RSS | ATOM | SEARCH
ST-Bridge雑感

最近この話題でばたばたすることがあります。

構造計算ソフトからST-BRIDGEやSSCを吐き出し、ArchiCADやRevitに取り込む、考えてみれば構造計算ソフトって、BIMの走りだったんですよね。昔から部材のプロパティと3D位置情報を全て包含していたわけですから。

数年前までは、構造計算結果を印刷した情報をもらって、RevitやArchiに入力しなおしていました。そして、その作業にいつも不思議さを覚えていた気がします。

 

ArchiCADにもST-BRIDGE コンバータ、RevitにもSt-Bridge LINK が用意されました。これで、構造計算から直接BIMソフトに構造モデルが渡ります。

しかし、今までの試行の中でもう少しの感がぬぐえません。

たとえば、Archiでアングルが再現できない。また、ハンチ付の梁は再現できない、これはもともとArchiにはない梁オブジェクトですから・・・

これをSIRCAD経由に変更すると、アングルは取れますが、ハンチ付の梁はNG、通りの芯ずれが発生ETC、やっぱりArchiCADで手をいれるしかありません。

 

じゃ、Revitはどうかしら?

アングルもハンチ付の梁も再現でき、通りの芯ずれも発生しません。マッピングも狩野で構造情報もしっかり再現できます。しかしながら、読み込みにものすごく時間がかかります。スペックの高いPCでもです。急いで建築モデルと重ねたいなんてオファーには応じられません。さほど大きなモデルじゃなくてもです。急ぎの場合は、多少我慢してもArchiCADを使うしかありません。

 

結局、どっちもどっち。

もう少し何とかしてほしいものですね。

author:Muu, category:BIM, 22:20
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975884