RSS | ATOM | SEARCH
ARCHI小話

アプリケーションを何年も使っている人でも、それぞれに知らないことって一杯あります。別の方法でできてしまうからでしょうね。

ARCHICADにAutoCADのJOIN(結合)コマンドが欲しいと思ったことはありませんか?

例えば、受け取ったファイル内の壁がぶつぶつ切れていて1枚につなげたい。。。こんな時どうしていますか?

今日打合せの途中でそんな話が出て聞いてみると、1枚を残して他の壁を消し、作り直していますと。

それぞれの壁に開口があった場合は、また、入れなおすと。

コマンドそのものではありませんが、書き直すより便利な方法があります。

下図のようにそれぞれに開口を持つ5枚の壁があり、それをつなげたい・・・1のポイントをドラッグして2のポイントへ重ねます…

AC-1-1AC-1-2

そうすると下図左のように2枚の壁が結合しました。壁をすべて選択した状態で繰り返します。1を2に、2を3に、3を4に、4を右端に。

AC-1-3AC-1-4

これで5枚の壁は、開口状態を保持したまま結合されて1枚の壁になります。梁や線分なども同じ要領で可能です。

ARCHICADでJOINコマンドが欲しくなったとき試してみてください。

author:Muu, category:ARCHICAD, 23:12
comments(1), -, - -
Comment
壁を全て選択して「壁を結合」の選択でバラバラの壁をひとつの壁に結合可能です。
メニューバーの編集 → 変形 → 壁を結合
ご参考下さい。
ts, 2020/01/27 9:50 AM