RSS | ATOM | SEARCH
似てるけど違う

どちらも18世紀のインド更紗の小裂で、よく本に出てくる有名な更紗です。図版は似ている?長い時間をかけて同じ版が受け継がれ、コピー編集されて作られて来た歴史を垣間見るような気がします。左は茜が少し茶がかっていて、右は時代を経たインド茜そのものです。

161103sarasa3

二つをアップしてみると

161103sarasa2161103sarasa1

版の精緻さは、左の少し大柄の方です。挿し色の藍も右はずれ気味ですね。ただどちらが好きかという話は別です。私は右の方が好きなんですが・・・

author:Muu, category:更紗(インド・ペルシャ), 23:36
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975782