RSS | ATOM | SEARCH
(AC22⇒23)材質カタログ名変更

ARCHICAD22でかなり作り込んだモデルをARCHICAD23にバージョンアップすることになりました。

それぞれのバージョンだけで作業していると気が付かないのですが、このような作業をすると2つのバージョンのデフォルトライブラリで内容がかなり違っていることが分かります。

その一つに、材質のテクスチャーの名称がほとんど変更になっていました。

どんなことが起こるかというと、ある材質を指定したビルディングマテリアルのオブジェクトを配置してあったものが、下図の左画像のようにおなじみのチェッカーで表示されます。変更になった材質のテクスチャーを与えなおす必要があります。

AC22-23材質

どう違っているか?

左がAC22右がAC23

AC22材質AC23材質

AC22材質ライブラリAC23材質ライブラリ

JPGファイルのファイル名が違っているので、AC22で定義されたファイル名をAC23で探しに行くと見つからないので、チェッカーズになってしまうわけです。

最初は、一つずつ修正していましたがあきらめて・・・

AC23のテンプレートの属性マネージャから材質をXMLで書き出し、AC22⇒23のファイルにインポートしてあげる方法を取りました。

今までこんなにたくさん変更になった事はなかったと思います。同じ材質名でも表現が少し変わったものもあります。

みなさん、ご注意ください。

author:Muu, category:ARCHICAD, 00:03
comments(0), -, - -
Comment