RSS | ATOM | SEARCH
メモリ不足エラー
作業所に行っている人から相談の電話がありました。
AutoCAD 2012 に最近アップデートしたところ、「メモリ不足エラー」で頻繁にハングするというのです。
2008 のときは、普通に開けていた7MB くらいのDWG ファイルだし、Revit も使っているマシンだからスペックが足りないとは思わないというのです。
ひょっとして、「3Gスイッチ?」かも、と以下の オートデスクのテクニカル Q&A のリンクをメールで送りました。
AutoCAD 使用時のメモリ不足のメッセージについて
しばらくして、返信があり無事解決したと。そして、こんな所にQ&A があった事を知るチャンスだったとも。今度は自分で検索してね〜
author:Muu, category:AutoCAD, 23:13
comments(0), trackbacks(0), - -
お疲れ様マウス
最近、AutoCAD を操作していて、選択の場面でとてもおかしい現象が起きていました。ビューポート枠をリサイズしようと矩形のビューポートの一角のポイントを選択すると、グルグルのドーナツが出てきて、すぐにビューポート内がアクティブになってしまい、また戻らなければならないとか、文字を移動しようと選択したとたんに文字編集になってしまったり、、、、困ったことばかり。しかたがないのでビューポートの枠サイズを変更するのにSelect コマンドを使う始末です。AutoCAD 以外でも何か変と思うことはありましたが、顕著なのはAutoCAD でした。Option コマンドでマウスに関連する設定も確認しましたが、怪しいものはありません。
今日は、Windows 上のマウスの設定が変なのでは?と見てみましたが、異常なし。
マウスの設定
最後にひょっとしてマウスのせい?と・・・未使用のマウスに付け替えてみました。ピンポンでした。どうしてもっと早く気が付かなかったのでしょう?会社で用意されたマウスが使いにくかったので許可をもらって自前の5 ボタンマウスを会社に持ち込んで、もう10 年毎日使い続けていました。
IMG_0619
本当に長い間お疲れ様でした。怪しい現象の原因がわかって、ほっとしました。選択機能は、はずせませんものね。
author:Muu, category:AutoCAD, 23:44
comments(0), trackbacks(0), - -
AutoCAD で体積
遠方の作業所に行っている人から、夜携帯に連絡がはいりました。遅くまで頑張っている様子でした。
何か困ったら、いつでも電話してね〜と言って送り出した人・・・早速、何かしら?
AutoCAD で3D ソリッドの体積が出せるか?できれば、立米で出したいという質問でした。会社にいたときは、2D ばかりやっていたものね。
201507017massprop
massprop コマンドで体積が得られます。おそらくミリメートル単位になっているはずだから、立米にするには得られた体積を1/1000000000 倍しなければなりません。
体積をコピペして、CAL コマンドに貼り付け、1000000000 で割ればOK です。
一杯あるようだったら、体積をそのままエクセルに吐き出して、関数つけた方がいいかもしれませんね。
author:Muu, category:AutoCAD, 03:52
comments(0), trackbacks(0), - -
開けないDWG(続)
先日の続きです。・・・まだ、解決していません。
ずっとこれと格闘しているわけではありませんが、思い出したようにいろいろ試しています。
先ず、最初にもらったDWG(6枚の外部参照付き:2枚がオーバーレイ、4枚がアタッチ)は、問題なくAutoCAD2011 で開きます。
修正して戻ってきたDWG(外部参照は同じ)は、AutoCAD2012 以降では開き、2011 以前のバージョンでは開きません。

両者の外部参照の更新日を比較してみました。
1枚だけ、更新されていましたので、修正したDWG の外部参照のパスを最初のファイルの更新されていない参照ファイルに置き換えてみました。ひらくかな?・・・・2012 で開くかに見え、途中でハングしてしまいました。

それでは、最初のファイルの外部参照以外のオブジェクトを全て削除し、修正後の外部参照以外のオブジェクトをコピペしたらどうなるでしょう?
2011 では、コピペも何も開きませんから2012 で作業するしかありません。
修正後のDWG ファイルの外部参照以外のオブジェクトをWBLOCK で書き出します。そして、最初のファイルにこのWBLOCK を全てコピペしてみました。

2011 でモデル空間は開きました。4 枚あるレイアウトを開こうとするとハングしたかに見えます。時間をかけて放置するとレイアウトが正常に表示されました。こうやって3時間ほど・・・4枚のレイアウト全てが開きました。
しかし、動きが正常ではありません。
修復をかけてから2004 形式で保存・・・2012 では何もなかったように開きますが、2011 ではやはりさっきと同じ・・・こんな400kB 足らずのファイルを開くたびに3 時間もかかるのではだめですよね。しかも、私のPC スペックより絶対に低い環境に渡されます。
結局、まだ解決には至りません。2012 で何かかわったのでしょうか?
author:Muu, category:AutoCAD, 00:26
comments(0), trackbacks(0), - -
開けないDWG
6枚の外部参照を持つ2D のAutoCAD ファイル(2007 形式のDWG)があります。380kBくらいの小さいファイルです。
AutoCAD 2012 以降のバージョンでは、問題なく開けますが、2011 以前(試したのは、2011と2008)のバージョンのAutoCAD で開けません。外注に出した図面なのですが、外注先は恐らく2012 以降のバージョンで作業した様子で、開けないことにも気が付いていませんでした。

2012 で
・外部参照ファイルも含めて修復
・パージ
・WBLOCK の書き出し
・バインド
どれを試しても、2011 以前のバージョンで開けません。
個々の外部参照のファイルは開けますが、本体を開こうとすると・・・外部参照のファイルを読み込んでいるステータスの途中でハングします。
2011 で修復をかけると、6000 余りのオブジェクトの内、一つだけ要修復があって、修復済みになりますが、修復を完了してファイルを開く画面に至りません。
理由がわからない。
外注に出す前の基図は問題なく開けるのです。
どんなおまじないが掛かっているのでしょう?そして、それを解くのはどうすればいいのでしょう?
author:Muu, category:AutoCAD, 22:29
comments(0), trackbacks(0), - -
2D
今日は、急ぎの助っ人で久しぶりに2Dの仕事です。設計の竣工図の修正・・・資料がない、時間がないのないない尽くしです。
純粋にAutoCAD の2Dは、本当に久しぶり・・・外部参照使い放題の図面は、その構成を理解するのに少々時間がかかりました。
最近は、RevitやArchiCADから吐き出された2DのDWGが含まれるようになり、画層の整理だけでも煩雑です。
3Dだけ触っていると、後々そんな作業が発生することを忘れてしまっています。もう少し3Dが進化して、このようなプロセスがなくなる事を願いたくなります。

続けて選択・・・やっぱり、shift を押してしまう・・・
画層管理を出すのに・・・LA と打たずにCtrl+L・・・
移動・・・M と打たずに Ctrl+D・・・
やっぱり、一番ArchiCAD に漬かっているようですね。
author:Muu, category:AutoCAD, 00:04
comments(2), trackbacks(0), - -
3D面
たまには、AutoCAD
3Dで作成したオブジェクトから派生した図面を受け取る機会が増えたのでしょうか。
「3D面」とプロパティに表示される矩形の実線を破線に変更したいのですが、出来ないんです・・・今日は、2Dグループの人からこんな相談がありました。
メッシュかポリメッシュを分解して作られたものでしょうか?実際にZ値を持ったもの、持っていないものが混在していました。
クイック選択で「3D面」を全て選択して、「flatten」コマンドで一発よ。
英語表示で陰線を削除するかどうか聞かれるから、YES/NOで、ポリライン/線分に変換する選択肢が選べると。
そんな、簡単にできちゃうんですか?
今までどうしてたの?
3D面をなぞって破線で矩形を書いて、3D面のオブジェクトを消していました、一つずつ。
せっかく、Express tool が入っているのに・・・ご苦労様でした。
author:Muu, category:AutoCAD, 18:55
comments(0), trackbacks(0), - -
Archiにロフトがない
ArchiCAD ネタ? AutoCAD ネタ?
ArchiCAD でモデリングしている3階建ての建物の外壁が妙に変な格好をしているPCAです。最初は、Archi のモルフで作ろうとしていましたが、どうもスマートでないのです。というかうまく行きません。
ArchiCAD にロフトのツールがありません。やっぱり、AutoCAD だわ・・・と決断。
AutoCAD のロフトを使えば、1,2分で3層分つながった壁モデルが出来ました。高さ方向の継ぎ目20mmのクリアランスは、ブーリアン演算の差で・・・Archi のブーリアンよりAuto の方がやはり使いやすいとちょっぴり懐かしさを感じる一瞬でした。この DWG をArchiCAD に取り込んで結合、GDLオブジェクトにします。3層分の壁をグループにして配列複写・・・あっという間に外壁配置完了です。
仲間に、「できたよ〜」と言うと、「モルフですか」と聞かれ、「いえ、AutoCAD です」と答えると・・・なんだか不満そうな様子。どうして、AutoCADで3Dを作ると不満なのでしょうね。
author:Muu, category:AutoCAD, 23:21
comments(0), trackbacks(0), - -
モデル空間ビューポート
作業所に行った人から質問の電話がありました。
モデル空間に3つのビューポートを切って作業をしている場合、一つのビューポートから別のビューポートに移動したときビューポートに入った途端に表示スケールが変ってしまうものとそうでないものがある・・・何が関係しているのか?
レイアウトのビューポートだと容易にわかりますが、モデルでこんな挙動するのでしょうか?答えられませんでした。

ファイル内のシステム変数を全部書き出すことが出来るかと聞くので、その方法(setvar '?') と二つのテキストファイルの相違を簡単に見つける手段としてワードの履歴を利用する方法を教えました。
何しろ、普通のファイルで300個くらいのシステム変数を持っていますから。力技で比較するのは時間の無駄です。
どうやら挙動の違う2種のDWG ファイルのシステム変数を調べてみるようです。しかし、その後連絡はありません。
どうなったのでしょう?
author:Muu, category:AutoCAD, 23:47
comments(0), trackbacks(0), - -
寸法値のカンマ
最近は、2DのAutoCADをほとんど触っていません。
本当に久しぶりに、修正のお手伝い・・・
よそから来た図面の寸法値にカンマがありません。7200を7,200と表示させたいのですが、あれ設定は何処だったかしら?
まさか
 測定値:7200
 上書寸法:7,200
とするのは、とてもはずかしいし、なにより時間がかかって仕方がありません。

設定の変更は、DIMSTYLE コマンドだということは解ります。
基本単位 ⇒ 単位形式 これしかないですよね
「十進表記」になっています。
これを、「Windows デスクトップ」に変更すればいいというのに気が付くのに少し時間がかかりました。
笑ってしまうかもしれませんが、しばらく使っていないとこんなものですね。
author:Muu, category:AutoCAD, 23:22
comments(0), trackbacks(0), - -