RSS | ATOM | SEARCH
旅箪笥

ずっと以前、茶道を習い始めた頃、自宅で練習する道具は何も持っていませんでした。

骨董好きの私が最初に求めたのは、旅箪笥の中に水指、棗、柄杓、茶碗2種などがいろいろ仕組まれたものでした。この箱そのものが、点前で使うものなどつゆ知らず、ただ収納箱には最適と思ったものです。

習う内に、晩年の利休が小田原陣中の秀吉に携えたと伝えられる棚だと知りました。正面のけんどんの蓋を開けると2段の棚があり、下に水指、中段に茶器、上段の切り込みに柄杓を立てかけ、下手前に蓋置といったように、点前として完成していて、ただの収納棚ではありませんでした。

tabidansu1tabidansu2

しかし、3年前の家の建て替えの時に、落とし込みの引手金具をなくしてしまいました。ただの金具、されど金具、これがないと点前が成立しません。

先日、中古ですが桐木地の完成品を見つけて、GETしました。ちゃんと木釘を使って組み立てられています。

tabidansu3tabidansu4

 

author:Muu, category:お茶, 23:01
comments(0), -, - -
Comment