RSS | ATOM | SEARCH
テキスタイルの本
「東南アジアのテキスタイル」という本が届きました。ハードカバーの分厚くて重い本です。裂好きの出品者はインドネシアでご自分用に1冊買って、ホテルで読んでみると奥が深いので、もう一冊買って来たのだそうです。(75 US$)
20160516book1
総ページ数は432、すべて英語です。なんと見ごたえのある本でしょう。染織の本は、多く出ていますが写真がメインで説明文がほとんど無いのが普通です。作成された年代も産地も手法すら記されていないことがよくあります。これは違いました。説明文の方が写真より多いのです。
20160516book320160516book2
ざっと見ただけですが、技法の説明、渡来の説明、着用の風土など詳細に記されています。最後の画像は、日本にも渡来して有名なインド更紗(裏にVOCの版)ですが、このページを読んだだけでも本の深遠を感じました。時間を掛けて楽しみたい一冊です。
author:Muu, category:渡りの裂(その他), 23:05
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975681