RSS | ATOM | SEARCH
工事の進捗(10)

現場から電話があり、茶室の畳目が63.5になると言います。

ちょっと待ってください、畳屋さんいますか?

すぐ行きます。

畳の短辺は955mmの京間用です。64目の真物を優先し、畳縁を決めてくれるように畳屋さんに説明、納得してもらいました。

完成検査間近で、いぜんより多くの職人さんが入っていました。

吹き抜けのある居間の壁は、シナベニヤと月桃紙のコンビです。

170909house3170909house2

170909house1上下のサッシの内側に障子が入ります。

どちらかと言うと和風ですね。

もう少しです。

author:Muu, category:建築, 20:59
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975897