RSS | ATOM | SEARCH
雪を待つ

朝は雪ではなく、雨模様でした。冬枯れ色の小屋の周りを散策。

DSCN6232DSCN6204

DSCN6205DSCN6215

DSCN6218DSCN6231

DSCN6216DSCN6226

DSCN6211DSCN6208

昨日求めた椿の植え付け用にふかふかの腐葉土を裏の林で採取しました。

もうすぐ雪の下になって冬を越す植物達も静かに季節の到来を待っています。

水道の凍結防止帯に電源を入れ、各水栓を全開、水抜きして小屋を後にしました。

author:Muu, category:木島, 21:13
comments(0), trackbacks(0), - -
冬支度

木島の最低気温がマイナスになるような時期になりました。いつもの小屋の冬支度、そろそろやっておかないと困ったことになります。

思い立って、出発・・・高速の途中はまだまだ紅葉が楽しめました。いよいよ妙義山が見えてくる頃には、落葉して裸になった木々も増えて来ます。佐久あたりから前方に雪をかぶった北アルプスの稜線が現れます。あいにく曇りなので、空と峰の境界があまりはっきりしません。外気温は、2℃・・・やはり寒い。

DSCN6167DSCN6182

DSCN6182DSCN6194

須坂市の山田園芸に寄りたくなりました。以前に白の椿を探しているとき、ときどき寄ってみたらと言われたのを思い出したのです。今の時期だと、候補があれば蕾の形も確認できるしと須坂東ICで高速を降りました。

こういうタイミングを虫の知らせと言うのでしょうか?ありました!探していた白の一重椿「窓の月」、樹高は1.5M でぎりぎり車に乗せられます。掘り出して、根巻してもらって、一緒に木島経由で東京にゆくことになりました。

花が咲いたら、アップしましょうね。

木島に着いたのは、少しうす暗くなり始めていました。明日は雪か雨の予報なので、今日中に雪囲いをしてしまわないといけません。

雪囲と言っても、3x6の構造用合板を並べて、隅を番線で留めるだけなのです。風で飛ばないように足場板を載せます。なんとか日暮れまでに完成しました。

DSCN6202

author:Muu, category:木島, 18:56
comments(0), trackbacks(0), - -
稲泉寺の蓮

今回の花火大会に初参加の人が2 人いましので、稲泉寺(とうせんじ)の蓮を見に行くことになりました。

少し時期が終わりかけの感がありますが、炎天下に蓮の花は映えるものですね。

IMG_2474DSCN4664

DSCN4678DSCN4676

author:Muu, category:木島, 23:39
comments(0), trackbacks(0), - -
飯山花火大会

毎年8月14日に飯山の千曲川河畔で花火大会が開催されます。

今年は、九州、大阪、東京から家の家族3人を含め8人が木島の小屋に集合しました。今年も有料観覧席2 区画を購入してありましたので、1 区画に4 人ずつねっ転がって頭上に展開する49 発の花火を楽しみました。

前回の2年前と比べ、少し花火の様子が進化しているように感じました。

DSCN4618DSCN4592

DSCN4576DSCN4596

DSCN4570DSCN4620

IMG_2485IMG_2476

DSCN4652DSCN4659

21 時に花火が終わって、小屋に戻り、恒例のBBQをバルコニーで楽しみました。

 

author:Muu, category:木島, 23:20
comments(0), trackbacks(0), - -
少し遅い信濃の春

冬支度のままの木島の小屋にやっと行きました。

昨年のゴールデンウィークには桜は終わっていましたが、今年はまだあちこちに花を残しています。

雪が多かったのでしょうか、数本の樹の大枝が折れていました。

芝桜がまた領域を増やし、山吹も盛りです。裏庭のクリスマスローズや山芍薬は生き生きです。

DSCN3782DSCN3792

朝、近くを散策。こごみ、タラの芽、蕨、ふき・・・あっという間に、籠は春の野の恵みで満ちます。

DSCN3765DSCN3772

DSCN3773DSCN3787

村のソメイヨシノ、飯山の菜の花とうれしい木島です。

DSCN3799DSCN3804

以前は、ジャガイモやサツマイモなど作っていましたが、もうあきらめて、グランドカバーになるような花達を植え付けました。

少しは草と戦ってくれますように。

author:Muu, category:木島, 23:36
comments(0), trackbacks(0), - -
花三昧

久しぶりに木島、まだ残っている雪囲いをやっと取り外しました。

今回は、友人2人も加わって4人です。先ず、飯山市の菜の花祭りの会場に案内しました。菜の花は人の背丈もあります。一面の黄色は見事です。

DSCN1480DSCN1478

次は、小布施の八重桜です。高速道路沿いに一直線、かなりの距離に桜が植えられています。スーパーでお花見の食料を買い込み、うっとり、まったりのお花見でした。

sakura

最後は、水芭蕉です。妙高高原のいもり池、少し盛りを過ぎて葉が大きくなっていますが、妙高の山を後ろに頂いた見事な水芭蕉に出会えました。昔、大清水峠を徒歩で越えてランプの時代の長蔵小屋に泊まって見た尾瀬沼の水芭蕉はこんな風だったのでしょうか?

DSCN1502DSCN1519

水芭蕉が終わると、ミツガシワの季節だとか、つぼみがいっぱい頭を出していました。咲き始めたミツガシワもちらほら・・・次は、ミツガシワが満開になった頃着てみたいものです。

DSCN1512DSCN1515

遊歩道でもう一つ見つけたのは、ショウジョウバカマでした。

DSCN1522

おいしい御蕎麦が食べたいと妙高周辺を車で回り、子供たちが小さい頃スキーで何度も利用した赤倉の「ネーベルハウス」というペンションがまだ健在であることを偶然発見することができました。妙高高原駅の観光案内所で「おいしいおそばやさん」を聞いてみると、黒姫駅近くの「信濃や」を教えてくれました。山菜天そばを注文すると、たらの芽、こしあぶら、ふきのとうなどたっぷりのてんぷらと、素朴で「信州そば感」満点のおそばに出会えました。

author:Muu, category:木島, 22:22
comments(0), trackbacks(0), - -
冬支度2017

我が家の建替え、引越し、実家に帰省などバタバタの連続で時間にも心にも余裕がんまいまま、木島には夏以来来ていませんでしたが、そろそろ・・・雪の季節です。

雪囲いや水道の冬準備が必要と、週末木島に向かいました。

DSCN1250DSCN1246

DSCN1253DSCN1238

うっすらの雪で作業は楽でした。今年は雪が多そうだと・・・近所の人の話です。

DSCN1243DSCN1255

ラッキョウは元気です。この後すぐに雪の下で冬を越します。頑張ってね〜とエール。

author:Muu, category:木島, 21:09
comments(0), trackbacks(0), - -
草だらけの木島

10ヶ月ぶりの木島です。

自宅の建替えなどでついつい足が遠のいていました。

きっと恐ろしい程の草だらけであると想像はしていました。

草刈の世話をお願いしている人が何度か草刈をしてくれたようで、思ったほどの草丈ではありませんでしたが、花木は自由奔放に広がり、さてどこから手をつけましょう。

ラッキョウを植えていた畑は草だらけだったのでしょう、すっかりラッキョウも刈られていましたが、球根はしっかり残っています。来春雪が解けたら、掘り出して漬けましょう。やはり自分で作ると好みの大きさで漬けられるのでいいですね。

170816kijima1170818kijima4

主人とふたりで5日間、ずっと草引き。

やっとすっきりしました。ムクゲ、アジサイ、ライラック、梅花空木・・・みんな、これでもかと丸坊主になりました。

170818kijima2170818kijima3

敷地内の栗の実は少しばかり秋ですね。

170816kijima5

 

author:Muu, category:木島, 21:40
comments(0), trackbacks(0), - -
冬支度

木島は晩秋色です。気になっていた冬支度にやってきました。

20161204kijima220161204kijima1

コンパネを足場板の上に並べて、鉄筋の結束線で端部を固定するだけです。それでも、これをやっておかないとこれから雪が積もって水道メータのところが隠れてしまいます。このコンパネはもう5年も使っていて、積層の木口が少し暴れ始めていました。今年が最後かしら?

20161204kijima320161204kijima4

20161204kijima520161204kijima6

広葉樹の葉は全て落ち、少し寒々しい小屋の周りですが、探してみると山帰来や山芋の実が小さく笑っていました。夏に植えたラッキョウも草達と一緒に元気に育っていました。もうすぐ、雪の下になります。

author:Muu, category:木島, 22:51
comments(0), trackbacks(0), - -
毒キノコ

久しぶりに木島です。

お盆に半分しか草引きが出来ず、気になっていたのですが、結局大雨になりました。

近くの道の駅で「毒キノコに注意」というイベントが開催されていて、地元のきのこ博士のおじさんたちがいろいろ話をしてくれました。印刷物ではなく、生の実物がいっぱい、100種くらいはあったでしょうか?並んでいました。私がすぐに解ったのは「ブナハリタケ」「クリタケ」「ムラサキシメジ」「ベニテングタケ「くらいです。

20160917kijima220160917kijima4

20160917kijima3

猛毒のきのこには、「さわらないで!!」と札がついています。一番美味しいのは?「タマゴタケ」だそうです。

雨の中、少し草引きをしましたが、長靴の指先までびしょぬれ、体温が下がり始める感覚がして来たので中断しました。

20160917kijima1

お盆に植えたラッキョウが全部発芽していました。植えつけるとき石灰を切らしていたので、今更ながらとは思いながら有機石灰をすきこんで来ました。

大きくなってね〜

木島の夜は、もう暖房を入れないと寒いくらいで・・・一気に秋から冬に向うのですね。

author:Muu, category:木島, 23:23
comments(0), trackbacks(0), - -