RSS | ATOM | SEARCH
大きなモデルの分割管理(その後)

先日、分割案を載せました。実際に試行してみて、図面出しのモデルは一つにした方がよい事になりました。

ホットリンクを掛けているゲストのビューを外部ビューとしてホストファイルのレイアウトに配置し、かつホストファイル上で2D加筆をしなければなりませんので、かえって不便という結果でした。また、ゲストファイル上にビューを置くには、ゲストファイルはPLN でなければなりません。PLNよりモジュールファイルの方が小さくなることは皆さんご存じだと思います。

ファイルの大きさが実際には、どのくらい違うか?試行モデルで一覧表を作ってみました。単位はMB です。

ホットリンクファイル.JPG

※model4のみ、ローカルとBIMCLOUD 上のファイル容量の差が少ないのは、内部でホットリンクを掛けているためです。

しかしながら、モジュールファイルは、ARCHICADのチームワークサーバに置くことができません。チームワークサーバに置かないと、複数人で作業することができません。では、どうしましょう?

各ゲストファイルをPLNの形式でチームワークサーバに保存し、PLNからMODファイルを手動で書き出して、上書きします。統合のホストファイルには、このMOD ファイルをホットリンク掛けて管理することにしました。

イメージは、下図のようになります。

ホットリンク2

ホットリンクファイルの更新や変更は、「ホットリンク モジュール マネージャ」で行いますが、時間がかかりますし、ダイアログの出方がとても変なんです。継続して、編集作業ができないで、数回同じホットリンク編集のダイアログを起動しなおさなければなりません。また、今回7つのMODファイルを編集したいとき、一度にできませんから、リンク編集をするのに1時間以上かかりました。

 

3つのMODファイルの編集なしの単純更新にどのくらいかかるのか?タイムを取ってみました。

9:24 「確保」→ チェック

9:28 編集可の表示 → チェック

9:29 3ファイルの更新 → OK (ホットリンクモジュールのアップデート)

9:33 モデルデータの処理、ホットリンクモジュールのアップデート 画面

9:39 サーバに送受信

9:44 完了

3ファイルの更新に20分かかっています。

例えば、リンクの差し替えとか編集系の操作になると、この比ではなく時間がかかります。

この「ホットリンク モジュール マネージャ」のレスポンスについては、グラフィさんに改善してもらいたいとずっと願っています。

author:Muu, category:ARCHICAD, 11:33
comments(0), -, - -
Comment