RSS | ATOM | SEARCH
エクセル初心
毎年の年賀状は、裏面⇒Illustrator、表面⇒筆ペンで手書き
これを結婚以来ずっと30年以上続けて来ましたが、今年は手書きを卒業しました。パソコンにそれほど疎くない私が何故、エクセル等で印刷しないのか?何度も聞かれた事がありますが、実は落ち着いて住所録を作成する時間がなかったからなのです。

今年は、エクセルの住所録を完成するを年末のテーマにしていました。
普段よくエクセルを使いますが、もっと便利な方法があるのだろう?と思いながらいつもデフォルト仕様で使っていますので、今日は少しだけスマートに住所録を作ってみようと初心に戻りました。
1行目に項目を入力します。名前、フリガナ、姓、名、郵便番号、住所1、住所2、電話番号、・・・
先ず日本語入力のON・OFFが自動で切り替わるようにセルのデータ入力規則の設定からスタートします。名前、姓、名、住所のセルは全角(左画像)、郵便番号、電話番号のセルは半角(右画像)に設定します。
20151226_excel220151226_excel1
住所2と電話番号は、文字列の表示形式を「文字列」に設定します。そうしておかないと、電話番号の最初の「ゼロ」とかが表示されなくなりますから。
そして、名前を打ち込んだら、フリガナは関数で自動入力させます。姓と名は、名前からデータ取得し、区切り位置を設定して自動入力させ、手では入力しません。
20151226_excel420151226_excel8
住所1は、郵便番号を打ち込んでスペースキー⇒日本語変換機能で住所が取得できますから文字としては入力しません。よくなんと読むのかわからない難しい漢字の変換に悩まされますが、これを使うと簡単です。
2件目以降の入力を簡単にするためにテーブルに変換します。よく、1行目のセル右端に▽が付いているのを見かけますよね。
20151226_excel520151226excel6
先ほど入力した住所1から郵便番号を関数で自動入力させます。郵便番号から住所1を入力した逆を行うわけです。最後にタイトル行の固定。沢山入力するとタイトル行が見えなくなってしまうのを避けるためです。
20151226_excel10
これで、なるべく手入力をしない方向の入力前設定は全て完了しました。200件超の住所録が1時間も掛からず完成し、エクセルの差込印刷・・・やってみれば、簡単でした。今まで何で時間を作らなかったのでしょう?手書きだと、住所を書く時一瞬相手のことを考えます。その一瞬に未練があったのかも知れませんね。
author:Muu, category:Windowsその他, 19:50
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
こんばんは。
エクセルは持って無いし年賀状は誰にも出さないのですが気になったことを少々訊いてみます。
コレは縦書でさらに筆フォントで出来ますか?
ジバゴ, 2015/12/28 9:41 PM
ジバゴ様
いつもコメントいただきありがとうございます。
縦書は可能です。
筆フォントもWindows OS 準拠であれば使用可能です。
ただ、フリーの筆フォントには第三水準漢字に対応していないものもあり、珍しい地名・人名など出力できないことがよくあります。
Muu, 2015/12/29 9:50 AM









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975603