RSS | ATOM | SEARCH
掛時計

新しい家に合う時計は何?

と探すとデザイナーズ掛時計がヒットしますが、MY空間に合うもの、機能も満足できるものとなると、ほとんどありません。

やりすぎのデザインはデザインとは思えません。

やっと見つけたのが、渡辺力さんの時計です。サイズは3種、文字盤のデザインは2種、の中から選びました。

居間と寝室はどちらも木のデイストなので、同じものを2個買いました。

位置はどこ?ここしかないでしょうか。

DSCN1023

時計は決まりましたが、温湿度計がみつかりません。

デジタルでないものは、文字盤が小さいのです。そしてデザインがほとんどなされていません。

少し大きめの温湿度計を今日ホームセンターの園芸コーナーで見つけましたが、温度が青、湿度が緑で色目が壁にあいません。

もう少し時間をかけてさがしましょう。

author:Muu, category:建築, 23:25
comments(0), trackbacks(0), - -
庭その後

週末は続いて雨模様です。土曜日の午前中何とか庭仕事ができました。

懸案になっていた隣家の窓に当たる部分に目隠し用の椿を2本植えつけました。あまり樹間を詰められないので、その間にすずらんの木を1本、右側につる性の仙人草を植えました。

椿を植えるために手水鉢一式を少し手前に移動しました。

椿は3本、左から「白侘助」「千羽鶴」右端が、花を開き始めた西王母です。

tyaniwasonogoDSCN0978

日当たりのよすぎる仮住まいのベランダで何とか夏を越してくれた伊吹ジョウロホトトギスも数輪花をつけてくれました。

仙人草の花が終わってできる実は風車のような面白い風情を見せます。仙人草という名前は、実の先端につく白い羽毛状を仙人のひげに見立てたことからだそうです。

jourohototogisuDSCN0982

これで、椿は全部で5本になりました。ここにいない子は樹高が1m弱の小さな子「黄の旋律」と「藤衣」でどちらも少し換わった色目です。狭い庭では、椿はもう限度かも知れません。

author:Muu, category:建築, 20:32
comments(1), trackbacks(0), - -
庭のスケッチ

小さな庭の隣家フェンス前に低木の生垣を設けると、確かに視界はさえぎられますが、その分、日差しや風もさえぎられます。

やはり、自然の植物、しかも今家にいる子達で目隠し風にならないものかしら?

garden_plan

 

author:Muu, category:建築, 12:49
comments(0), trackbacks(0), - -
表札

表札とインターフォンカバーを兼ねたものを関西にすむCAD仲間に作ってもらいました。

インターフォンの下にある郵便受けの枠とぴったり合うように計画しました。

送った図面(S=1/1)通りに出来上がって送られて来ました。SUSの板厚は4mmでさすがに重いです。

IMG_1610IMG_1611

裏側の取り付け用リブの出は12mmです。

工務店との打ち合わせ通りの寸法ですが、実際に既に取り付けられているインターフォンの出が少なく、このまま取り付けるとうまくインターフォンが押せません。

外壁の化粧杉板に切り込みを入れて、取り付けてもらうことにしました。

author:Muu, category:建築, 22:23
comments(0), trackbacks(0), - -

28日ジャスト雨の中、13時間かかって引越しが終わりました。

現在は玄関、水周り、キッチン、寝室のベッド部、居間のテーブル部を残して、ダンボールの山に床と壁が隠されています。

土曜日は、友人や会社の仲間8人が手伝いに来てくれて、大きなものの移動や組み立て、庭石の設置など手伝ってくれました。

昨日、その庭石の間にシノブ苔を敷き詰めました。植物たちは、鉢のまま仮置きです。

tea_garden1tea_garden1

tea_garden2

やはり、お隣のネットフェンスがそのまま見えるのは頂けないようです。

author:Muu, category:建築, 12:55
comments(0), trackbacks(0), - -
工事の進捗(12)

今日と明日は、工務店主催の完成見学会です。

とうとう、この日が来たと思うと胸が熱くなります。

支給したルイスポールセンの照明器具も取り付けてもらい、茶室の襖貼りなど一部を残してほぼ完成しています。

居間のペンダントは、手吹ガラスのラジオハウス250φです。吹き抜けの障子も入っていました。

170923house1170923house2

170923house5

最後に問題になった畳、955cmに64目できれいに納まっていました。最初に工務店が依頼した畳屋さんでは、茶室用の畳は無理と分かり、水沢工務店に出入りしている畳屋さんにお願いしてくれました。

170923house3170923house4

建具は、図面を描いてフルオーダー、いや古オーダーの言葉がぴったりでしょうか、15mm角の無垢のモール材を組んで作ってもらいました。一昔、二昔前にはやったモール材も今ではビンテージものになりますね。

照明は、すべて間接照明でそれぞれ調光器を付けました。ひとつは、床の間落としがけ裏、もうひとつは段差天井の高低間に置いた透かしの欄間の中です。ちょっと暗い?いえ、あかる過ぎる茶室って、なんだか味気ない気がしますから、趣味の茶室としてはいいのではないでしょうか?と自己満足あるのみです。

明日の夕刻は、いよいよ引渡しです。本当にその日が来るんですね?ちょっと自分の中で不思議な気持ちです。

author:Muu, category:建築, 21:28
comments(1), trackbacks(0), - -
工事の進捗(11)

もうすぐ引渡しです。現場に寄ると最後の追い込み中、予定通りの完成をむかえるのは、現場の皆さんがお盆休みも返上で頑張ってくれたお陰です。手間のかかる茶室、施主支給品による煩雑さ・・・どれをとってもも面倒なものばかりで、ごめんなさい。

170917house

このシステムキッチンは、今回の思い出ページに登場させるべきものかも知れません。

ある量販店の展示品を3月に購入したパナソニックのシステムキッチンです。工事費を抑えたいそんな思いがあり、レイアウト的、色的にぴったりだったで購入、なんと75%オフでしたが、最終的には90%オフになりました。少し古い型ですが、展示のみで未使用なので大丈夫かと考えました。

ビルトインコンロはパナのIHがついていましたが、下部に高速ガスオーブンを入れると、ビルトインコンロもガスでなければならないと後でわかって変更し、付属のIHコンロはリフォームを計画中だった会社の友人にあげました。

展示品のままだと換気扇はH700で、消防法上NGになります。レンジフード前板のみH500を追加で購入しました。

さて、現場に搬入されましたが、レンジフード前板が700のまま、ダクトもL型の図面通りではなく、I型が入っていると連絡がありました。

量販店の担当者に連絡するも、ずっと担当していた人は辞めてしまって、話が通じません。何とかパナに連絡とって、H500に入れ替えてほしいと・・・

待っても待っても連絡がありません。仕方がないので、名刺をもらっていたその売り場の別の社員の人に連絡「何とかしてくださいよ」「ひどすぎます」

領収書には「H500前板」とあるものがはいっていませんと。

調べてくれてわかったことは、パナでこのタイプのH500は生産されていないので、届いたものを切って付けてほしいということでした。

そんなこと一言も聞いていませんし、現場で切ればバリも出ます。ダクトの接続も解決していません。

量販店の下請け業者に現場対応してもらうことにしました。

 

3月に購入を決めてから納入される9月まで半年の間、さまざまにトラブルがありました。安く買うことはこんなにも大変なもの?と思い知らされました。何が一番の原因だったかと考えると、量販店の販売員は、施主支給で購入する事例を扱ったことがなかったのです。必ず、下請けの業者が施工するので、部品違いなども現場で問題解決されていたのですね。

これから先、キッチンの前に立つと、こんなことを思い出すのでしょう。

家つくりは、思い出つくりとも言えますね。

 

 

author:Muu, category:建築, 22:23
comments(0), trackbacks(0), - -
工事の進捗(10)

現場から電話があり、茶室の畳目が63.5になると言います。

ちょっと待ってください、畳屋さんいますか?

すぐ行きます。

畳の短辺は955mmの京間用です。64目の真物を優先し、畳縁を決めてくれるように畳屋さんに説明、納得してもらいました。

完成検査間近で、いぜんより多くの職人さんが入っていました。

吹き抜けのある居間の壁は、シナベニヤと月桃紙のコンビです。

170909house3170909house2

170909house1上下のサッシの内側に障子が入ります。

どちらかと言うと和風ですね。

もう少しです。

author:Muu, category:建築, 20:59
comments(0), trackbacks(0), - -
庭石

今日の打合せで外部の土間コンクリートの範囲が少し減り、土の上に飛び石仕様の範囲が増えました。

現場の打合せが終わって向かったのは、埼玉県児玉郡の石屋さんです。

神川町に入ると、沿道に石屋さんがあっちこっちと現れます。その中でも一際広大な敷地の石屋さんが目的地でした。

購入したのは、飛び石、手燭石や湯桶石などの役物石、踏石です。

170902stone1170902stone2

種類にもよりますが、多くの石は重さで値段が決まります。

客石と亭主石

170902stone5170902stone4

前石と踏石

170902stone3170902stone6

踏石は石英交じりの変成岩で白と草色の積層模様が面白くて決めました。重量は100〜120kgあります。

今までホームセンターなどに売られている飛び石を何とか見つけて数枚づつ買い集めていましたが、何だ〜ここにくればこんなに選び放題だったんですね。写真を撮り忘れましたが、2億年前(ジュラ紀ですね)の巨大な珪化木、直径が3メートル以上もあったでしょうかが展示されていて、びっくりびっくり、恐竜の時代をふと思い起こしました。

今日は、庭石がやっと全て決まって、若干ほっとしました。

author:Muu, category:建築, 19:17
comments(0), trackbacks(0), - -
工事の進捗(9)

今日も現場です。

外構、茶室の畳、炉の高さ etc 打合せです。

2階の壁仕上げが上がっていて、天井のシナベニヤやカーテンボックスとのコントラストが鮮明に部屋らしくなっています。

吹き抜けの天井はトップライトから光を受け、茶室の天井は直接照明がありません。あっと言う間に竣工まで1ヶ月以下となりました。

170901house1170901house3

170901house2170901house5

170901house4170901house6

author:Muu, category:建築, 20:41
comments(0), trackbacks(0), - -