RSS | ATOM | SEARCH
NWD→PLN

たまには、仕事のことでも。

Navisworksの巨大データをもらいました。これをArchiCADのデータにしてほしいと。

逆はいやというほどやっていますが・・・さて、Navisworksから生成できる3Dデータは、DWF、DWFx、FBX、および KML です。

狙ったのは、FBX、AutodeskからFBX comverter が出ていたので試してみましたが、AutoCADにimportするところまで行き、変換設定まではいいのですが、うんともすんとも・・・無反応です。

3DMをimportするときも、しばし無反応なので、またですか?と待ってみましたが、時間の限界でした。

 

次の頼みは「らいのせらす」です。

さすがに時間はかかりましたが(約45分)、ワイヤーフレームの巨大な3dモデルが再現できました。ここまで来れば、もう安心です。

ライノセラスで3DMファイルに保存、ArchiCADで開けばいいわけです。

また、ArchiCADがご臨終かと思うほど待ちましたが、しっかり再現できました。やった〜

NWD → FBX  → 3DM → PLN でOKでした。

author:Muu, category:BIM, 23:57
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975899