RSS | ATOM | SEARCH
ぼろから一枚

パトラで出ふくさを作りたいというお客様がいらっしゃいました。

私もパトラのぼろ籠を出し、久しぶりに一枚作ってみました。

こんなに穴だらけ・・・どうしよう?これがスタートです。

DSCN2940DSCN2941

それでも、私の中では立派なパトラです。補修を繰り返して、裏に接着芯を張ります。今回は、表の色目から2色の接着芯を張り分けました。

DSCN2943

なんとか完成。

DSCN2947DSCN2948

一枚のふくさに変身してくれました。いとおしい古裂に新しい命が吹き込まれたような大げさな嬉しさがあります。

author:Muu, category:帛紗, 22:50
comments(3), trackbacks(0), - -
焼きりんご

ノートPCの液晶を破損してしまいました。

夕方来客があるので、急いで大掃除をしていた途中です。どうして破損したのかわからないのですが、なってしまった事は確かです。来客前に急いで、15pinオス-29pinオスの接続ケーブルをヨドバシカメラ行って求めて来ましたが、まだ復旧には成功していません。しばらく放置しておいたデスクトップPCを使うことにしました。

 

さて、来客用のデザートに焼きリンゴを作ってみました。

木島のリンゴ農家から送ってもらったリンゴが残っていたので、フジを使うことにしました。かなり大きめのリンゴです。

DSCN2936[1]DSCN2938[1]

芯を抜き、皮に楊枝でパンク防止の穴をあけ、砂糖、シナモン、バターの順に穴に詰め、オーブン上段190℃で50分焼くだけのシンプルなものです。

(リンゴ1個分)

砂糖:小さじ2杯

シナモン:小さじ1/2弱

バター:大さじ1杯

DSCN2939[1]

久しぶりに作ったのですが、お客様に好評、お持ち帰りしていただきました。

author:Muu, category:, 23:32
comments(0), trackbacks(0), - -
白い花

時間があるので庭作業をしたいのですが、リストを作ってみては、作業はもう少しリハビリが進んでからと指をくわえている状況です。昨日少し植え替えを始めてみたのですが、術後の右腕をかばって転倒、わが身自由にならずはがゆいばかりです。

家の周りをうろうろして白い花を集めてみました。

DSCN2392DSCN2395

DSCN2425DSCN2394

同じ白も表情は様々です。やはり白っていいですね。

author:Muu, category:, 10:10
comments(0), trackbacks(0), - -
道具大好き?

今日は、リチウムイオン電池充電式のインパクトドライバを買いました。

DIY用のもので十分だったのすが、手持ちの電ノコ用と共用できる18VのバッテリにするとDIY用ではなく、プロ用になりました。

DSCN2384DSCN2385

さて、何に使いたいのでしょう?

我孫子の畑のキウイ棚が昨秋の台風で完全に壊れてしまいました。今度は、単管パイプでしっかりした棚を作りたいと秋からずっと計画していました。

単管パイプのジョイントに使うクランプの固定のための六角ボルトを締める目的です。そのための六角レンチビットも購入しました。

DSCN2383

何もインパクトまでいらないのでは?と笑われそうですよね。ええ、道具が好きなだけなんでしょう。

キウイ棚用の資材(単管パイプ9本、直交クランプ10個、柱脚固定ベース4個)全てとこのインパクトドライバ1個(バッテリ代金含まず)の値段はほぼ同じでした。

author:Muu, category:, 22:44
comments(0), trackbacks(0), - -
Happy Birthday

また1つ年を足しました。

DSCN2389DSCN2391

娘から送られたバースデイケーキ、今年は青木定治のSAYAでした。

酸味と甘味のバランスが計算しつくされている感じ、見た目の派手さは味の中には微塵もありません。

上品そのもの、イチゴやラズベリも甘すぎない不思議なバランスを保っています。

ご馳走様でした。

author:Muu, category:, 23:07
comments(0), trackbacks(0), - -
パッチワークの本たち

昭和58年頃からのパッチワーク関係雑誌が何箱も処分しないまま残っていました。

パッチワーク通信は創刊号から130冊ほど、キルトジャパンも60冊以上、パッチワーク教室、パッチワークの絵本、パッチワーク倶楽部、和布クラフトなどなど、さてさてどうしましょう?

どれも今は入手困難なものですから、必要な方がいらしたら、使ってもらいたいものです。

すこしずつまとめてオークションに出してみることにしました。

DSCN2316DSCN2318

DSCN2321DSCN2320

ここを見てくださっている方で、もらって頂ける方がいらっしゃいましたらお知らせください。

author:Muu, category:, 14:54
comments(0), trackbacks(0), - -
乾燥花

まだフィールドワークはできませんから・・・最近のお気に入りとでも言いますか、なんとなく楽しみ開始。

年末にクリスマスリースを作った後、もったいないので部屋にぶら下げていたりしたものを大きなガラス鉢に投げ入れてみました。

けっこう、こんなものがと思う草花が、ドライにするとまた別の表情が楽しめるものでした。

DSCN2198DSCN2199

DSCN2205DSCN2207

DSCN2210DSCN2214

DSCN2216DSCN2221

DSCN2222DSCN2224

DSCN2228DSCN2231

単純な自然乾燥の花ですから、作業をするたびに、葉がぽろぽろと落ちます。

園芸店では、自然乾燥の草花の大小、それに酷似したフェイクフラワーなどいろいろ売られていました。静かなブームもあるようですね。

author:Muu, category:, 00:55
comments(0), trackbacks(0), - -
種芋

昨日園芸店で買ったジャガ芋の種芋2種です。

ジャガ芋の植え付けは、まだ先です。男爵やメークインなど出荷量の多い種芋はいいのですが、レアないい種芋はけっこう早くなくなってしまいます。

今年は、何を植えようかしら?入院中に検索していました。時間はたっぷりありますから。

DSCN21952DSCN21972

オザキフラワーセンターのサイトから2種ピック、どちらも実際の店頭在庫は既にぎりぎりでした(汗)

こちらでは、袋入りではなく、1個ずつ選んで買うこともできます。ノーザンルビーは1個160円でした。

DSCN2195DSCN2197

品名:じゃがいも「アンデス赤」
学名:Solanum tuberosum L.
分類:ナス科ナス属
原産地:アンデス高地

皮が赤く果肉はやや黄色、形が丸いのが特徴。また、収量が多く「男爵」と比べてもたくさん収穫でき、肉質は粉質でほくほくとした食感です。

 

品名:じゃがいも「ノーザンルビー」
学名:Solanum tuberosum L.
分類:ナス科ナス属
原産地:アンデス高地

切ってみてびっくりの、皮も中身もピンク色のじゃがいも。アントシアニンが多く、加熱しても色が落ちないのが特徴。見た目にもカラフルなので、そのまま色を楽しめるマッシュポテトやサラダにも。芽の部分のくぼみが少ないので皮も剥きやすいです。

 

なんだか、植え付けが待ち遠しいですね。どうやら2種の花色は違うようです。

author:Muu, category:我孫子, 13:56
comments(0), trackbacks(0), - -
向かったのは園芸店

退院しました。

その足で向かったのは都内の大型園芸店「オザキフラワーパーク」です。

入院中読み漁った園芸雑誌の気になるアイテムを探すためでした。

IMG_2249

店内に併設されたGROWERS CAFEで頂いたのは、りんごのドルチェピッツア。
ピザ生地の上にスライスした生のりんご、中央はバニラアイス、シナモンがきいています。

やっぱり、コーヒーはベッドの上ではなく自由に飲むのがおいしいです。

author:Muu, category:, 12:04
comments(0), trackbacks(0), - -
蔓薔薇のインド更紗

入院前にオークションで求めていた更紗が届いていました。

よく目にする蔓薔薇のインド更紗のハギレです。このブログでも同種を掲載したことがあると思います。

18世紀から19世紀の長い期間に渡りスタンダードで日本にもたらされたもので、微妙に版の大きさ、版そのものや染め方が違います。

一番多いタイプは、以下の2種です。

turubara4turubara5

今回入手したのは、以下です。

turubara2turubara3

花の版が2種ありどちらかというと版が雑で、花芯に茜があしらわれています。また、蔓の部分全体に緑(たぶん元は緑)が挿してあります。蔓は、上の茶のパターンに似ています。

比べてみると違いが良く分かります。やはり、ロングセラーだったんですね。

author:Muu, category:更紗(インド・ペルシャ), 17:44
comments(0), trackbacks(0), - -