RSS | ATOM | SEARCH
「お茶盌は楽」

畑の帰り道、茶花を先生のところに届けました。

「主人の本ができたわよ」と先生。早速、サイン入りで頂いて来ました。

IMG_0385IMG_0387

ご主人紫晴先生が、楽茶盌のとりこになったきっかけは、昭和55年東博で開催された「茶の美術展」で長次郎の「無一物」を見たことだったそうです。そのとき、長次郎の代表作「大黒」も並んで展示されていたそうですが、とにもかくにも「無一物」に魅了されたそうです。

それ以来ずっと「楽茶盌」の作陶に励んで来られました。ウコンの茶盌布をいっぱいミシン掛けしてお手伝いした前回の三越の作品展が昨日のことのようですが、年表をみると平成28年でした。

書の中には、楽茶盌の様々なこと、、、楽の歴史、楽の楽しみ方、そして実際の楽の作り方が詳細に分かりやすく記されています。

最後の方に、「茶盌を育てる」という記述があります。

「どんなに良い茶盌も使い方が悪いと品格がなくなってしまいます。特に楽茶盌は、作が5分、使う人が残りの5分を育てて1個の茶盌ができる」「楽茶盌は、使い込むことによって次第に丈夫になり、割れにくくなります。ただし赤楽や飴釉茶盌を茶会で1日に13回、15回と連続して使うのは極めて危険です。茶盌は時々休めて、水分を抜いて使ってください」と紫晴先生の楽愛が伝わります。

author:Muu, category:お茶, 01:09
comments(0), -, - -
Comment