RSS | ATOM | SEARCH
大阪_中之島

淀屋橋を渡る川風は・・・と書きたいところですが、猛暑!無風!橋の上でマンション広告の団扇を配っていたので、思わずもらってしまいました。

IMG_2419

大阪市中央公会堂の地下会議室でミーティングがあり、中之島にやって来ました。

重要文化財である大阪府立中之島図書館、ネオ・バロック様式

IMG_2420IMG_2424

中央公会堂!あまり暑くて、有名な正面に回る元気がありませんでした。

こちらも重要文化財、確か辰野金吾の設計ですよね。

IMG_2425IMG_2427

IMG_2428IMG_2433
大正時代に作られた建物の中の空気は、少しちがっていました。

階段のささら鉄骨にぽつぽつと触れるリベットの山を手でそっとなでてみました。思わずリベットきれいね〜お疲れ様〜と小さな声。

内壁のレンガ積みもさすがに貫禄があります。歴史的建造物を建設当時のままに復元といった建物をいくつか見てきたそのレンガ達とはまるで異質、やはり時間が創るものは深みと味があり、目地1本1本に当時の左官職人さんの息使いが感じられます。古い手描きの更紗の線を見るのと同じ感覚でした。

天井を見上げると、梁の大半は垂直ハンチ付き、応力に応じて素直に梁成を決め、梁下端は心なしかR が付けられているように思いました。

こんな中でミーティングって、不思議な気がしました。B1の第4会議室は30 人くらい入れる部屋で、テーブルについて感じた背面の窓には物理的な壁厚と歴史的な厚みと暖かさがありました。

author:Muu, category:建築, 23:44
comments(0), trackbacks(0), - -
ARCHICAD22_断面形状(6)

ArchiCAD22 の属性マネージャから断面形状のXML をインポートするとエラーとなりうまく行かないと書きましたが、ここで訂正します。

先ず、ArchiCAD21 までは属性マネージャからのエクスポートに aat と XML の二つのファイル形式が選択できました。しかし、22からは aat のエクスポートはサポートされず、XML のみとなりました。

 

そしてArchiCAD 22 の属性マネージャから断面形状をエクスポートすると、XML ファイルと一緒に AddPars という名前のフォルダが同時に生成されます。このフォルダの中には、エクスポートする断面形状に使用されているマテリアルの属性がXML で書き出されます。

そのため、別の環境にあるARCHICAD22 にインポートするためには、XML と AddPars の両方が同じ階層にある必要がありました。

属性マネージャのインポート から ファイルを選択で下記の画面となります。

import1

XML を選択すると、下記の画面となりエラー表示は出ません。インポートはうまく行きます。

import1

前回までうまく行かなかった理由は、XML のそばに AddPars がなかったからエラーとなりました。

しかしながら、21まで慣れていた属性マネージャの画面が随分一新されたのには驚きます。

author:Muu, category:BIM, 23:20
comments(0), trackbacks(0), - -
今日も畑

とても蒸し暑いです。しかし、週に1度は畑に行かないと気が気ではありません。

トマトやナスは茎が曲がって修正がきかなくなります。キュウリは、葉っぱの病気が広がり、ほとんど丸坊主に近くなります。

草はもちろん伸び放題・・・

今日は、小松菜を間引きを兼ねて初収穫、かごいっぱいとれました。防虫ネットをかけていても、バッタ達がネットの中で試食中です。ピーマンと空心菜の葉には小さなカメムシが活動開始、急いで薬を散布しました。

今日の収穫 ↓

DSCN4527

たったこれだけの野菜を収穫するにも、本当に自然との闘いですね。

author:Muu, category:我孫子, 23:10
comments(0), trackbacks(0), - -
Premium BIM Friday Night 第2回 RUG Night

久しぶりに晴海のトリトン、オートデスク東京セミナールームです。

着くと、Graphisoft のイベント写真で最前列に写っていましたね〜と声がかかりました。あっ、はい。

今回のRUG NIGHT は構造中心です。

 

テーマ1:Autodesk Bucharest Office 訪問の報告(大成建設の大越さん)

 先ず、何故Bucharest なのか?→ REVIT の構造系の開発は、Bucharest 。

 開発に説明、要望した項目の概要を説明

 1)REVIT の解析線分の使い方

 一貫構造計算データとのREVITモデルの解析線分の整合性をどう担保するか?

  これができなければ、BIMモデルの構造電子申請は不可。構造確認申請用のモデリングとは。

  問題の例:Yオフセット、Zオフセット→物理モデルの芯と解析線分の芯のずれ

       端部、中央、端部が異断面場合、1本の梁で解析芯がずれる。

 

 2)配筋モデリングの手法

 現在REVIT で可能な、配筋モデリングでは

  フックの問題(たとえば、柱のフープを@100 で入れると自動的に同じ側一か所にフック固定となり、非現実的。

         これを避けるために @200 を2 種配置してフック位置をずらすとか、ちょっとばかな事を)

  定着長の手入力の問題(鉄筋径、コンクリート強度などデータがそろえば、L1、L2 と自動で長さが決まるはず)

  定着方向、かぶりの問題

  D10,13@200 など異径混在の配筋ができない

  壁開口で鉄筋が切れない問題、壁配筋の定着がない、など、など、など

 まだまだ、配筋モデルを作成するには、かなりの手間が必要→ 手間を減らし余計な作業を無くすべき。

 私の経験でも、壁の2段配筋ができないとか、柱のコーナー筋の位置ずらしとか、etc、、、とんでもない時間がかかります。 

 

3)鉄骨詳細モデリングの問題

 ブラケット式の梁は、日本固有の特殊事情。

 ダイヤフラムについても、図を描いて開発側に説明する。

 現在、端部+中央+端部を一つのファミリーで扱うこのやり方を変える方法は?

 

テーマ2:今後の構造BIMモデリングを考える(東畑建築事務所の山本さん)

 ・鉄骨モデリングの転機

 ・解析線分を中央断面解析線分のみに持たせる方法

 

参加者の中には、構造系でない方もいたようです。

 

author:Muu, category:BIM, 23:56
comments(0), trackbacks(0), - -
レーズンと胡桃のパン

今夜は、久しぶりにパンのネタです。

いつも、似たようなパンを焼いているのですが、今夜はちょっとリッチなパンにしてみました。胡桃はフライパンでローストして冷まします。ラムレーズンは、ラム酒をペーパーでふき取り下準備です。

DSCN4519 

 水 140g

 砂糖 25g

 卵  25g

 塩   3g

 胡桃 75g

 ラムレーズン    50g    

 無塩バター     25g

 ゴールデンヨット 250g 

DSCN4523DSCN4524

なかなかGOOD です。マイレシピーに追加。

author:Muu, category:, 23:57
comments(0), trackbacks(0), - -
ARCHICAD22_断面形状(5)

今日は、STB ファイルを読み込んで自動作成した構造モデルの鉄骨梁に耐火被覆を加える方法を書いてみます。

STB を読み込むと断面形状マネージャに各梁の断面形状が個別で自動生成されます。その名称は、STB鉄骨梁-H形鋼◇*▲*■*▼ となります。

モデルの中で耐火被覆の表示をON・OFF したい場合とON のみでよい場合の二通りあると思います。

 

ON・OFF したい場合

耐火被覆のみを梁の上にかぶせます。デフォルトの断面形状の塗りつぶしが鉄骨になっている所を空気層に変更して、断面形状を別名保存します。これを使用して、STB梁+耐火被覆のみで被覆梁を作ります。作業としては、鉄骨形状をもう一度入力することになります。耐火被覆のみ別レイヤーにしておけば、ON・OFFが可能になります。

空気層_耐火被覆STB梁の被覆

常にONでよい場合

梁の設定画面で、STB梁の断面形状を耐火被覆付形状変更の断面形状に置換します。鉄骨形状はここで入力する必要がありますがAC21までの作業のように、断面形状マネージャで1本ずつ耐火被覆付きの断面形状を作成するまでの手間にはなりません。

STB梁nomiSTB梁hihuku

どちらも手入力の部分は、ほとんど同じですが、耐火被覆のみの梁形状をもう一本配置する手間が違います。

author:Muu, category:BIM, 19:19
comments(0), trackbacks(0), - -
カサブランカ咲いた

途中で雨が降ってきたり、事故渋滞に巻き込まれたり・・・今日は畑に行かない方がいいのかしら?

少し不安な気持ちで畑に到着、出迎えてくれたのは真っ白なカサブランカ達でした。咲いたのね〜今年も。そして、車百合も一斉に咲きだしていました。

DSCN4499DSCN4492

蒸し暑く外気温はMAX 34℃ になりました。草を引きながら、ときどき冷房の効いた車の中で小休止。

日照不足のせいで野菜は育ちませんが、草だけはぐんぐん勢いが衰えません。

DSCN4497DSCN4494

春に咲いた西洋翁草がまた花を付けています。少し低温の日が続いたので春がまた来たと間違ったのでしょうか?

DSCN4505DSCN4508

収穫したのは、キュウリ、茄子、ピーマン、シシトウ、トマト、空心菜、ゴーヤです。ゴーヤはやっと1個目、今年は遅いですね。

author:Muu, category:我孫子, 01:44
comments(0), trackbacks(0), - -
カラスビシャク

帰宅すると、奈良の生駒から縦長の箱(天地無用と張り紙)が届いていました。

内容:植物とあります。さて、何でしょう?

中から丁寧に梱包された「カラスビシャク」が出て来ました。

DSCN4483DSCN4485

カラスビシャク(烏柄杓)の名は、花(仏炎苞)を柄杓に見立て、人が使うには小さいのでカラスの名を付けたことに由来するそうです。

花言葉は「心落ち着けて」

春先に茶花の苗をお送りした方からのお礼でした。

明日植木鉢に植えて、庭の仲間に入れてあげましょう。地植えすると何だか増えそうですから・・・

author:Muu, category:, 02:34
comments(0), trackbacks(0), - -
ARCHICAD22_断面形状(4)

ARCHICAD22 の新機能を使った断面形状のファイルをバージョンダウンしてAC21 形式に強制保存して、AC21 で開くとどのように形状が渡るでしょう?もちろんAC21 の断面形状にパラメータはありませんから、化けてしまって、まるで駄目?それでは試してみましょう。

先ずは、増し打ちのRC柱→カスタムの断面形状でBXDは、増し打ち分を含みます。しかしながら、躯体と増し打ちの境界線は生きています。

22の断面形状RC柱21の断面形状RC柱

次は、鉄骨梁→カスタムの断面形状で、形状はそのまま生きています。

22の断面形状S梁21の断面形状S梁

耐火被覆付きの角型鋼管はどうでしょう?→耐火被覆のマテリアルは欠落していますが、形状だけでなく断面形状名称まで引き継がれています。

22の断面形状S柱耐火被覆21の断面形状S柱耐火被覆

耐火被覆付きのH鋼は?→カスタムになりますが、形状は生きています。

22の断面形状S梁耐火被覆21の断面形状S梁耐火被覆

もっと化けてしまうか?梁や柱のプロパティが落ちてオブジェクトになってしまうか?と懸念しましたが形状はちゃんと再現されますね。

author:Muu, category:BIM, 01:10
comments(0), trackbacks(0), - -
ARCHICAD22_断面形状(3)

もう少し22 で新しくなった断面形状の話をしてみます。既に使われている人は、パスしてください。

昨日は、鉄骨について書きましたが、今日は、RCの柱と梁です。

ArchiCAD21 までは、RC の柱のしかも4 辺等厚のみ、柱の設定で増し打ちを入力することができました。22 では進化しています。

下図のように、等厚でなくてもOK です。しかも、柱の設定、2Dビュー、3Dビューどこからでも編集可能になりました。部材を選択して青い線の部分は可変部分となります。

柱の設定3

壁付きの柱で、壁と接する部分は増し打ちでない・・・こんな場合も OK です。増し打ちのオフセット距離にマイナス数値を入力可能です。これは、スラブ付きの梁でも同様に扱えます。

柱増し打ち2柱増し打ち

では、梁は?

ArchiCAD21 までは、増し打ちを梁の設定で入力する事はできませんでしたが、22からは下図のように上下左右に増し打ちのパラメータを持っています。柱同様、設定画面、2Dビュー、3Dビューどこからも編集できます。

梁の設定梁の増し打ち

まだ、試していない方はどうか試してみてください。

author:Muu, category:BIM, 00:16
comments(0), trackbacks(0), - -