RSS | ATOM | SEARCH
カーテンウォールツールでタイル壁

自宅の新しい建物を作り込みたいと思っています@ArchiCAD20

できれば、木軸などもモデル化して竣工モデルができればいいと思っています。

さて、キッチンで使うタイル、19世紀パリの地下鉄の壁に使われたサブウェイタイルをイメージして造られたスペイン・タイルを見つけました。

↓サンワカンパニーのイメージ画像(1枚のサイズは、150x75x8)

170616タイル1

目地も入れて、よりリアルにモデル化したいものです。サンワカンパニーのイメージは、馬目地ですが、自宅は芋目地の予定です。ArchiCAD のカーテンウォールツールを使いましょう。基本パターン(下画像左)を目地幅3mmで作ります。

170616タイル2170616タイル3

このパターン(153x156)をカーテンウォールのカスタムオブジェクトとして名前を付けて保存します。カーテンウォールの厚みのミニマムは32mmです。このタイルは8mmなので、32-8=24mmは、透過のマテリアルを当てておきます。マリオンやトランザムは全てd=0で設定し、カーテンウォールを配置します。色目は少々違いますが、何となく、それらしいタイル壁になりました。

 

author:Muu, category:BIM, 22:27
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975866