RSS | ATOM | SEARCH
茶室の寸法

自宅の引越しが今週末と直前になりました。

そんな中、図面の方も決めて行かなければなりません。

茶室の各部の納まりをどうするか?ここが一番考えるところです。標準寸法に全てを置き換えて行けば楽?しかし、防火指定のかかわる部分は本来の作り方が出来ません。にじり口の板戸の外側には、防火戸を置き2重構造になります。

床の間の壁に設置しようと思っている下地窓も同様です。内側に媒竹の下地窓、外側に防火窓の組合せ、どうもおかしい構造ですが都内の小さな敷地に目いっぱい建物を建てようとすると、全ての外壁が延焼のおそれのある部分に入ってしまいます。

いっそ、敷地の真ん中にペンシル状の5階建てを建てればうまく行きますが、それも工費と使い勝手が問題になります。

 

さて、以下は自分用のおぼえがき

落し掛けの位置:隣接鴨居下端〜7寸(21.21cm)〜8寸(24.24cm)

にじり口の寸法:W 2尺(60.6cm)or 2尺1寸(63.68cm)

        H 2尺2寸(66.66cm)or 2尺3寸(69.69cm)

畳に干渉する床柱: 欠き込み or 竹の子

床柱の径の呼名: 末口⇒最上部、目通り⇒人が立った目の位置、元口⇒最下部

無双:掛け軸を吊るす釘がついた横木を無双四分一(無双)。幅の違う掛け軸をバランス良く二幅、三幅と掛けられるように釘が左右に動くようになっていて、一般的に杉や桧の無双が用いられるそうです。

 

お恥ずかしい話ですが、支給にする床の間材料を材木店から購入して、「無双はおまけでプレゼントしますが、何幅掛けですか」とメールで質問されて、意味がわからず調べた経緯があります。

床の間の釘類にも全て名前があり、流儀によっても違いがあります・・・深く考えると、底なし沼に入ってゆく感じがしますが、「和室以上茶室以下」を旨とすれば気持が楽になります。床柱に桑の原木を用いるところからして既に格式高い茶室ではなく、砕けた茶室になりますし、茶室として計画する部屋も普段は居間続きで居間として使われそうな雰囲気ですから。

author:Muu, category:建築, 22:30
comments(6), trackbacks(0), - -
Comment
寒中お見舞い申し上げます。

長らくブログを見にこられなかったのですが、
もう新居へのお引越しも終わられて落ち着いた頃かしら〜?と思って来てみました。

先週末がお引越しだったのですね。
今が荷物の格闘の真っ最中でしょうか?
もう少しは落ち着かれたでしょうか?

我が家は10年前に突然ギルが思い付きで
家を建てることを決めたので、
何の準備もなくいきなり「和室以上茶室未満」の部屋を作ることになりました。

土地の広さに合わせて家の間取り図を考えるのは、
間取り図オタクだったためすぐにできましたが、
突然茶室もどきを造ってもらうのは、
ほとんど知識がなく、
ネットで調べたり、先生に尋ねたりして大変でした。

特にネットで調べると、表千家流で調べていたつもりが、検索していくうちに、いつのまにか裏千家流のことを調べていることがたびたびありました。

おかげで床の間の天井の釘の向きを間違えて、裏千家流の向きに棟梁にお願いしてしまってました。
間違いに気づいて慌てて現場に行ったらすでに釘は
設置完了していて向きは戻せませんでした。(涙)

棟梁に「なんでもっと先にちゃんと確認しとけへんかったんや!せっかく指示通りにつけたのに気ぃ悪いわ〜!」と怒られヘコみました。

でも、まぁ普段目立たないところだからいいや〜と自分に言い聞かせました。

我が家の掛け軸をかける釘は、私が購入し忘れ、自宅にあった黒文字を棟梁が先を削って打ち込んでくれています。そのときはまぁ、軸釘が黒文字でも忘れっぽい私らしくていいかな〜と。

畳を京間サイズにできなくて、座る場所によって寸法をかえたり、いろいろ工夫したのも今では楽しい思い出です。

Muuさんのお宅のお茶室の完成画像を楽しみに待っていますね。
アン, 2017/01/18 2:04 PM
アンさん
お久しぶりです。
日曜日に引越し、月曜日に解体建物の光ケーブル、電話線などの撤去、引越し先の光ケーブル引き込み立会い、火曜日から会社です。
まだ、ダンボールの中で寝起きしている感じです。
アンさんのお茶室もご苦労されたのですね。
今、エアコンの設置位置を悩んでいます。MLでも以前に話題に上りましたね。
格好をつけようとすると、工事費もメンテ費も上がります。あきらめて、露出型にしようかと考えています。
アンさんのお茶室は、どうされましたか?
Muu, 2017/01/18 11:23 PM
はじめまして。
わたくし、堀と申します。
仕覆について検索をしていて、Muuさんのブログに辿り着きました。
たいへんおそれ入りますが質問をさせて下さい。
父の形見のネクタイで仕覆を作りたいのですが、Muuさんに作成をお願いすることは可能でしょうか。
お手数ですがお返事頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
堀, 2017/01/21 6:55 PM
堀様
お尋ねありがとうございました。
メールさせていただきましたので、よろしくお願い致します。
Muu, 2017/01/22 8:52 AM
Muuさん
途切れとぎれのコメントで失礼します。

うちの茶室もどきの和室のエアコンは剥き出しです。
それも点前座の頭の上です。

客座の後ろの押入れの天袋部分に・・・
とか、悩みましたがコストのこともあり、
やはり一番欲しい部分につけました。

夏場お点前するとき、
お点前さんの座る場所が一番涼しいほうがいいものですから。
うちの先生のお稽古場は、お客さんの席にもろに
冷風が当たるのですが、じっと座ってるだけの
お客の場合はこれが寒いのです。
反対に点前座の人はエアコンの冷風が当たらないので、
汗だくになってお点前をしています。
点前座の人が汗をかかないように冷房を強くすると、
客座の人は座っていられません。(苦笑)

なので扇風機で点前座に風を送ることになります。
不便です。

我が家は、冬場は風を上方向に向けて羽を上下させて弱く暖房をかけていますが、
釜の湯がたつのでちょうどいい暖かさになります。
アン, 2017/02/01 4:05 PM
アンさん
エアコンのお話ありがとうございます。
壁埋め込み式、天井埋め込み式、床の間上部に露出、いろいろ検討しましたが、メンテのこと、費用のこと、何より点前座を涼しくでアンさん案と同じ事を考えていました。
これで、決断できそうです。
Muu, 2017/02/01 10:53 PM









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975824