RSS | ATOM | SEARCH
庭その後

週末は続いて雨模様です。土曜日の午前中何とか庭仕事ができました。

懸案になっていた隣家の窓に当たる部分に目隠し用の椿を2本植えつけました。あまり樹間を詰められないので、その間にすずらんの木を1本、右側につる性の仙人草を植えました。

椿を植えるために手水鉢一式を少し手前に移動しました。

椿は3本、左から「白侘助」「千羽鶴」右端が、花を開き始めた西王母です。

tyaniwasonogoDSCN0978

日当たりのよすぎる仮住まいのベランダで何とか夏を越してくれた伊吹ジョウロホトトギスも数輪花をつけてくれました。

仙人草の花が終わってできる実は風車のような面白い風情を見せます。仙人草という名前は、実の先端につく白い羽毛状を仙人のひげに見立てたことからだそうです。

jourohototogisuDSCN0982

これで、椿は全部で5本になりました。ここにいない子は樹高が1m弱の小さな子「黄の旋律」と「藤衣」でどちらも少し換わった色目です。狭い庭では、椿はもう限度かも知れません。

author:Muu, category:建築, 20:32
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
西王母は早ければ9月から3月まで
咲き続けてくれるのでありがたいですよね。

うちは地植えしている椿が遅咲きのものばかりで、
大失敗です。
2月3月にならないと地植え椿は咲いてくれません。
植木鉢では花に限りがあるんですよね。
アン, 2017/11/16 10:23 PM









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975910