RSS | ATOM | SEARCH
IllustratorCS3で・・・
自宅のパソには、CS3が体験版で入っていました。
もう、期限が切れている・・・UG版を手元に置きながら、放置していました。

何気なく、AIファイルをWクリックしてしまった、、、
体験版の期限が切れてるよ・・・シリアルを入力しないと、使わせないよ〜と画面が言います。
画面には、シリアル入力か、シリアルをオンラインストアーで買う選択肢しかないのです。

おやおや!! 変わったのね〜
CS2のときは、体験版を消さなければならなかったのに。
だから、こんなグチをここに書いていた。グチがADOBEに届いた?まさかね。
そこで、新しいUG版の箱をあけ、シリアルを入力、次の画面に行くと・・・
UG版だから、以前のシリアルを入れろと言ってくる。
そばにあった以前のシリアルを入れたらすんなりOK。
Ai_ninsyou
author:Muu, category:AutoCADとAdobe, 00:16
comments(0), trackbacks(0), - -
不安定なCS3
Illustrator CS3が6月22日に発売された。
発売と同時に求め、XPマシーンにインストールし、、、しばらくは実務として使うチャンスがなかった。
しかし、数日前より使い始めてびっくり、何だか驚くほど不安定。
バージョン7.0以来全てのバージョンを使ってきた中で、こんな事件は始めてです。

全て、アプリケーション エラー イベントID=1000(or 1001)で落ちる。
開くファイルに問題がある場合が多いが、今回のは違う。
Illustratorを起動して、、デュアルモニタの左で初期画面が開く、それをそのまま、右に移動しただけで、落ちる。
また、ファイルを開いて、あるパレットを開くだけで落ちる。
全て選択して、回転を掛けるだけで落ちる。
何でしょう?

毎度の事ながら・・・
環境設定ファイルを消去して、初期化するも効き目がない。
設定ファイルは、以下の場所

Documents and Settings¥<ユーザ名>¥Application Data¥Adobe¥Adobe Illustrator CS3 Settings¥AIPref

ADOBEのサイトでこのエラーについての対処法を見つけた。
ttp://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?231696+002
まだ、全てを試していない。
全てを試していたら、仕事が出来ません。
だって、イラレのみならずXPもインストールしなおせって・・・そんな、ちょっとひどくないですか?

以前Ver9.0が出たとき、結構エラーが続出しました。
しばらく修正ファイルを出し続けたADOBE社は、Ver9.02のCDを無償で正規ユーザーに配布しました。
この9.02はとても安定していました。
歴代VERの中で好きな部類に入ります。

このCS3も、はやく沈静することを望んでやみません。
author:Muu, category:AutoCADとAdobe, 23:33
comments(0), trackbacks(0), - -
PDF Makerがありません
EXCELのファイルを(Acrobat7.09で)PDFに変換しようとしたら、、、何故か先日まで出来ていたのに、「PDF MAKER がありません」と言って怒られた。
Windowsインストーラーで自動修復するも、何回やっても同じ。。。
あれっま!

よく見ると、EXCELやWORDのツールバーにあった、PDF MAKER の3個のアイコンが消えている。
本当に無い!何でしょう?
システムの復元で2/1に戻してみたが、変わらない。
まあ、これはうまく行ったためしがないけど・・・いや、今まで只1回だけあった。
もう、再インストールしかない?

いや、バージョン情報にこんなものがありました。
何かのアップデートで入ったんでしょうか?

「使用できないアイテム」 の中にAcrobat PDFMakerOfficeAddin が!
これを選択し、「有効にする」のボタンで、EXCELを再起動・・・
Acrobat20070227
Acrobat200702272EXCELの再起動後、パワポでも、ワードでも3個のアイコンが無事出現・・・汗!
いつもは、邪魔なアイコンだと思っていましたたが、なくなって冷や汗かくより、まあいいでしょう。




author:Muu, category:AutoCADとAdobe, 23:19
comments(0), trackbacks(0), - -
灯台下暗しPDF
RCポストテンション梁の納まりを3Dで書きました。
2Dでは、シース管(PC鋼線の入る管、今回は69Φ)の3Dカーブが描けませんし、アンカーヘッド(図中スパイラルが付いている部分)が邪魔する仕口の検討も不十分です。
特に緊張端で後施工梁がある場合、数ミリのXYZ値が重要になります。
図面で納まらないものは、現場ではもっと納まりません。
納まらなければ、設計元に断面変更要求を出します。

相手がDWGを開けないので、その要求の為に、PDFファイルを作ることになりました。
ペーパー空間に3個のVIEWがあり、全てUCSが違います。

2007なのでPDFコマンドは使えない。
印刷→ADOBE PDF
印刷のプログレスバーが8割位進んだあたりで、以下のようなエラーLOG

%%[ Error: undefined; OffendingCommand: setdistillerparams;
ErrorInfo: CalCMYKProfile U.S. Web Coated (SWOP) v2 ]%%
%%[ Flushing: rest of job (to end-of-file) will be ignored ]%%
カラープロファイルへのアクセスエラー : U.S. Web Coated (SWOP) v2
%%[ Warning: PostScript error. No PDF file produced. ] %%

キャプチャーしてイメージ→PDFも私的じゃないしノンスケもつらい。
あの高価なAcrobat3Dなら、きっとうまく行くのだろうと思いつつも
体験版を試すような時間はない。

そこでまた試行
印刷→Microsoft Office Document Image Writer(1)
簡単にうまく行く。画質も悪くないし時間も短い。バインディングもできる。
保存形式はMDIとTIF、両方試すもTIFは画質が劣化して見えた。
Acrobat7.09 pro で MDI→PDFも、これで作ったTIF→PDFもNG。
まあ、たいていのパソにはOFFICEが入っているからと、そのままMDIで
送ってみると、相手から開かないとクレーム。
OFFICEのバージョンを聞くと2000、こっちは2003・・やっぱりダメか。
これは、OFFICE 2003以上限定なのでしょうか。

今度はTIF→(I_VIEW32)→JPG→(Acrobat)→ PDF(2)
もう、画質も何もあったものではない。PDFにさえなれば。
これで解決?しかし何ファイルもやるのは面倒だ。

ふと、2007からAutoCADについたPDFを思い出した。
現在のAcrobatより3か4バージョン古いPDF形式だからと、今まで使わなかった。
しかし、AutoCADに付けるのだから、ひょっとしたらエンジンが違う?
印刷→DWG TO PDF.PC3 (3)
これで一発・・・・ふふふ悪くないぞ。
しかも、一番軽い。(1):(2):(3)=2:4:1
PG301_pdf
author:Muu, category:AutoCADとAdobe, 02:15
comments(2), trackbacks(0), - -
2007とPDF
2007のplottersにデフォルトで、dwg to PDF.pc3が入っています。
つまり
acrobatその他のPDF変換アプリを使わずにPDFファイルが作れます。
試してみました。
以下のように、作成されるPDFのバージョンは1.4・・・・つまり3世代前のacrobatと同じです。
0409dwg_to_PDF
変換精度は、そうです3世代前と同じです。
ver1.5から格段に精度があがったPDFのことですから、私はちょっと・・・・
でも、何もしないで簡単にPDFが作れるという意味ではいいのでしょう。
また、ver1.3あたりを使っているFREEのまたは安価なPDF変換ソフトと比べれば
それなりに意味があると思います。
バージョンが降下するほど精度は期待できませんからね。

以下は、Acrobatを使って変換したPDFファイルの文章情報です。
dwg to PDF.PC3で作ったPDFには、作成日時や変換エンジンの情報が表示されません。
このあたりも謎です。
0409pdf
author:Muu, category:AutoCADとAdobe, 21:21
comments(2), trackbacks(0), - -
Acrobat 3D
Adobe Acrobat 3D がリリースされるとメールが届きました。

だれとでも3Dモデルを共有、活用。PDFコミュニケーションのさらなる加速
Adobe® Acrobat® 3Dを使用すれば、主要な3D CADフォーマットのファイルを安全性と信頼性の高い高付加価値Adobe PDFに簡単に変換することが可能。これにより、設計・デザイン部門およびその他の部門間で複雑な設計コンセプトを共有することができ、より緊密かつ効率的なコラボレーションを実現できます。

とありますが。。。。お値段が何ともです。
Acrobat7.0proからのアップグレードでも7万。ちょっと試すのには無理そうです。
私の現場では、外部とのやり取りに頻繁にPDFを使います。
DWFを推奨したいのですが、なかなかうまく行きません。
さてさて、どうしたものでしょう。
author:Muu, category:AutoCADとAdobe, 00:19
comments(6), trackbacks(1), - -
文字検索
Acrobat のユーザーフォーラムで質問があったので、ここに書いておきます。
Q:AutoCAD2005で、acrobat7proを使用して,PDFMakerを使用して、PDF変換すると線の太さが太くなってしまう。またAutoCADのプリンターにPDFMakerを登録して、印刷でPDF変換すると、CADの線の太さが反映される。この場合PDFファイルの中の文字を検索出来ない。

A:PDFMakerを使って変換すると線幅が大きくなるという事ですが、
AutoCAD2005、winXPpro、Acrobat7で線幅の再現性チェックをして みた事がありますのでここに載せます。DWG形式は2000です。
2005なのでDWG形式は2004で試行なさっていると思い、同上のチェックを2004形式で先ほど確認致しましたが、多少の差異はあっても大きくは違いませんでした。
印刷経由では、線幅が再現されるという事は、
(色従属)印刷スタイルにて線幅を設定されていませんか?
もともとのDWG上で全ての線が最終幅を持っていますか? この辺りが気になります。

PDFMakerはAutoCAD上で動くARXなので、AutoCADプリンタとして追加できるのは、PDFMakerではなく、Adobe PDFだと思います。
両者は、PDF変換ソフトは同じDistiller7.0ですが、アプリケーションがPDFMaker7.0とPScript5.dll ver5.2 と違っています。
その為、出来上がるPDFファイルにも差があります。
文字検索できるのは、PDFMakerを使って変換したたマルチテキストのみです。
印刷経由では文字がテキストの属性を持たないオブジェクトになり、Tuch UPオブジェクトツールでしか選択できません。 その為文字検索できない状況です。
こんな答えを書きました。
author:Muu, category:AutoCADとAdobe, 21:43
comments(0), trackbacks(0), - -
イラレに嫌われるPLINE
イラレで開けないDWGをもう少し調べて見ました。(2000形式DWG→IllustratorCS2)
似たような3本のポリラインがあります。
どれも2個の円弧オブジェクトから出来ています。
真中のポリラインのみ、イラレでオープンできません。

前回、殆ど直線に近い円弧(DXFコード50=51)がNGでポリラインに変換するとOKでした。
今回のポリラインは試行の結果、ポリラインに含まれる要素(DXFコード42)膨らみの値でNGになるようです。
逆に、このポリラインを分解し、円弧オブジェクトとすると50≠51なので、オープンできます。
イラレで嫌われるポリラインの要素で「膨らみ」に注意!ということになります。
pline_NG0901
author:Muu, category:AutoCADとAdobe, 13:19
comments(0), trackbacks(0), - -
Acrobat/Adobe Readerアップデート情報
ADOBE社のサポートデータベースに以下のアップデートが出ました。
Acrobat 6〜6.03 → 6.04
Acrobat 7〜7.02 → 7.03
Adobe Reader 5.1, 6〜6.03, 7〜7.02 → 7.03 
author:Muu, category:AutoCADとAdobe, 11:37
comments(0), trackbacks(0), - -
目から円弧
イラレで再現できないdwgの円弧の実態がわかりました。
これは昨日アップしたお団子の中の1本の円弧のエンティティーです。
コマンド: (mapcar 'print (entget (car (entsel))))(princ)
オブジェクトを選択:
(-1 . <図形名: 400ae630>)
(0 . "ARC")
(330 . <図形名: 400bbcf8>)
(5 . "12D06")
(100 . "AcDbEntity")
(67 . 0)
(410 . "Model")
(8 . "hoge")
(100 . "AcDbCircle")
(10 -3.03559e+006 1.01255e+006 0.0)
(40 . 3.20006e+006)
(210 0.0 0.0 1.0)
(100 . "AcDbArc")
(50 . 5.96128)
(51 . 5.96128)

50番(始点角度)と51番(終点角度)が等価です。つまり殆ど直線のオブジェクトです。
これが、歴代バージョンのイラレでひっかかっていたんですね。
バージョン毎にアラートの出方や所作が違っていましたが、1個でもこのオブジェクトがあるとダメのようです。イラレに渡す前に、lispでフィルター処理しポリラインに変更することで解決。
この処理で、ver9.02、10.03、CS、CS2でオープン可を確認しました。

CS2でもうまくコンバート出来ないDWGファイルに、円弧を含まないものもあります。
なので、これは嫌われる要素の一部という事です。
それでも、今までずっと複雑な要素ばかりを疑っていましたので、目から鱗が落ちる思いでした。

author:Muu, category:AutoCADとAdobe, 19:41
comments(0), trackbacks(0), - -