23:53
comments(0), trackbacks(0), - -
春ですね〜

今日は、とても暖かでした。一昨日のあの寒さを思うと夢のようです。

家の周りの花たちも少しづつ春を主張し始めました。白山吹が塀の下でコッソリと花を見せています。ヤブレガサもヤブレガサらしい葉を広げています。

DSCN3688DSCN3689

日差しのあるところでは、待ってましたチューリップ。

DSCN3707DSCN3710

地味めのプリムラと矢車草、我が家では人気がありません。

DSCN3702DSCN3703

週末しか目にすることができませんが、1週間の変化ってすごいですね。

author:Muu, category:, 20:40
comments(0), trackbacks(0), - -