RSS | ATOM | SEARCH
唐木綿

最近ブログに裂の話が少なくなりましたね。お仕事忙しいのですか?とメールを頂ました。

はい、終電帰り、休日出勤などなど忙しくしていましたが、裂を忘れたわけでもありません。残業しながら、ちゃんと?オークションに入札していたりします。

もう一つの理由に、デジカメが壊れたので、裂の画像を撮れないこともありました。

新しいデジカメを買ったのですが、説明書を読む暇がなくて未使用、画像はもっぱらスマホです。

 

下の画像は残業中に落札したものです。唐木綿というと、普通布地が厚めのものを想像いたしますが、これは珍しく薄めです。使いこなれて薄くなったことも考えられますが、織り糸の構成を見ると、糸がやせた雰囲気はありませから、もともと細糸で繊細に織られた唐木綿だと思います。

161007karamomenn1161007karamomenn2

藍の色がことさら冴えてきれいです。繊細な手紡ぎの木綿糸で綾に織られています。このような唐木綿も素敵ですね。

author:Muu, category:渡りの裂(その他), 23:53
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975767