RSS | ATOM | SEARCH
ARCHI_一覧表とフォント

ARCHICAD22,23 で気になることですが、一覧表に使用するフォントによっては、計算値の屬痢孱押廚「■」になってしまったり、枠の上下心に文字が収まらなくて上枠にくっつきそうになったり、計算値の屬縦枠にくっついてしまったり、なかなか思うように収まりません。

以下のように一覧表ビューでは、上下の中心に収まっている游ゴシックもレイアウトすると右図のように上にずれてしまいます。

fonts7fonts4

 

以下は、いくつかのフォントを全く同じ設定で試してみたレイアウトのキャプチャーです。

fonts1fonts2

fonts3fonts5

fonts6

計算値の屬化けてしまう場合は、合計値のフォントだけ別のフォントにかえることも可能です。

游ゴシックの下があく問題は、REVITでも確認できます。フォントが持つ固有の問題も大きく影響しています。

いずれにしても、レイアウトのビューで確認しましょう。

author:Muu, category:BIM, 23:04
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。