RSS | ATOM | SEARCH
困った無線LAN
持ち出し用の会社のノートPCが無線LANに変更されたのは・・・社内ではいいのですが、客先で結構困ります。
社内規則でWindows updateを自動に設定することになってしばし、今日も出かける前にデータを入れようとノートを起動して、OFFにしようとしたら始まってしまいました。「何個中何個・・・電源を切らないで下さい」のメッセージ・・・そんなの待っていたら、打合せに遅れてしまいます。しかも、毎日使っているわけではないのでupdate が溜まっています。
そのまま、出かけて・・・客先でさあ、3Dを見せましょうというタイミングでノートを起動、いえ、起動したまま持って行ったというのが正解です。「何個中何個・・・電源を切らないで下さい」の青々とした画面以外絶対に出してくれません。タスクマネージャーも出せない、電源長押しで強制終了して、セーフモードで起動?でも客先では、落ち着いてあれこれやる自信がありませんでしたので、結局目的は果たせず、何のために出る間際に急いでデータを入れたのか悔やまれました。
USBでデータを持参して客先でそれを見せれば、無線LANにはつながらず、Windows updateもかからなかったのにと思ったのは、打ち合わせが終わった後でした。

無線LANでないころは、当然LANケーブルを繋いでいなければ、Windows update はかかりませんでした。
また、社内のライセンスサーバから無線LAN経由でライセンスを取ってくるアプリケーションの場合、つい、ライセンスをエクスポート⇒インポートしないままノートPCを持ち出し、当然客先ではライセンスが取れませんから悲しい結果になることがしばしばあります。

このノートPCの無線LANは、外してしまおう・・・今日決めました。
便利は不便とよく言ったものですね。


 
author:Muu, category:Windowsその他, 23:53
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975242