RSS | ATOM | SEARCH
病気は続く

千葉の畑に向かう車中で、骨董市の店主から電話がありました。

見てもらいたいものがあると、、、、骨董市の3文字が私の頭からデリートされてずいぶん経っていました。

そうか、今日は骨董市。やっと畑に行けると出てきたわけですから、引き返すわけにも行きません。

先ず、骨董市に行っている知人にメールで画像を送ってもらいました。

裂のことになると、なりふり構わず、背筋も伸びるのは不思議です。

「夕方まで待っているから」と店主・・・なんとも申し訳ない。でも実物を見ないわけには行きません。

骨董市はとっくに終わり、真っ暗になった境内で店主は待っていてくれました。

18901893

18951891

白地の一枚物スバギでここまで状態が良いのはなかなかめぐり合えません。私の裂病は、即座に再発していました。

author:Muu, category:更紗(インド・ペルシャ), 00:26
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975962