RSS | ATOM | SEARCH
DWGはCS2で〜
イラレネタが続きます。

Illustrator のみの作業は、CS3 でよいのですが、DWG を開くのは、2000形式で保存し、相変わらず CS2 で行っています。
CS3 では、2004 形式も(アラートは出るものの)2007 形式も開けます。
しかし、ダメなんです。

なぜでしょう?
1)第一に画層が統合されてしまう。
2)線幅情報、線種尺度が以前と違う。
3)曲線リージョンのソリッドが流れてしまう。
4)選択オプションが何故か変。
CS3_2007DWG/DXFオープンオプションにCS2まであったレイヤーを統合する・しないの選択オプションがなくなりました。
CAD使いには致命傷です。

CADgate3CDAgate3.0というアドオンのアプリがあります。
←は、CS3に乗せたCADgateでDWGを開いたものです。
これを乗せると、レイヤー情報はそのまま渡ります。
しかし、処々に問題・・・線幅情報、破線の状態が渡りません。
オブジェクトが個々に持っている線幅が、どれも同一になってしまいます。
これも、曲線リージョンのソリッドがうまく再現できません。
結局、あれこれ試すことなく、CS2で作業するようになりました。

本当は、どこかにいい方法があるのかも知れませんが?
author:Muu, category:AutoCADとAdobe, 23:35
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/743823