RSS | ATOM | SEARCH
在宅ワーク

週4日、残業無から週4日在宅+1日出勤に変更になりました。

やっぱり、普段見られない昼間の庭が気になります。今頃は次次に変化しますから、本当は楽しみなのですね。

 

立浪草は、何種類かありますが、ピンク系が最初に咲き始めます。これは、もともと1種だったのが、白花と交配して薄桃が生まれたような気がしています。とにかく種を飛ばし、いろんな所に発芽して増えます。増えすぎると思って粗末に扱うとすっかり消えてしまう気まぐれな草です。紫と白は今まだ蕾で、もうすぐ咲きそうです。花色の違う種をそばに植えておくと、きまって白ばかりになってしまいます。育てるときは、必ず離して植えましょう。そんなわけで我が家の立浪草もあっちこっちに鉢があります。

DSCN7152DSCN7149

苔の中にも草がちらほら出てきました。ピンセットで草引きをしますが、なかなか追いつきません。二人静が静かに花をのぞかせています。

DSCN7142DSCN7146

DSCN7173DSCN7158

忘れていた宿根草が芽を出し、花をつけてくれると嬉しいですね・・・「忘れていてごめんなさい」と声を掛けます。

DSCN7170DSCN7169

 

author:Muu, category:, 12:36
comments(0), -, - -
ふたつの山吹

うちの庭にはふたつの山吹が咲き始めました。毎年この花を見て、わが庭の春を再認識するような気がします。

白山吹(バラ科、シロヤマブキ属)と山吹草(ケシ科、クサノウオ属)

白山吹は、倉敷に住む昔のCAD仲間が実生を送ってくれたもの、大きくなりましたよ〜

DSCN7084DSCN7089

土佐水木は花弁を落とした後、ちょっとおもしろい実ができています。地面近くでは紫のキラン草がいつの間にか咲き始めています。これは、日陰でも十分育つので、日当たりの悪い場所の下草としてありがたい草です。

DSCN7098DSCN7104

フェンスにかけた鉢からは、私もいますよ〜と声が聞こえるようです。

DSCN7105DSCN7112

毎年植えっぱなしのシクラメンは、今頃満開になります。このシクラメンはもう10年以上前のお茶会のくじ引きでもらったものです。目立たぬほど少しずつ少しずつ毎年株を大きくして、やっとこのサイズになりました。年末に花やさんの店頭に並ぶ豪華なシクラメンと少しちがった感じですね。

author:Muu, category:, 11:17
comments(0), -, - -
雪の庭

昨日の暖かさとうってかえって、今朝から雪が降っています。

茶花たちの鉢の上にもこんもりと雪がのっかりました。

DSCN6951DSCN6953

DSCN6957DSCN6962

緑と白の中で、一つだけ色が見えるのは原種のシクラメン・・・もうそろそろ花が終わりそうです。

DSCN6958DSCN6961

 

author:Muu, category:, 15:32
comments(0), -, - -
アマリリス

暮れの園芸店の福袋にはいっていた「アマリリス」が咲きました。

それほど光の量が豊かでない室内で本当に咲くのかどうか心配でした。でも、咲くんですね。さすがに葉は、色も厚みも薄いです。

IMG_0277

花が終わったら、畑に植え付けておけばいいのでしょうね?

author:Muu, category:, 22:03
comments(0), -, - -
庭先の春

今日は雨、茶庭の苔にも小さな草が少しばかり芽生えて来ました。指先をピンセットにする感覚で、1本ずつ引きました。数種の苔はそれぞれに何とか緑を増しています。

さて、土佐水木の黄色が目に留まりました。その足元では、春蘭やショウジョウバカマがこっそり春を告げてくれます。

IMG_0251IMG_0257

IMG_0253IMG_0254

椿たちも・・・まだまだ。俳句では春の季語なんですよね。山茶花は冬の季語ですが。

IMG_0261IMG_0259

author:Muu, category:, 16:20
comments(0), -, - -
春の白花

黄連の2種が花をつけました。

IMG_0240バイカオウレンIMG_0235

今年は少し早いですね。

梅花一華(アネモネ・シルベストリス)もこっそり開花。どれも小さな見過ごされそうな花達ですが、春が来た!感いっぱいです。

IMG_0236

 

author:Muu, category:, 22:44
comments(0), -, - -
今日の庭

先日は、最低気温がマイナスになる日がありました。さすがに越冬しそうだった去年の夏のインパチェンスは、凍って枯れてしまいました。ビニールを掛けるなど養生すれば、違ったのかもしれませんが、そのままでどうなるのか知りたかったこともあります。

気温のアップ&ダウンが激しい昨今の中で、椿たちはやはり寒さの中で安定しています。スノードロップもビニールポット(ごめんなさい、ちゃんと植え付けてなくて)の中で花を開きそうです。

DSCN6890[1]DSCN6899[1]

DSCN6916[1]DSCN6895[1]

そろそろ我が家のクリスマスローズがにぎやかになるころです。

DSCN6903[1]DSCN6909[1]

DSCN6911[1]」DSCN6897[1]

 

author:Muu, category:, 13:23
comments(0), -, - -
庭の椿

服部緑地の椿の画像はまだ整理が続いています。

今日は、我が家の庭から・・・苔は一応一面埋まりました。3種の苔のうち、どれが我が家の環境にあっているか?これから春、夏と実験です。原種のシクラメンもひっそり蕾をつけはじめています。

kokeDSCN6841[1]

さて、椿。千羽鶴が咲き始めました。とき色のやさしさにほっとします。

DSCN6808[1]DSCN6805[1]

白侘助はそろそろ終わりに近づき、かわりに小さな胡蝶侘助が咲き始めました。

」DSCN6812[1]DSCN6824[1]

どちらも真ん丸のつぼみ。月の窓と玉霞。

DSCN6817[1]DSCN6825[1]

 

author:Muu, category:, 22:43
comments(0), -, - -
服部緑地の椿(5)

服部緑地の椿、その5です。

知多の誉バイカニシキ

大虹緋蓮華

カクレイソシボリハツアラシ

レイガンジシロヤブ柊葉椿

author:Muu, category:, 22:32
comments(0), -, - -
服部緑地の椿(4)

服部緑地の椿、その4です。

白八朔片山宗旦

スルスミダイニチノアケボノ

ユメマクラハヤザキボクハン

アヤオリヒメ不老庵

author:Muu, category:, 01:25
comments(0), -, - -