RSS | ATOM | SEARCH
工事の進捗(6)

今日は、家族で現場へ行ってみました。

全てではありませんが、外壁が貼られています。ガルバリウム鋼板ZIGと杉の羽目板のコンビネーションです。もう少し赤いかと想像していましたが、なかなかいいいい組み合わせで落ち着いていました。

170715house2170715house3

1階も2階もフローリングが貼られ、養生してあります。養生の隙間から見えるのは、1Fのフローリング材で樹種は、ラオス松です。

無垢らしい表情にあふれています。家族3人「いいね〜」と思わず目で会話。天井は全ての配線、配管が終わっています。画像はシステムキッチンの天井で左端がレンジフード用のダクトです。

170715house1170715house4

170715house5

現場を見た後、茶室の打合せのために工務店に向かいました。車の示す外気温は37度まで上昇していました。打合せは約4時間・・・やはり実際の材料を見ながらでなければ、決められないと思いました。

材料を実際に確認しないで支給してしまった落とし掛けの桜材が他の材とマッチするかどうか心配でした。本来は裏側の皮付きを前面に出すことでうまく行きそうな予感です。表情が均一でない無垢の材料の場合、1本の材のどの当りを使うかも大きなポイントになります。「落し掛けは、この裏側の穴のある美しくない方を端から20のところから必要分使ってください」こんな会話変ですか?

author:Muu, category:建築, 22:57
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975878