RSS | ATOM | SEARCH
四国

家の建替えや私自身の怪我、仕事・・・様々な・・・10ヶ月ぶりに実家に帰りました。

出迎えてくれる瀬戸の海は変りませんが、89歳になる母は、昨年3月に又来るからね〜と別れたときと、随分変っていました。老いは残酷ですね。私をいつも面倒を見てくれる妹の名前で呼びます。仕方がないのですね。かつて義父もそうでした、

20170216shikoku

あれだけ一生懸命で立派な野菜を育てていた一昔、今は例えば植えつけた里芋は追肥をやらないせいでしょうか?あまり育たず、そして掘り出さない状態で放置されていました。大根も間引きをしていないので、細い大根が林立状態でした。ハサミや鎌が畑のアチコチにおきっぱなしで、それを母が自分で見つけたときは、一瞬自分の老いを実感するのでしょうか、何度も何度もその事実を話します。

それでも、普通に食事をして、ゆっくりではあっても自分の足で歩けます。10ヶ月帰省しなかったことを反省し、これからはもう少し頻繁に帰省して、、語りかけるだけでもしたいと思いながら東京に戻ってきました。今度のお正月は、東京の新しい家でみんなで迎えようね!と言うとうれしそうな反応でした。

author:Muu, category:kazoku, 20:49
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975833