RSS | ATOM | SEARCH
ウロス

インドネシアのバタク・トバ族に継承される2色の昼夜織にウロスという裂があります。手紡ぎ手織の素朴な織物です。表裏どこにも糸の浮きはありません。ブータンキラーを素朴にしたインドネシア版と言った感じです。

以前に入手した英語の染織の本に今般入手したものにそっくりの一枚布が出ていました。下図の左の大きい方と同じ、中央に経縞、両端にウロス、左右に絣縞の構成で一枚になっています。

20160721ulos120160721ulos4

竹細工を細い木綿糸でやった、そんな印象です。

20160721ulos220160721ulos3

作成されたのは、20世紀初頭・・・そのため、状態はとてもよく、古裂のイメージはありません。しかし、今ではこのような手間のかかる染織は当地でもあまり行われていないそうです。

author:Muu, category:渡りの裂(その他), 23:51
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975721