RSS | ATOM | SEARCH
秋海棠

我孫子の秋海棠は、最初ピンクと白の株がほどよく混在していました。

しかし、数年たち少しずつピンクの株が優勢になり、昨年は白が1本も見られませんでした。ところが昨日、白花が1本健在であることを発見しうれしくなりました。

 

2種の秋海棠を入れてみました。

DSCN7835

花:木槿宗旦、秋海棠ピンク

花入:古銅耳付網目花入

薄板:真塗矢筈

 

DSCN7386

花:秋海棠白、菊芋

花入:古作蹲

author:Muu, category:茶花, 00:06
comments(0), -, - -
ベランダの花

長い雨続きの日々から脱却でしょうか、ベランダでもちらほら小さな花が咲いていました。これを、掛け籠に入れてみました。この籠、厚みがなく合う落としもなくて困りました。

DSCN7809

花:半夏生、草夾竹桃、撫子、千日紅、縞薄

花入:魚籠

 

ベランダの子達

IMG_0496IMG_0498

IMG_0502IMG_0504

author:Muu, category:茶花, 15:08
comments(0), -, - -
お稽古真行草

お教室にある花入れを使ってもいいし、花入れを持参してもよい事になっています。

今日は、古作の2点の花入れを持参しました。

さて、真を学びます。花入れの口から3cmは1本で自立させなければなりません。

IMG_0481

花:半夏生、桔梗

花入:古銅耳付網目花入

薄板:真塗矢筈

IMG_0489

花:ギボウシ

花入:古銅耳付網目花入

薄板:真塗矢筈

 

次は、行です。糊空木は、花を少し切り落としてボリュームを減らしました。

IMG_0478

花:糊空木、藤袴

花入:黒薩摩切溜

薄板:真塗丸蛤端

 

草の籠

花道の古書「仙伝抄」より

「花をいるるといふは、さいろうのやうなるものにはなをいけたるをいふ。野山にある躰にいるるなり」

さいろう:菜籠、野山に摘み草に行くとき菜を入れる籠

IMG_0485

花:秋海棠、撫子、縞葦

花入:江ノ島さざえ籠

author:Muu, category:茶花, 20:31
comments(0), -, - -
半夏生も終わりかな?

お化粧の白が少し緑がかって来て穂も黒くなってくると、長く楽しませてくれた半夏生の花が終わりに近くなります。そんな1本を籠に入れてみました。

DSCN7765

花:半夏生、水引、ギボウシ、桔梗、姫野牡丹

花入:時代 手付籠

author:Muu, category:茶花, 00:55
comments(0), -, - -
次のホトトギス

玉川杜鵑が花を付けました。今年は、なぜか一輪だけしか蕾が付きませんでした。

この一輪にエールをおくりましょう。

DSCN7723

花:玉川杜鵑、秋海棠、タカノハススキ

花入:粉青沙器鉄絵花生

薄板:真塗蛤端

author:Muu, category:茶花, 00:55
comments(0), -, - -
木槿の花

週2で在宅ワークが始まりました。普段は昼間に庭に出て、何の花が咲いたかなんてわからないでいました。

今日は、庭の宗旦木槿の一番花を見つけました。茎には山芋のツルが巻き付いていて、葉はいじめられて美しくありません。

それでも、1本入れてみました。

DSCN7702

花:木槿宗旦

花入:唐銅鶴首

薄板:真塗矢筈

author:Muu, category:茶花, 00:04
comments(0), -, - -
ホトトギスの一番花

今年一番のホトトギスが咲きました。松本仙扇と合わせて「真」で入れてみました。

垂れ下がり気味のホトトギスの茎は、なかなか心に立ってくれません。

DSCN7695

花:高隈杜鵑、松本仙扇桃花

花入:青磁ふくべ形

薄板:真塗矢筈

author:Muu, category:茶花, 20:57
comments(0), -, - -
懲りずに練習

花材は困らないのですが・・・どう組み合わせればいいのか?やはりわかりません。真、行、草の練習です。

DSCN7688

花:秋海棠

花入:古銅 網紋花入れ

薄板:真塗 矢筈端

 

DSCN7692

花:半夏生、姫檜扇水仙

花入:朱泥陽刻 花入

薄板:真塗 蛤端

 

DSCN7676

花:額紫陽花、菊芋、桃色松本仙扇、ギボウシ、白京鹿の子

花入:本宗全籠

 

author:Muu, category:茶花, 00:10
comments(0), -, - -
お稽古のスタート

コロナのことがあり、ずっとお休みだった茶花のお稽古がやっとスタートしました。

「なんちゃって茶花」と「茶花」は、まったく別ものでした。(大汗)

先生の一言一言が、脳裏に刻まれるというか、突き刺さる思いでした。

 

風炉の茶花:山頭有草体の考え(枝物を手前に低く、後部に草花を少しずつ高く入れてゆく)(近景から遠景への移りが夏山の涼を呼ぶ自然な姿)

 

華道極秘伝 より

「根はしまるべし、窮屈なるべからず。水際は綺麗に、花はいとう(愛情)べし。又惜しむべからず」

 

籠の花入は、使い初めの時期(今頃ですね)は、白竹・・・夏から秋に向かうにつれて黒籠に変わってゆくのが基本だそうです。こんなルールがあったなんてつゆ知らず、好きな色の竹籠を用いていましたね。もちろん、「ねばならぬ」というルールではなく、この基本を押さえて、好みにアレンジすればよいとも。

 

練習1

IMG_0412

花:虎の尾、桔梗、山紫陽花(山頭有草体そのままです)

花入:宗全籠

 

練習2

IMG_0412

花:紫陽花、縞葦 (紫陽花の花は、少し間引きました← 惜しむべからず)

花入:織部耳付き

薄板:真塗蛤端

 

練習3(正面、客付)

IMG_0412IMG_0415

花:紫陽花、竜胆、昼咲月見草、金糸梅、縞葦、京鹿の子(本当は奇数の5種にしたい、縞葦は数に入れても、入れなくてもよいのだそうです。なので、5種とします)

花入:鵜籠花入

 

今日は、正面からの姿よりも、客付からの目線を重視することを学びました。

author:Muu, category:茶花, 23:25
comments(0), -, - -
コオニユリ

食用の百合根を取るために栽培しているコオニユリが咲き出しました。

これは、一種で入れてみます。

DSCN7609

花:コオニユリ

花入:唐銅 鶴首

薄板:真塗 矢筈端

author:Muu, category:茶花, 00:00
comments(0), -, - -