RSS | ATOM | SEARCH
GWと110枚
今年のGW は、何だか多忙です。
そう言うと、いえいつも多忙でしょ?と言われそうですね。
山野草(茶花)のパッキングと名札書きが110枚。
201605061101
そして師匠の旦那様の個展が終り、作品を発送するときに作品を包んで保護するウコン裂の帛紗状、または、風呂敷状の作成が大小合わせて110枚。依頼を受けたとき、あまり深く考えず・・・ええ、いいですよと言って枚数を確認しませんでした。送られて来たFAXを見て大汗。ウコン裂は、110cm幅35M巻き2反です。
201605061102
久しぶりにミシンを出してきました。さすがに手縫いは無理です。
普段の仕覆の作成は、必ず1点物なのでそろえることに注力の必要はありませんが、同じサイズで同じ仕上げ方をする帛紗や風呂敷を何十枚と言われると、それはそれで別の意味で手間がかかることになります。
縫い代をそろえ、ミシン目をそろえ・・・久しぶりのミシンは、あまり機嫌がよくありません。縫うスピードを上げすぎたのでしょうか?今夜は、細幅用の押さえ金が壊れてしまいました。仕方がないので、普通の押さえ金に取り替えて縫いましたが乗りが出ませんでした。
自分には、そろえるという単純な作業が向いていないのかもしれないと新たな認識をしてしまいました。
author:Muu, category:, 23:52
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975673