RSS | ATOM | SEARCH
冬支度の後12時間
明日は休日出勤なので、早めに東京に戻りたい・・・朝起きてすぐ、小屋の雪囲いをしました。もう何年も使った構造用合板はそろそろ取り替える時期かもしれません。この冬は頑張ってね〜
20151122kijima420151122kijima1
11時に小屋を出ました。
上信越道豊田飯山ICに入ったときは、渋滞情報もなく3時には自宅に到着予定とナビが教えてくれました。しかし、まもなくして佐久IC〜松井田妙義IC通行止めの表示・・・佐久ICの出口は、大変な混雑で時速4km程度のスピードに落ちました。その後、18号の碓氷バイパスを35Km先の松井田妙義ICまで向うのですが、ずっと時速4km程度・・・計算すると高速に入るまでに8時間もかかります。今日中に帰れそうにありません。しかし、迂回路もなくのろのろと車を進めました。5時を過ぎたころ、通行止め解除の掲示が出ました。Uターンを考えたものの、Uターン禁止の道が続きます。また、のろのろが続きます。行くか戻るかの思案の中、ちょうどよい場所があり、Uターンを決行、4時間半かけて来た道をそのまま佐久ICまで戻りました。やっと上信越道にはいった時は安堵そのものでした。途中、ヘリ墜落現場付近の碓氷軽井沢〜横川SAまでは、またのろのろでしたが、それでも到着時間がやっと読めるようになりました。自宅に帰りついた時(23:20)はもうヘトヘトでした。木島の小屋を出てから所要12時間強、高速を使って平均時速20Kmで帰って来たことになります。今までの最長記録となりました。
author:Muu, category:木島, 23:59
comments(0), trackbacks(0), - -
晩秋
冬支度のために久しぶりの木島です。夜の外気温は5℃・・・小屋の周りはすっかり、晩秋です。
20151122kijima820151122kijima5
20151122kijima620151122kijima2
20151122kijima320151122kijima7
次に来るときはもう、一面真っ白です。
author:Muu, category:木島, 23:05
comments(0), trackbacks(0), - -
秋風景
シルバーウィークは、晴天にめぐまれ、行楽地はどこも混雑しているようですね。
木島の小屋の近くのお蕎麦やさんは2時近くになっても人が一杯、曲馬温泉近くの「さんぐう」もすぐに売り切れ、曲馬温泉のお蕎麦も、限定オーダー・・・お蕎麦を食べるにも車でうろうろ回って結局、ラーメン屋さんにはいりました。
2015090621kijima52015090621kijima6
2015090621kijima12015090621kijima2
2015090621kijima32015090621kijima4
木島の秋は静かで、小屋に居て耳にする音といえば、胡桃の実が屋根に落ちて響くものだけです。
コスモスや蕎麦が一面に花を付け青い空と会話しながら風に揺らいでいました。
author:Muu, category:木島, 14:41
comments(0), trackbacks(0), - -
収穫
GWに8本の苗を植えたカボチャ・・・どうなったでしょう?8本も植えたら出来すぎてこまるんじゃないかしら?そんな心配は無用でした。今年の雨と猛暑・・・いつもと違います。実ったカボチャは硬くなって割れてしまったものが大半、収穫したのは5個でした。しかも、その内の2個が交通事故・・・うちの車で敷いてしまったので、結果3個の収穫となりました。
20150812kijima120150812kijima2
じゃがいもは、草の山の中でもそこそこ育ってくれました。種芋は確か3kgだったと思います。全部堀上・・・さあ、こんなに沢山どうしましょ?
20150812kijima3
お盆休みには、恒例となった「梅干干し」・・・晴天にはならず、干しきらないうちに東京に戻ってきました。東京では、カラスに注意して干さなければなりません。ええ、何でも食べちゃいますから。
author:Muu, category:木島, 23:40
comments(0), trackbacks(0), - -
梅雨空
GW に南瓜とジャガイモを植えました。南瓜はビニールで寒さよけをしたまま・・・こんなに暖かくいえ暑くなって根元が腐っているかもしれない・・・そんな心配の中、木島に向いました。
南瓜はビニールの上から四方八方に広がり、ちゃんと実をつけはじめていました。
梅雨空の下、ジャガイモも花を付けて旺盛に葉茎を繁らせていました。どちらも、本芽3本を残して芽かきをしなければならないのですが、遅くなってしまいました。花を付け大きく育った芽(茎)を欠くのは勇気が必要ですね。
それでも雨の中、これだけはと作業・・・少し、すっきり安堵です。
20150621kijima620150621kijima5
日向ではトラノオが一面に花を見せ、木陰では二人静が盛りでした。どちらも沢山摘んで帰りにお茶の先生に届けました。
20150621kijima320150621kijima1
桑の実が赤から黒に変ろうとして、口にするとほんのり甘い・・・熟した実だけ持ち帰りました。ジャムにする程はないので、ヨーグルトで頂きましょうか。
20150621kijima220150621kijima4
今回の目的のひとつは山椒の実の収穫でした。ちょうどよく・・・沢山収穫、冷凍保存してまた一年少しずつ頂きます。
author:Muu, category:木島, 20:06
comments(0), trackbacks(0), - -
GW最終日
昨夜はテレビで高速道路の混雑状況を見ながら、何時小屋を出発するか?悩みました。
せっかく来たので、もう少し草引きもしたいし、でも渋滞に合うのは辛い。知足で行きましょう。とにかく畑の植え付け作業は出来たのだから、それで満足して早々に東京に戻ることにして、朝小屋の周りをめぐりました。
木陰では、山芍薬がちょうど開花、クリスマスローズも相変わらず元気にのびのび育って花を付けています。碇草も花を見せ始めていました。
20150506kijima320150506kijima4
20150506kijima620150506kijima1
日向では、スミレと芝桜・・・芝はまだ芽を吹いていません。
20150506kijima520150506kijima2
芝が芽を吹き、草が闘争心を燃やし始めるのも時間の問題です。
東京では味わえない澄み渡った緑の世界に数日居るだけで穏やかな気持になれるのは不思議です。
午前9時に高速に入り、渋滞もなく東京に戻って来ました。
author:Muu, category:木島, 16:11
comments(0), trackbacks(0), - -
春の農作業
 昨年クリスマスのスキー以来の木島です。
小屋の外壁には、まだ、雪よけ用の構造用合板が取り付けられたまま、先ずこの板を外して、小屋は冬から春に変ります。
GW恒例の農作業を始めますが、雪で畑の畝がすっかりなくなり大地に戻っているところから開始です。法面の芝桜は毎年少しずつ占有面積を増やし、見事に法面をキープしています。
20150505kijima320150505kijima2
ホームセンターと道の駅を回り、苗と種芋を購入しました。
ジャガイモはサカタの男爵(3kg)、南瓜はいつもの「えびす」や「九重」がなかったので、ラグビーボールのような実がなるらしい「ロロン」という品種の苗(8本)を求めました。
道の駅で南瓜の苗を買っていると、そんなに沢山南瓜ばかり植えるんですか?とお客さんに聞かれました。ええ、何か植えておかないと草が生えるし、収穫時期を気にしなくてもいいので・・・と。
20150505kijima120150505kijima4
畝を作って、有機石灰と堆肥をすきこみ、植え付けも完了しました。
20150505kijima5
1ヶ月の内には、どちらも芽かきをしたいものですが、次は何時こられるか?去年は2ヶ月も放置してしまい、草ボーボーになってしまいました。
author:Muu, category:木島, 23:32
comments(0), trackbacks(0), - -
初滑り
木島平スキー場のオープンです。
家族3人で恒例の木島の小屋の「メリー・クリスマス」&「初滑り」に行ってきました。
今年はいつもの年より雪が多く、除雪してある公道から敷地内の小屋までのラッセルが思いのほか大変でした。赤いガマズミの実が「いらっしゃい」とやさしく声を掛けてくれるのですが、「きれいね」と返答する余裕もなく、ずぶずぶと雪の中にめり込む足と格闘して最初から大汗でした。
20141221ski420141221ski5
例年、オープンのときは一番下の第10 リフトはブッシュだらけですが、今年はしっかり雪がありました。動いていたリフトは全体の6割ほど・・・
20141221ski220141221ski1
シニア券で滑るようになってもう何年?今年も先ずは元気で滑れてよかったね。
author:Muu, category:木島, 22:20
comments(0), trackbacks(0), - -
冬支度
木島平の秋は深まり、雪の冬を静かに待っていました。
小屋の冬支度が今回の目的、外にある水道メータのボックスを積雪時開閉できるように、構造用合板6枚で雪囲いをします。板は今年で3年目まだ大丈夫のようです。毎年やっているのに、あれ?どうだった?・・・歳のせいでしょうか?
そんな小屋のまわりは、全て秋色。
20141125ochiba20141125kijima3
20141125kijima120141125kijima2
次に木島に来るときは、これが全て白一色になるのですね。
それを考えると、今回の地震で被災した人達のあせりが理解できるような気がします。
author:Muu, category:木島, 00:06
comments(0), trackbacks(0), - -
木島の晩秋
地震の後、木島に向いました。小屋の中は、冷蔵庫の上の物が床に落ちていた程度でしたが、近くの民宿の人の話ではかなり揺れたそうです。
山からの贈り物でしょうか、敷地内ではガマズミやツルリンドウ、サンキライの赤い実、ヤマブキやアスパラの黄葉が晩秋をうたっていました。
20141125gamazumi20141125yamabuki
20141125cosmos20141125toranoo
20141125asupara20141125tururindou
20141125kuromoji20141125sankirai
虎の尾の紅葉はもう最後、少し前だと鮮やかだったことでしょう。
author:Muu, category:木島, 17:39
comments(0), trackbacks(0), - -