RSS | ATOM | SEARCH
近所のさくら

週末はあいにくのお天気ですね。桜にはかわいそうです。

今住んでいる仮住まいの場所は、桜の名所に囲まれています。毎朝の通勤も桜のトンネルの中、今年だけの贅沢を楽しんでいます。

170408sakura3170408sakura1

170408sakura2170408sakura4

author:Muu, category:, 20:40
comments(1), trackbacks(0), - -
足摺野地菊

春に茶道のお仲間の希望者に茶花の苗を送りました。

「咲きました〜」というメールは嬉しいものです。今日届いたのは、足摺野地菊。

「頂いた足摺菊が一斉に咲き始めました。

蕾はピンクなのに、花が開くと白いのですね。愛おしいです。」

20161129ashizuri

家の我孫子の畑でも一斉に咲きだしています。花の少なくなったこの時期に咲いてくれるのは嬉しいものですね。

author:Muu, category:, 08:54
comments(0), trackbacks(0), - -
彼岸花

2週間ぶりに我孫子の畑・・・旺盛だった夏野菜でまだ畑に残っているのが、ピーマン、茄子、シシトウ、ゴーヤです。

2週間開いても、驚くほど多くの収穫ではありませんでした。確実に夏から離れているのですね。

20160925abiko

彼岸花が見事です。赤花はもう終わりかけていて画像の残すのはかわいそうでした。

いつもは忘れているこの花、季節になるとスットのびて花を付け、また静かに畑の隅で時を過ごす花火のような花ですね。

 

菜花とホーレンソウの種をまきました。これからは、実物ではなく、葉物が中心になります。

author:Muu, category:, 19:54
comments(0), trackbacks(0), - -
ハス寺

大阪から来た友人を案内して、木島の小屋の近くにある稲泉寺へ行きました。

このお寺の周囲には10万株の大賀ハスが植えられているということです。もう、花の盛りは過ぎていましたが、2000年前の地層(千葉:検見川)の種から展開した大賀ハスのたくましい生命力の雰囲気だけでも味わえたでしょうか?ハス池には、オモダカの花がこっそり、いっぱい咲いていました。

20160816hasudera220160816hasudera4

20160816hasudera320160816hasudera1

 

20160816hasudera620160816hasudera5

山門脇は、女郎花や吾亦紅などが咲き、秋の気配いっぱいでした。

author:Muu, category:, 03:22
comments(0), trackbacks(0), - -
ノリウツギ

我が家の北西の庭で今年も咲き始めました。

20年以上前に小枝を頂いて挿木したものが2本根付いて、手間もかからずそのまま大きくなりました。季節が来ると白緑のさわやかな花を付けてくれます。

20160715noriutsugi220160715noriutsugi1

家の建替で、この子達をどうするか?とても悩みます。大きな金木犀は切ってもいい、でもこの子は残したい。

花を見て、つくづくそう思いました。

author:Muu, category:, 21:17
comments(0), trackbacks(0), - -
紫陽花

週末畑の紫陽花を切り詰めてきたばかりですが、まだ所々に咲いていますね。

今日は、打ち合わせがあって霞ヶ関ビルに行きました。打ち合わせが終わって、ビルの溜池側に出ると・・・あらっまだ咲いている。

20160706ajisai220160706ajisai1

少しピンクグレーがかった紫陽花に涼をもらいました。

author:Muu, category:, 19:12
comments(0), trackbacks(0), - -
母の日
今日は、「母の日」
娘からプレゼントの花束をもらいました。
20160508hahanohi
定番の艶やかなカーネーションが好みではないことを知っていて、毎年娘が考えてくれます。
ことしは、芍薬2輪がメインで周囲に梅花空木、オーニソガラム、撫子の蕾、アイビーなどが配されていて少少和風のブーケでした。
author:Muu, category:, 17:16
comments(0), trackbacks(0), - -
GWと110枚
今年のGW は、何だか多忙です。
そう言うと、いえいつも多忙でしょ?と言われそうですね。
山野草(茶花)のパッキングと名札書きが110枚。
201605061101
そして師匠の旦那様の個展が終り、作品を発送するときに作品を包んで保護するウコン裂の帛紗状、または、風呂敷状の作成が大小合わせて110枚。依頼を受けたとき、あまり深く考えず・・・ええ、いいですよと言って枚数を確認しませんでした。送られて来たFAXを見て大汗。ウコン裂は、110cm幅35M巻き2反です。
201605061102
久しぶりにミシンを出してきました。さすがに手縫いは無理です。
普段の仕覆の作成は、必ず1点物なのでそろえることに注力の必要はありませんが、同じサイズで同じ仕上げ方をする帛紗や風呂敷を何十枚と言われると、それはそれで別の意味で手間がかかることになります。
縫い代をそろえ、ミシン目をそろえ・・・久しぶりのミシンは、あまり機嫌がよくありません。縫うスピードを上げすぎたのでしょうか?今夜は、細幅用の押さえ金が壊れてしまいました。仕方がないので、普通の押さえ金に取り替えて縫いましたが乗りが出ませんでした。
自分には、そろえるという単純な作業が向いていないのかもしれないと新たな認識をしてしまいました。
author:Muu, category:, 23:52
comments(0), trackbacks(0), - -
山野草の発送
家の建替えのために、ベランダや庭の植物達を一部は畑に引越しさせますが、それでも処分しなければなりません。長年付き合ってくれた命ある子達を処分するには忍びなく、ネット上の茶道のコミュニティで欲しい方を募りました。
なんと、18名の方から希望があり、嬉しい悲鳴状態です。
今日は、その一陣の発送。
20160503plants120160503plants3
大きな株になりすぎて最後まで残っていたギボウシを庭から堀上ました。バケツ3個分もあります。これは、30年くらいになるでしょうか?私が最初に求めたギボウシ(Hosta Undulata Variegata:ホスタ・アンデュラータバリエガータ)で、以後求めた10種ほどは、地植えにしなかったので、あまりはびこらず・・・そのまま、畑に引越しさせました。
ギボウシには、多くの種類があります。葉は夫々ちがいますが、花はどれも似ています。シーボルトが日本から持ち帰り、ヨーロッパで多くの品種が作られたそうです。ギボウシも奥が深そうです、しかもインターナショナルに。
ギボウシを考察している暇はありませんね。
20160503plants2
植物は、梱包しようとすると思っている以上に大きいものになります。ダンボールをつぎはぎして何とか形に、不恰好でごめんなさい。左は、大阪に行く睡蓮木、右は青梅市に行くギボウシの包みです。無事届いて、可愛がってもらえることを祈っています。
author:Muu, category:, 12:44
comments(0), trackbacks(0), - -
春の花
家の建替えのために、ベランダや庭の植物を少しずつ畑に引越し中です。手入れをしながら植え替えると、一日せいぜい6,7鉢程度がやっとです。今日は、ベランダから黄花桜草、紫蘭、口紅紫蘭、紫陽花、紫紺野牡丹、百合、マーガレットを引越しさせました。出迎えてくれた花達は春を謳歌していました。
20160410fl_abiko620160410fl_abiko9
20160410fl_abiko1320160410fl_abiko11
20160410fl_abiko1220160410fl_abiko8
20160410fl_abiko1020160410fl_abiko7
最後のパンジーはこぼれ種から発芽して、小さな花をあちこちに見せていました。
author:Muu, category:, 00:02
comments(0), trackbacks(0), - -