RSS | ATOM | SEARCH
三角寺(65番)
 今回の帰省は、母の畑を手伝うことがメインでしたが、あいにくの雨・・・それではと実家から一番近いところにある三角寺に家族で行って来ました。
20150301sankakuji620150301sankakuji5
山門は急な石段の上にあります。そして山門に鐘が・・・。
境内には、桜の大木が苔むして本堂の前にそびえていました。江戸時代の俳人小林一茶がここを訪れたとき「これでこそ 登りかひあり 山桜」と詠んだ・・・樹齢3〜400年の桜だそうです。
20150301sankakuji120150301sankakuji4
20150301sankakuji320150301sankakuji2
桜の仲間、梅、蠟梅が冷たい雨にぬれてむかえてくれました。
三角寺の名前の由来は、周囲10数メートルの池の中に三角形の島があり、弁財天が祀られた小さなお堂が建っていることからだそうですが、この池を見るのを怠ってしまいました。

開基:行基菩薩
創建:天平年間
本尊:十一面観世音菩薩(伝:弘法大師作)
author:Muu, category:札所, 23:23
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975360