RSS | ATOM | SEARCH
栗きんつば
 甘いものも辛いものも大好き・・・・
今日は、中津川の栗菓子で有名な松月堂の「栗きんつば」です。
20130219kintsuba220130219kintsuba1
きんつばのずっしりとした迫力がお好きな方には、少し物足りないかもしれないサイズですが、押えた小豆の甘さと栗のバランスがいただけます。もう少し栗が多いといいな〜とも思います。松月堂の通販サイトでは、扱っていない商品です。
甘いものでパワーをもらって、編袋用のつがりでも作りますか?
author:Muu, category:, 23:21
comments(4), trackbacks(0), - -
Comment
網袋用のつがり糸、量が多いから用意大変ですね。
私は24本でいってるけど、30本でしたね?
本数多い方が細かな編みになり良くなります。
手間かかりますが、がんばってください。
よし, 2013/02/20 8:11 AM
今月中につがり糸の準備できればと思っていましたが、まだ2割しかできていません。
今回は、少し撚りをソフトにして、1本のつがり糸から編み用2本を取ろうと長目の糸で撚っています。
作る時間がかかるほど揃わなくなってしまいますね。
Muu, 2013/02/20 11:22 PM
糸の本数が多いと撚る回数も揃えなくてはいけないので大変。
私の場合は糸撚器なので引っ張る強さも考えておかないとキンク起こしてダメにします。
回転計付けたから回数は正確になりましたけどね。
網袋に丁度の絹糸を安く売ってるサイト見つけたけど無くなってしまった。残念。
よし, 2013/02/21 5:51 AM
私の場合、よりの回数は正確なカウントではありません。
つがりを2本の指ではじいて、その音の高低で決めています。音の感覚でジャッジするとより上がったつがり糸の長さは、ほぼ同じになります。
全て、手作りの域から抜けません。編みあがりに手の味が付加され、それがまた楽しいのかも知れませんね。
Muu, 2013/02/21 12:53 PM









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/974762