RSS | ATOM | SEARCH
東博「茶の湯」展

6月4日で終わってしまいますね。

やはり混雑は続いていましたが、閉館の5時まで居て・・・思いのほかちゃんと見ることができました。松屋肩衝、長次郎の茶碗5点などなど頭の中で茶道具が今でも回っています。本展の方は、カメラ禁止ですから・・・

170601touhaku2170601touhaku3

170601touhaku4170601touhaku1

私にとって感激だったのは、尻膨棗にかかっていた利休間道の仕覆に会えたことでした。利休間道の繊細さ、色、そして露のつがりの細さ、これは忘れられません。

author:Muu, category:建築, 23:41
comments(0), trackbacks(0), - -
工事の進捗(5)

今日は現場で、打合せ・・・家族3人で出かけました。

内装関係などまだまだ決まっていないものがいっぱいあります。施工の手順で決めなければならない順に決定する感じです。工事が止まるのは困りますが、ぎりぎりまで悩んでいいんですよ〜といってくれて、安心です。

170527house1

天井は屋根なりに勾配天井になりますから、高い方(左画像)はCHが4000を越します。逆に北側斜線が引っかかるところ(右画像)は、CH=1650です。外から入る風は高い方から低いほうに流れてゆくのを感じることができました。

170527house2170527house3

低いほうは、もっと圧迫感があるように想像していましたが、実際には勾配があるためそれほど感じませんでした。

 

author:Muu, category:建築, 22:27
comments(0), trackbacks(0), - -
工事の進捗(4)上棟

今日は、予定通り上棟の日。

夕方現場に来るように言われて、娘も私も午後半休をとり、お米とお塩を持って現場に向かいました。

他の現場の大工さんたちも加勢、足場が架設され、一気に屋根下地まで張上げられて、建物のボリュームが見えて来ました。

170517_jouto1170517_jouto3

四方固めの儀:四隅の角柱脚にお酒(棟梁)、お米(私)、お塩(娘)を撒きます?そなえる?、工事の無事を祈ります。

四隅のどこからスタートするか?東の角:「い」の「一」番からでした。

昔の家の図面は板に墨で書いていました。柱はXYそれぞれの通りの交点です。縦の通りは「いろはに・・・」横は「一二三・・・」で示されていましたから、「い」の「一」が最初の角柱というわけです。このように、いの一番の語源を棟梁から教わりました。

170517_jouto2170517_jouto4

 

 

author:Muu, category:建築, 22:20
comments(0), trackbacks(0), - -
工事の進捗(3)

上棟が近づいてきました。今日は、1階部分の主要構造が立上り、足場の架設中でした。

170517_1170517_2

玄関先は、大きな相持ちの片持梁、梁背が400のLVL集成材です。居間の吹き抜けの露出梁と集成材の重ね方向が違います。梁幅方向に積層したLVLのほうが大きな曲げに有効なのですね。

奥では、長いSUSの道具を使って筋交いのゆがみを調整していました。木造の現場って、知らないことだらけです。

author:Muu, category:建築, 19:13
comments(0), trackbacks(0), - -
工事の進捗(2)

雨の中、現場に行ってみました。

170513_3

基礎工事が終わって、土台シートに包まれて出番を待っていました。玄関部分のみ鋼製型枠が残っていますが、基礎はすでにそれぞれの部屋をイメージするに十分です。

驚いたことに、現場は整理されとてもきれいです。現場監督さんの性格が想像できます。最後の画像青のボルトは柱脚部のホールダウン金物固定用、その横は土台の木材を固定するアンカーボルトです。

author:Muu, category:建築, 18:31
comments(0), trackbacks(0), - -
工事の進捗(1)

20170422

地盤の補強が終り、やりかた、根切

170429sincyoku1

20170429

基礎スラブのコン打ち終了、梁の鋼製型枠、一部配筋済み

170429sincyoku2

地盤に傾斜があるので、1FLはGL+500です。実際に、基礎梁の型枠を見ると、今までの家よりかなり高い感じです。

author:Muu, category:建築, 23:24
comments(0), trackbacks(0), - -
奈良散歩

古きもの

南都銀行の外、エンタシスの柱に刻まれた動物は羊でした。

170422nantobank2170422nantobank3

170422nantobank1170422narastation

JR奈良駅は新しいビルの中、横に旧駅舎の一部(主棟)がインフォメーションセンターとして存在していました。

170422nandaimon2170422nandaimon

世界遺産東大寺南大門を見上げます。多くの遺構が修復され美しくなっていますが、歴史の風雪に耐えて来たこれもあり。

左右にある国宝金剛力士像(阿吽)、左の画像は右側の阿行像、快慶作と伝わっていますが、あくまで「伝」です。高さは8.4M、檜の寄木で鎌倉時代の作です。奈良に来た実感をもらいました。

 

author:Muu, category:建築, 10:31
comments(0), trackbacks(0), - -
地鎮祭

やっと、地鎮祭の運びとなりました。

工務店の関係者、友人や従姉など10名が参加して、玉串を神様にささげました。無事、工事が進行しますように。

170416jichinsai1170416jichinsai2

敷地には地縄が張られ、建物と敷地の関係をあらためて確認しました。地縄の間には、地盤改良の杭芯位置がおさえられています。全部で80本前後、表層の地盤がやや弱いので仕方がないですね。

いよいよ明日から、工事開始です。

author:Muu, category:建築, 21:34
comments(0), trackbacks(0), - -
確認申請

実施設計の詰に時間が掛かってしまいました我が家の確認申請がおりました。

kakunin

4号建築物ではありますが、住宅性能評価で長期優良住宅の認定を受けるために構造計算も行いました。

4月16日が地鎮祭、17日着工、先ずは地盤改良からです。

「やっと、ここまで来た」の感いっぱいです。

 

author:Muu, category:建築, 22:07
comments(1), trackbacks(0), - -
Sanwa Company

1ケ月近くブログを更新していませんでしたら、心配くださった読者の方何人かからメールを頂戴しました。

ええ、元気です。ただただ、仕事が忙しくて・・・先月は、入社以来MAXの残業時間記録を作ってしまいました。

今週末は久しぶりに土日続けて休めます。

思い立って、決まりきっていない洗面化粧台とタイルを探す目的で、家族で南青山のSanwa Company のショールームに行って来ました。

PANA、TOTO、クリナップ、タカラと以前にまわりましたが、Sanwa はテイストとコンセプトが一味二味違っていました。

sanwaC1sanwaC3

sanwaC4sanwaC2

sanwaC5sanwaC6

陶器製の洗面ボールとその容量にこだわっていた私は、TOTOの商品で決めようとしていましたが、スタイルに不満を持っていました。ナイスナことにSanwaにもカウンターが大理石でボールが陶器のものがラインアップされていましたので、即、決定。娘の方は陶器にこだわりが無く、人工大理石の一体型カウンターで決定、タイルもほぼ決めて、実サンプルを数枚もらってきました。

この会社の商品だけは、工務店から入れても個人で買っても値引きは一切ありませんので、予算は明快です。

全部支給にさせてもらおうかしら?

author:Muu, category:建築, 22:16
comments(0), trackbacks(0), - -