RSS | ATOM | SEARCH
初畑仕事

昨日は岡山の吉備津神社へ初詣でしたが、今日は地元の神社へ家族で歩いて行きました。ここでは行列はゼロです。

samukawa-ssamukawa-sea

帰り道、瀬戸の青い海にふと昔を思い出します。

さて、待っているのは母の畑です。たまねぎの苗が200本、エンドウが6苗準備してありました。これを植えつけます。ただ植えるだけではなく、畑作りからスタートです。結局、日が暮れる頃に終了しました。

たまねぎをいっぱい収穫したいわけではなく、畑を荒らさないでKEEPしていたいという母の願いのようです。

私達が畑をやっている間、母もうずうずと出てきて松の枝を剪定していました。したいことをしたい時間にやらせてあげたいと思うばかりです。

author:Muu, category:kazoku, 21:28
comments(0), trackbacks(0), - -
初詣

あけましておめでとうございます。

今年も、どうかよろしくお願いいたします。

 

新しい年の朝です。

母の思い出作りを妹と画策、少しだけ遠出の初詣となりました。瀬戸大橋をわたって岡山の神社へ向かいます。途中、与島のサービスエリアによって、瀬戸内海の新年の風をみんなで楽しみました。

setooohashisetooohashi2

ネットで調べた結果、最上神社が有名らしい、しかし混雑しそうです。2番目は吉備津神社でしたので、そちらに向かいました。

神社手前1KMあたりで渋滞、そんな中、古い蔵造を民家の間に見つけました。

kibitsu

神社では、手水前で行列、トイレで行列・・・さすがに母の手を離せないので、写真は撮れませんでしたが、記念になる元旦となりました。

 

author:Muu, category:, 20:11
comments(0), trackbacks(0), - -
御節

昨日は、お餅をつきました。

いつもは母がつきあがったお餅を取りわけて、私たちが成型していましたが、今年は「見ているだけにする」と母は言い張ります。

自分がやらなければ満足しなかった母、得意げに取り分けてくれたものですが、もうその気配はどこにもありませんので、とり分けは私がやりました。床の間用はうまく行きましたが、神棚用の重ね餅が大きすぎて、やり直し・・・失敗しながら、何とか完成しました。

 

さて、今日は御節です。

昨年は引越し準備で私達は帰省できず、娘が一人で実家に・・・そして私に代わって御節を作ってくれました。

今年もどう?と娘に持ちかけましたが、飾り系を娘が担当で一緒に〜となりました。

毎年、作るものはほぼ決まっていますが、その年の買い物具合や気分で味付けや表情がわずかに異なります。

osechi2017

さて、今年のお味はどうでしょう?紅白が始まる前に余裕で完成しました。

author:Muu, category:, 20:50
comments(0), trackbacks(0), - -
松飾り

今日から会社はお休みです。

菩提寺に家族で墓参後、最終便で四国に向かいます。

新居に高齢の母をよんで新年を迎えたいとずっと願っていましたが、無理のようです。

エイジングのスピードは、予測不可能で、残酷な現実を受け止めるしかありません。

toshikoshi

 

 

author:Muu, category:kazoku, 15:42
comments(0), trackbacks(0), - -
冬支度2017

我が家の建替え、引越し、実家に帰省などバタバタの連続で時間にも心にも余裕がんまいまま、木島には夏以来来ていませんでしたが、そろそろ・・・雪の季節です。

雪囲いや水道の冬準備が必要と、週末木島に向かいました。

DSCN1250DSCN1246

DSCN1253DSCN1238

うっすらの雪で作業は楽でした。今年は雪が多そうだと・・・近所の人の話です。

DSCN1243DSCN1255

ラッキョウは元気です。この後すぐに雪の下で冬を越します。頑張ってね〜とエール。

author:Muu, category:木島, 21:09
comments(0), trackbacks(0), - -
掛時計

新しい家に合う時計は何?

と探すとデザイナーズ掛時計がヒットしますが、MY空間に合うもの、機能も満足できるものとなると、ほとんどありません。

やりすぎのデザインはデザインとは思えません。

やっと見つけたのが、渡辺力さんの時計です。サイズは3種、文字盤のデザインは2種、の中から選びました。

居間と寝室はどちらも木のデイストなので、同じものを2個買いました。

位置はどこ?ここしかないでしょうか。

DSCN1023

時計は決まりましたが、温湿度計がみつかりません。

デジタルでないものは、文字盤が小さいのです。そしてデザインがほとんどなされていません。

少し大きめの温湿度計を今日ホームセンターの園芸コーナーで見つけましたが、温度が青、湿度が緑で色目が壁にあいません。

もう少し時間をかけてさがしましょう。

author:Muu, category:建築, 23:25
comments(0), trackbacks(0), - -
落花生の収穫

多難の今年の落花生。最初に播いた種は90%カラスに食べられて発芽せず、少し時期を過ぎて何箇所かのお店で買い集めた苗を植えつけ、夏は雨不足、逆に秋になって多雨と、本当にいつもと状況が違っていました。

畑の落花生は、しばらく前から地上部が枯れ初めていました。実は大丈夫かしら?と気になりながらも2週間経ちました。

さて、今日は堀上です。

DSCN1008DSCN1013

DSCN1019DSCN1015

DSCN1011DSCN1018

DSCN1017DSCN1021

例年より小ぶりですが、実はついていました。

しかし、秋の多雨のせいでしょうか?鞘の中ですでに発芽を始めているものが芽につきました。こんなのは初めてのことです。

自然には勝てませんね。

author:Muu, category:我孫子, 23:07
comments(0), trackbacks(0), - -
庭の秋

家の中の片付けもまだまだ継続中です。

やっと茶道具類の整理が終わり、書籍、布類・・・思うように進みません。「迷ったら捨てる」と決めていても、迷っている現状があります。まあ、あせらずに。。。。

そんな私の焦る様子を静かに見ている庭の花たちがいます。

どちらも小さな白い花

DSCN0992DSCN0997

丸葉の木(紅満作)の照葉が落ち、小さな花を見せ始めました。落葉の後に花を付けるのは珍しいですよね。

DSCN1005DSCN1000

季節の茶花はあっても、茶室がまだ片付きませんので花を入れることができません。

author:Muu, category:, 22:35
comments(0), trackbacks(0), - -
フィードサック

小さい頃から身近にパッチワークを感じていた娘、ことさらフィードサック裂が好きです。

フィードサックって何?でしょう。

アメリカで家畜用飼料を入れるために1880年代に考案された布製の袋です、それ以前には箱が用いられていました。 当初は無地の布袋でしたが、1930年頃販売促進のたきれいな、楽しい、面白い・・・模様をプリントした布袋に飼料や小麦粉を入れて売り始めました。 柄や色が素朴で、糸味もざっくりしたものです。

娘のベッドカバーを以前につくりかけていました。追加して完成してみよう〜とまたちくちく始めました。

フィードサックの楽しさも再確認しながらのことです。

patch1patch2

三角形のピースは全て、ビンテージのフィードサックです。

さすがにクッションとはサイズが違います。ちょっと完成してみよう〜の軽い気持ちでは続きません。今回はあきらめないで何とかしたいものです。

author:Muu, category:kazoku, 22:15
comments(0), trackbacks(0), - -
庭その後

週末は続いて雨模様です。土曜日の午前中何とか庭仕事ができました。

懸案になっていた隣家の窓に当たる部分に目隠し用の椿を2本植えつけました。あまり樹間を詰められないので、その間にすずらんの木を1本、右側につる性の仙人草を植えました。

椿を植えるために手水鉢一式を少し手前に移動しました。

椿は3本、左から「白侘助」「千羽鶴」右端が、花を開き始めた西王母です。

tyaniwasonogoDSCN0978

日当たりのよすぎる仮住まいのベランダで何とか夏を越してくれた伊吹ジョウロホトトギスも数輪花をつけてくれました。

仙人草の花が終わってできる実は風車のような面白い風情を見せます。仙人草という名前は、実の先端につく白い羽毛状を仙人のひげに見立てたことからだそうです。

jourohototogisuDSCN0982

これで、椿は全部で5本になりました。ここにいない子は樹高が1m弱の小さな子「黄の旋律」と「藤衣」でどちらも少し換わった色目です。狭い庭では、椿はもう限度かも知れません。

author:Muu, category:建築, 20:32
comments(1), trackbacks(0), - -