RSS | ATOM | SEARCH
TCOUNT
久しぶりにAutoCAD ネタです。
FENデータ作成のための3Dを同僚と作成中でした。各平面にメッシュを切った節点に連番を振って節点IDを作りたい、何かいい方法はありませんかと同僚から相談されました。節点数は、1フロアーで8255個あります。これを1から8255まで手打ちで編集するのはきついものです。
Express TOOL に連番振りのコマンドがあった事を思い出しました。
Express ですから、コマンドラインに表示されるのは全て英語です。数個の例題を示して教えました。自分自身また、忘れそうなので、ここに書いておきます。

コマンド:TCOUNT
オブジェクトを選択:マルチテキストまたはテキストオブジェクトを選択
Sort selection set by X,Y,or Select-order<X>:エンターまたはオプション
   X:X座標が小さいものから順に番号
   Y:Y座標が小さいものから順に番号
   Select-order:文字の選択順序で番号
Enter count [Start,increment]<1,1>:1000,1 ←1000から1ずつ増える
      Start:最初の番号、increment:増分(マイナスをつければ、負の増分)
Placement of text-Overwrite/Prefix/Suffix/Find&replace/<Overwrite>:エンター またはオプション
   Overwrite:選択したオブジェクトを番号に置換
   Prefix:接頭文字として番号を追加
   Suffix:接尾文字として番号を追加
   Find&replace:指定した文字列を番号に置換

かくして、8千個余りの番号が1コマンドで一気に振られました。リスプの力って、時にありがたさを感じます。
author:Muu, category:AutoCAD, 23:27
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975589