RSS | ATOM | SEARCH
古い本
昭和34年に京都書院から出版された「美と工藝」の2冊を入手しました。
20160418book120160418book2
それぞれインド更紗、ペルシャ更紗の特集です。特集と言っても、総ページ数48の内、1/3くらいで今の雑誌を考えると別次元です。この時代は、カラー印刷がまだ貴重で表紙だけ、中にはモノクロのページに小さなカラー紙片が時々挟み込まれています。
20160418book420160418book3
モノクロのページも写真ではなく、手書きの版が多いのに驚きます。興味深いのは、インド更紗の約1/3とペルシャ更紗の大半が長尾美術館蔵となっていて、まだ長尾美術館が健在だった頃の栄華を垣間見ることができます。一代で財をなし、一代で使い果たした長尾よねの収集品は、美術館やコレクターの手に分散されました。ここで見る長尾美術館が収蔵していた渡り更紗は、また、どこかの蔵として目に止まるかも知れませんね。
author:Muu, category:更紗(インド・ペルシャ), 23:51
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
ご無沙汰しております。
Muuさんの研究熱心なことには頭がダウンです。
長尾よね氏は魯山人の支援者として有名ですね。 鎌倉に長尾家縁の建物があるそうなのでいつか行ってみます。
ジバゴ, 2016/04/19 10:26 PM









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975660