RSS | ATOM | SEARCH
LISPの本

ArchiCAD の知り合いが、LISP に興味を持ち始めました。

本をあげると約束、ごそごそと探してみました。建替えのときに処分したものもありましたが、数冊残っていました。

DSCN1569

どれも、20年くらい前のものです。

岡島さんの「AutoLISP の初歩ーAutoCAD を使いこなすために」も、Trevor Bousfield の「AutoCAD AutoLISP 実践ガイド」もどちらも初版でした。落合さんの本が見当たりませんでした。

まあ・・・いいでしょう。DGL を使いこなす人ですから、活用してくれるでしょう。

author:Muu, category:AutoCAD, 21:53
comments(0), trackbacks(0), - -
夏野菜たち

植えつけて1ヶ月ほどたちました。さて、夏野菜たちはいかに?

あらっ、実が・・・

DSCN1561DSCN1562

花も・・・

DSCN1563DSCN1568

花菖蒲見ごろ、

DSCN1566

author:Muu, category:我孫子, 23:17
comments(0), trackbacks(0), - -
紫陽花のとき

大好きな小さな山紫陽花が咲き始めました。

DSCN1542DSCN1544

DSCN1554DSCN1550

普通の紫陽花たちも・・・

DSCN1556DSCN1558

表情が千差万別で楽しいですね。

 

author:Muu, category:, 22:56
comments(0), trackbacks(0), - -
長老のシンビジューム

20年以上植え替えをしていないシンビジュームの大鉢が二つあります。建替えのとき、処分する勇気がなくそのままで庭隅にありました。

11年前に撮った画像は、これです。

最初の鉢が根でいっぱいになり、バケツに、そしてその後陶器の深鉢に植え替え、もう20年以上経過しています。

植え替えるには、先ず、陶器の鉢を割り、次にバケツを割ります。

DSCN1536DSCN1539

根鉢がいっぱい、バックバルブと根の2/3を取り除き、二つの鉢(32号+30号)に植えつけました。

用土は軽石+バークチップです。

DSCN1548

何年も何年も気になっていたシンビがやっと生き返りました。しかし、もう一鉢の作業が残っています。

 

author:Muu, category:, 22:25
comments(0), trackbacks(0), - -
花三昧

久しぶりに木島、まだ残っている雪囲いをやっと取り外しました。

今回は、友人2人も加わって4人です。先ず、飯山市の菜の花祭りの会場に案内しました。菜の花は人の背丈もあります。一面の黄色は見事です。

DSCN1480DSCN1478

次は、小布施の八重桜です。高速道路沿いに一直線、かなりの距離に桜が植えられています。スーパーでお花見の食料を買い込み、うっとり、まったりのお花見でした。

sakura

最後は、水芭蕉です。妙高高原のいもり池、少し盛りを過ぎて葉が大きくなっていますが、妙高の山を後ろに頂いた見事な水芭蕉に出会えました。昔、大清水峠を徒歩で越えてランプの時代の長蔵小屋に泊まって見た尾瀬沼の水芭蕉はこんな風だったのでしょうか?

DSCN1502DSCN1519

水芭蕉が終わると、ミツガシワの季節だとか、つぼみがいっぱい頭を出していました。咲き始めたミツガシワもちらほら・・・次は、ミツガシワが満開になった頃着てみたいものです。

DSCN1512DSCN1515

遊歩道でもう一つ見つけたのは、ショウジョウバカマでした。

DSCN1522

おいしい御蕎麦が食べたいと妙高周辺を車で回り、子供たちが小さい頃スキーで何度も利用した赤倉の「ネーベルハウス」というペンションがまだ健在であることを偶然発見することができました。妙高高原駅の観光案内所で「おいしいおそばやさん」を聞いてみると、黒姫駅近くの「信濃や」を教えてくれました。山菜天そばを注文すると、たらの芽、こしあぶら、ふきのとうなどたっぷりのてんぷらと、素朴で「信州そば感」満点のおそばに出会えました。

author:Muu, category:木島, 22:22
comments(0), trackbacks(0), - -
娘のバースDAY

我孫子の畑で急遽バースデイPを今夜に決定、ケーキはどうしましょう?スマホで畑に近い柏周辺のケーキ屋さんを調べてみました。

柏駅東口近くの L'atelier de drop's(ラトリエ ドゥ ドロップス)というお店を見つけました。畑作業を少し早めに切り上げて、このケーキ屋さんに向かいました。

個性的なケーキがショーケースに並んでいましたが、娘は生クリームが苦手、そこで「テリーヌ ショコラ」というケーキに決定。

「ろうそく立ちますか?」「穴があきますよ」「ええ、いいんです」

こうして帰宅、ベランダのソラマメをはじめて収穫しました。さやの端を切り落とし、そのままラップしてレンジで5分、トリタテの豆をテーブルに出しました。

DSCN1472これ以上の鮮度はありません。

てりーぬDSCN1474

ベルギー産とフランス産のクーべチュールをブレンドして高温で蒸し焼きにした半生状の濃厚なショコラ、お店の人から1cmくらいの厚みに切って食べるとよいとアドバイスがありましたが、1cmがマックスでしょう。濃厚でチョコ好きの私達家族3人は堪能しました。ちょっとお気に入りになりそうです。

 

author:Muu, category:kazoku, 21:46
comments(0), trackbacks(0), - -
やっと畑

先々週は土曜出勤、先週は3回終電、土日出勤・・・ハードでした。時間も体力もなく気になる畑にも行けませんでした。

上司の命で昨日、今日はお休みを頂き、畑に向かいました。気になる夏野菜も植え付けなければなりません。インゲンは発芽したでしょうか?防鳥ネットのお陰で、大丈夫でしたが、発芽した双葉がネットで押されている感じ、急いでネットをはずしました。

IMG_1775IMG_1791

IMG_1782[1]IMG_1796

IMG_1779IMG_1794

キウイ(雄木)の花がいっぱい咲いていますが、雌木の花はまだです。花を摘んで、花粉だけ自宅の冷蔵庫で保管しておきましょう。今日は夕方から雨の予報がありましたので、急いで苗を植えつけました。

今日植えた夏野菜のメモ

・ゴーヤ 3本 (願寿ゴーヤ)超大型!肉厚でおいしいと記されていました。

・ミニトマト薄皮ピンキー 2本

・薄皮中玉トマト 2本 ピンキーカクテル、房なり、薄皮で甘みたっぷり!

・とどとろ炒め茄子(サントリー丸茄子) 2本

・とってもやわらか茄子 2本 (カネコ種苗)みずみずしい食感で、生でも食べられます。

・きゅうり さつきみどり 4本

・ピーマン 翠玉2号 3本

author:Muu, category:我孫子, 19:17
comments(0), trackbacks(0), - -
落花生

去年は我孫子の畑に落花生の種を2袋播きましたが、鳥に食べられたようで1本しか発芽しませんでした。

そこで今年は自宅で発芽させ、畑に植えようと思って、種まき開始です。

四国のおばさんからもらってあった種豆を出してみました。植えつける畑の分量を考えると30粒もあれば十分です。

大きいものをより分け、2,3時間水につけます。

DSCN1461DSCN1467

このために取り置いてあった様々なサイズのポットに土を入れ、落花生の種を播きました。発芽には10日から2週間ほどだそですが、初めての試みうまくゆくでしょうか?

DSCN1468

author:Muu, category:我孫子, 16:59
comments(0), trackbacks(0), - -
コケと草

昨秋植えつけた?置いた?コケはどうなったでしょう?

何とか枯れずに緑をキープしてくれていますが、最近小さな来客が頻発です。

14631464

5mm弱の双葉の草があっちにも、こっちにも出てきます。見つけるとこの小さな招かれざる客を撲滅するのですが、もはや負けそうです。

放置すると、すぐ小さな草原になってしまうのでしょうね。

椿や春蘭が終わり、ジョウロホトトギス、山アジサイ、天人草、霜柱、二人静、岩シャジン、ノリウツギ、ギボウシ、ムクゲ などなど夏に花を付ける草木が芽を出してきました。楽しみです。

author:Muu, category:, 21:12
comments(0), trackbacks(0), - -
3週連続

昨日は会社でしたが、今日は畑です。

新緑の木々や草花の芽生えを見るたびに癒されます。1週間たまった毒素を体外に吐き出すような感覚の時間です。

2週間前に植えたジャガ芋(インカのめざめ)が芽を出しています。鳴子百合もつぼみを付けて。

DSCN1450DSCN1443

冬に追い肥を忘れてしまって、今年はちょっとスモールサイズのアネモネ、日陰ではシャガが盛り。

DSCN1441DSCN1456

アオキは地味な花を見せ始め、小松菜は菜の花に変身しようとしています。

DSCN1452DSCN1445

今日はモロッコインゲンと小松菜の種を播き、ブロコリーの苗を植えました。

途中で立ち寄ったホームセンターの園芸コーナーでは、トマトやナス、きゅうりなどの夏野菜の苗がいっぱい売られていて、今年はちょっと気が早いですね。

author:Muu, category:我孫子, 23:31
comments(0), trackbacks(0), - -