RSS | ATOM | SEARCH
蔓薔薇のインド更紗

入院前にオークションで求めていた更紗が届いていました。

よく目にする蔓薔薇のインド更紗のハギレです。このブログでも同種を掲載したことがあると思います。

18世紀から19世紀の長い期間に渡りスタンダードで日本にもたらされたもので、微妙に版の大きさ、版そのものや染め方が違います。

一番多いタイプは、以下の2種です。

turubara4turubara5

今回入手したのは、以下です。

turubara2turubara3

花の版が2種ありどちらかというと版が雑で、花芯に茜があしらわれています。また、蔓の部分全体に緑(たぶん元は緑)が挿してあります。蔓は、上の茶のパターンに似ています。

比べてみると違いが良く分かります。やはり、ロングセラーだったんですね。

author:Muu, category:更紗(インド・ペルシャ), 17:44
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nakaji.moo.jp/trackback/975984