RSS | ATOM | SEARCH
チームワークから退出

本当はプレミアム・フライデーです。会社で推奨してるものの、それを取る人はいません。

GW前日とあってバタバタ、様々な仕事が舞い込んで来ます。

作業所も何とか頑張って、休みに入りたいとお願い電話が何度もはいります。

ArchiCAD20 で建具表をレイアウトして作業所に納めたPJ、建具の数が何千なのでソースビューはとても縦長です。

同じ画面を見ながら教えてくださいと電話の向こうで・・・「ちょっと待ってください開きますから」とサーバ内の当該PJのファイルを開こうとしますが、どうやら最後に保存をかけず、「チームワークから退出」もしていない。全てを確保したまま、本人はお休みで開けないのです。

 

電話の内容は、レイアウトをエクセルにしたいというものでした。

その様子から、何枚もある建具表のレイアウト画面を見ながら悩んでいるようです。「建具表の上で建具表を選択できますか」

「ハイ、緑になりました」

「それでは右クリックして、ソースビューを開くがあったら、それをクリックしてください」

「別の画面になりました」

「建具表の元ですよね?」

「はいそうです」

「では、ファイル⇒名前をつけて保存で、xlsxを選んでください」

結局、当該ファイルは開かないですみましたが、最近このようなマナー違反によくであいます。

自分が不在の時に何が起きるか解らない、いつもそれを感じていてほしいものです。

author:Muu, category:BIM, 23:39
comments(0), trackbacks(0), - -
ARCHIの踊場

ARCHICAD で階段の踊場の段を入力しようとして、いつも思う事があります。

ODORIBA3

この9の値が2以上なのです。踊場で1段だけの設定ができません。しかし、そういう階段はよくあります。

左の図の赤の線で一段付けたい場合どうしていますか?

ODORIBA1オドリバ

結局、直階段+スラブ(+ササラ)+スラブ(+ササラ)+直階段 の組み合わせで段を作っています。

随分前にグラフィソフト社にリクエスト出しましたが、変わっていないようですね。

author:Muu, category:BIM, 12:42
comments(0), trackbacks(0), - -
ArchiCAD20いろいろ

windows7 と10 で同じArchiCAD20 のESC キーの挙動が違う問題。

会社のwindows10 とwindows7  にインストールされた同じ差分のArchiCAD20 からチームワークサーバ上の同じファイルで挙動を確認してみました。これならば、テンプレートの違い等々他の要因が排除できます。

やはり、windows7 にインストールされたArchiCAD20 のESC キーは以前と違います。頻出するPCとそうでないPCの多少の差はあるものの、ESCの割り込みができません。

さて、回避策→→ 今まで、ESC を使っていたシーンでESC の代わりに Back Space キーを使います。

キーボード上、左右の配置の違いはありますが、慣れれば問題ないでしょう。しばらくなやんだ問題ですが、当面はこれでいけそうです。

 

また、変な包絡問題。「あなた、何やってるの!」と壁に怒りたくなる瞬間が何度かありました。

houraku_a20

壁(間仕切り壁)を壁ツールで配置すると、時として(現在はこのようにバルコニーのCSに隣接する壁はほぼ必ず)case1のように変な包絡をします。case1 をなんとか調整(壁の芯押えを変えるなどして、3Dで変な見え方にならないように調整すると、case2 のように壁は必要部分に納まるけれども、連続したCSのバルコニーに壁厚分の亀裂が表示される。

しばらく悩んでいました。よく考えてみると、このCS はRC+PC+立ち上りを断面形状で作成し、壁ツールで配置したものでした。

最初梁で配置しようとしたのですが、こちらも怪しい包絡をしたので、壁で配置たものでした。

壁と壁・・・だから、壁同士くっつきたがる。20 は極めてこの傾向が強いように感じます。

 

こんな時は、レイヤーの包絡番号に頼るしかありません。

まだデフォルト状態だったレイヤーセットを修正し、CS の入っている床のレイヤーの包絡番号と間仕切り壁のレイヤーの包絡番号を変えます。これで、下の表示のように何事もなかったかのように、2Dも3Dも普通の様態に戻ります。

ARCHI20

一つおかしい、笑いそうになる事実を発見しました。

上記のようにレイヤーの包絡番号を別のものにして、問題を回避します。そして、また、前のレイヤー状態、つまり、両方のレイヤーの包絡番号を同じにします。これで、最初の問題時に戻ると思いますよね。でも、戻らないで正常のままキープされています。

なんだか、キツネにPICKされた感じですが、最後の頼みは包絡番号でした。

author:Muu, category:BIM, 20:23
comments(2), trackbacks(0), - -
ArchiCAD20 @win7

以前にescの挙動がおかしいというスレッドをあげましたが、大きな落とし穴を発見しました。

グラフィソフト社公表の動作環境によれば、windows8.1、10が推奨なのですね。

私が使っているのは、windows7 上のArchiCAD20 です。

「互換性はあります」と公表されていますが、推奨環境ではありません。

esc 以外にも、「あれっ?」と思う挙動に遭遇します。例えば壁の包絡など・・・今日も頻出しました。

今日、推奨環境にあるPCで、escの問題が出ないのを発見しました。

社内のWindows10上のArchiCAD20 と同じファイルを操作しながら比較してみたいと思います。

 

社内では、WINDOWS7から10に移行しつつあります。新しく入れ替えるPCは10になります。そうすると、逆に今win7上のREVIT2016 とWIN10上のREVIT2016とチームワークで作業するとどうなるのか? どちらも、REVIT2017にしたらどうなるのか?一気に全てのOSを入れ替えることは出来ないので・・・検証マターが今後山積みです。

author:Muu, category:BIM, 23:15
comments(0), trackbacks(0), - -
Revit を使った建築設計 無料体験講習会

久しぶりにREVITのセミナーです。表記のタイトル・・・コンセプトが微妙です。

 講師 : (株) 安井建築設計事務所 設計本部 ICT/BIMデザインセンター 戸泉 協氏

 主な学習内容:
・BIM を使ったパース作成とプレゼンテーション
 ・図面、集計表の作成
・基本設計〜設計図書作成〜確認申請までを BIM で行う方法

午後半日の講習会にしては、内容がてんこ盛りです。

安井設計さんが実際に使用されているテキストで講習が開始されました。うまくまとめられている感じでした。また、サンプルのRVTには同社のテンプレートが盛り込まれています、この点も興味ありました。

さて、どんな人達が出席しているのでしょう?REVITを導入したけれど、運用できていない。どのBIMソフトを使えばいいのか思案中。ArchiCADの古いバージョンを以前に導入したが、レンダリングが美しくないのでREVITはどうなのか気になってやって来た。などなど・・25名の聴講者の目的は様々のようでした。まとめると、情報に行き着けないということでしょうか?

ArchiCAD18からCINEMA4Dが搭載され、それまでのレンダリングより格段によくなりましたよ〜と横から発言してみたり。

 

先ず、テンプレートを開くところから始めます。私の前に座った人は、以前に私と同じ会社でモデリングしていた人、こんな事あなたが聞いてどうするの?といった視線が飛んできました。

いえいえ、初心をバカにしてはいけません。実際、多くではありませんが知らないで見過ごしていることを発見しました。

結局、一番聞きたかった「〜確認申請までを BIM で」までは行きませんでした。話の外輪から、長年BIMの先駆者として活躍してきた同社といえども、例えば断面詳細図を全てモデルから切り出しは行っていない。切り出して、2DのAutoCADで完成するか、逆に、AutoCADで完成させた2DをREVITに取り込んで、RVT ファイルとしてまとめる、このどちらかだと言います。

そうですよね、完璧にモデル切り出しのみを追及するのは、ナンセンス。。。ちょっと安心しました。

 

今日の収穫物は、REVIZTO

FREEで使えるviewer です。REVITもArchiCADもSketchUPも大丈夫でかなりの機能のようです。ArchiCADのBIMXに似ている感じでした。どっちも使えるのなら、なお便利・・・是非試してみたいと思います。

ダウンロードメモ

author:Muu, category:BIM, 21:19
comments(0), trackbacks(0), - -
ArchiCAD20のESC

新しいバージョンになって、ESCキーの挙動が以前と変っている。なんか変なんですが、皆さんはいかがですか?

4017verのときは、私はほぼ大丈夫でしたが、会社の別の人が・・・なんか変、ESCが効かないと騒いでいました。

そして、一昨日、4020のHOTFIXを当てたら、わたしのArchiCAD20のESCキーも極めておかしな動きをするようになりました。

グラフィソフトのサイトには、以下のような説明が載っています。

esc_key

例えば、スラブを編集しようと思って、そう、頂点を追加しようと思って頂点スナップしている内にやめたくなった場合、以前はそこでESCキーで抜けられました。

しかし、今の20ではESCキーで抜けられません。ESCを連打してもダメなんです。最初に選択したxの位置にマウスを戻して、ESCで終了するしかない。

このような、途中で編集をやめたくなるシーンは、よくあります。しかし、20のESCは以前のように割り込みが効かず非常に不便を感じます。何か設定があるのでしょうかね?

author:Muu, category:BIM, 23:57
comments(0), trackbacks(0), - -
欄間

我が家のモデリング、茶室の欄間が残っていました。ビンテージ物の以下のような欄間です。さて、どうやってモデル化しよう?

まずは、画像を下敷きにしてAutoCAD で透かしの線をポリラインでなぞり、押出ソリッド→Subtractで透かしを抜いて3Ddwgのオブジェクトにします。

欄間イメージ

次は、ArchiCAD20に取り込んでGDLに・・・以前のバージョンは、「ファイル」→「ファイル特殊」→「結合」でした。

でもでも、20には「ファイル特殊」はありません。何になったのかしら?「相互運用性」こんな難しい名前のフォルダに変わっていました。結合で注意しなければならない事が一つありました。

GDLin1.JPGGDLin3.JPG

DXF/DWG変換設定をデフォルトから上記右のように設定変更しておかないと、「要素がありません」と途中で怒られて変換に失敗します。

今日気がついたのですが、ArchiCADには、モルフとシェル以外のオブジェクトで3D回転が使えないのですね。最初に取り込んだ欄間板が寝ていたので、Archi上で3D回転しようとしたらできませんでした。モルフに変換するのはいやなので、AutoCADに戻って3D回転してから、再度GDLに取り込みました。左がオブジェクトのプロパティです。

ranma2ranma1.JPG

これで、透かしの欄間が3Dになりました。何となくそれっぽいでしょうか?

author:Muu, category:BIM, 20:35
comments(2), trackbacks(0), - -
梁のスリーブ

ArchiCAD20 の梁のプロパティに「穴」という項目が追加されました。

RCの梁を作成して、スリーブを入れてこのツールを使ってみたいと思うのですが、梁を作成した後は、左下の画像のように「穴」の項目がグレーアウトして選択できなくなり・・・しばらくの間あきらめていました。

でもでも、そんなはずはない!・・・使い方がやっと解りました。作成した梁の辺または軸をクリックするとペットパレットが表示されます。その中に「梁に穴を挿入」のアイコンがあります。これがポイントだったのですね。

archi_ana1archi_ana2

アイコンをクリックすると、梁の穴の設定のダイアログが出てきますから、パラメータを入力⇒OKですぐに穴があきます。なので穴を開けたい位置でクリックすれば一発です。

archi_ana3archi_ana4

3Dビューで穴を選択すると、穴の位置調整、複写のパレットが出ます。連続複写をしてみましょう。

archi_ana5

2Dビューの黒丸の位置が穴の中心です。2Dビューで穴を修正したいときは、穴の中心をshiftキーを押しながら選択で可能です。

最初はグレーアウトしていた梁のプロパティの「穴」の項目に設定したパラメータがはいりましたね。一回に入力できるのは1種の穴ですが、この操作を繰り返すと1本の梁に何種もの穴を開けられます。ただ、矩形と円だけ、半割の連通管などはNGです。

さて、気になっていたIFC変換です。ArchiCADの一般的なトランスレータでIFC保存し、Navisworksで開いてみました。

archi_ana6

4つのスリーブがそのまま渡っています。今まで、ソリッド編集で開けた穴は完全にIFC変換できませんでしたから、ちょっといい感じです。

author:Muu, category:BIM, 03:27
comments(0), trackbacks(0), - -
SRCの軸組図

最近、モデリングと図面切り出しは全く別物?と錯覚するような瞬間があります。

十字鉄骨が入ったSRCの柱の軸組図・・・素直にモデリングして、軸組図に表示すると・・・つながった柱の鉄骨がRCのスラブ位置で切れてしまいます。このときスラブは非表示、表示形式はSRCなので当然ワイヤーフレームです。モデルにあるものが素直に表示されるはずなのに、REVITって、時々わからない事をやってくれます。困りますよね。

そのまま

ファミリに仕掛けるしかありません。伏図では厚みを持ったモデル表示の断面を出したい、軸組図では・・・

シンボル線分簡略表現

立面表示では、モデルを表示させないでシンボル線分を表示させます。ついでに、フランジやウェブの板厚が表示されないようなシンボル線分にします。

シンボル線分表示設定シンボル線分表示

モデル線分は簡略表現時に非表示、代わりにシンボル線分を表示させます。さて、軸組図はどうなったでしょうか?右図のように鉄骨がRCスラブ位置で切断されなくなりましたし、スラブの横線も表示されません。ファミリを編集して上書きすれば、全ての柱が一瞬で変ってくれます。これをやらなければ、どうするでしょう?力技で柱1本ずつ修正ですかね?RCスラブで切れた位置に詳細線分を柱1本につき4本加筆、スラブの横線とフランジとウェブの板厚の線は1本ずつ選んでラインワークで非表示・・・気が遠くなります。

Revitはやはりファミリーのハンドリングが肝心なのですね。逆に、だから難しいと言われる点でもあります。

今週はずっと、午前中Revit2016で構造、午後ArchiCAD20で意匠をサイクル的に使っている私、正直ArchiCADの方が肩がこらない・・・どっちか一つと言われたら、選べないかも知れません。

author:Muu, category:BIM, 20:29
comments(0), trackbacks(0), - -
楕円弧のスラブ(Revit)

ずっと忙しくて全く更新できていません。一昨日も終電が終わってタクシー帰宅・・・でした。

前回楕円弧の話を書きましたが、楕円弧にしてからスラブ境界を編集すれば簡単に楕円弧を含むスラブが作れることが分かりました。

全楕円のままだと、交点が取れなかったのですね。台形のスラブ→楕円弧を含むスラブをキャプチャーしてみました。

楕円弧スラブ1楕円弧スラブ2

分割を使って、楕円を楕円弧にするのがみそでした。やはり直線補間はありませんよね。

楕円弧スラブ3

あとは、マスの押出を使ってスラブを作れば楕円も自由に扱えます。今回は、普通のスラブ編集でやってみました。

author:Muu, category:BIM, 12:55
comments(0), trackbacks(0), - -