RSS | ATOM | SEARCH
AU 最後の夜
 あっという間に時間が過ぎました。
最終日、朝から夕方までセッションは継続します。日数が多かった以前のAUの最終日とまるで違います。
そして、驚いたことに最終日夜のファイナル・パーティがなくなっていました。
ちょっとさみしい・・・見つけたのがサブスメンバー限定のレセプション(5:30〜7:30)でした。
生バンドの演奏があり、ごった返していました。お酒のサービススタンドは会場に2か所しかなく、長蛇の列に並んで、やっとビールをゲット。いつもと同じようなお料理が並んでいましたが、面白かったのは、イチゴ、パイン、マシュマロ、チョコケーキ、などを長い竹串に好みで刺し、生チョコの噴水に付けて食べるという志向でした。甘いのが苦手な人はだめですね。
ここで、何人かとお別れの挨拶、今夜発つ人、明朝発つ人様々、See you next AU!
最後に、入場のときに入れた名刺から抽選でプレゼントが10人ほどに当たりました。
この袋の中に何が入っているのでしょう?当たった方に写真を撮らせてもらいました。

さて、おなかも一杯、会場のビールやワインは予定数を超えて有料に変ったので、部屋に戻って荷作りです。今回は極力荷物を少なくしてきたのですが、やっぱりパンパンになりました。誰〜お土産のチョコレートをSKYPEで今日注文してきた人?結局、ポコポコ首枕は、露出で手に持つことに・・・・これで、荷物完成です。しかし、今夜はあまり寝られません。寝てしまうとフライト中寝られなくなります。
そうだ、フライトのチェック・・・ツーリストをあてにしてはいけません。
AAのフライトステータスで、天気や気温までわかります。
AU2010last_night1AU2010last_night2
Flight_St1Flight_St2

author:Muu, category:AU, 00:40
comments(0), trackbacks(0), - -
海外用データ通信USB端末
 今回は、日本のイーモバイルのような海外用USB端末をレンタルしました。
会場は無線LANでアクセスできます。ホテルの部屋に戻るとホテルのネット回線の一日の使用料と使い放題1日980円のUSB端末のどちらが安いか微妙でしたが、試してみました。
イーモバイルの簡単に自動インストールされる仕組みなら使い勝手がいいものと想像しました。
しかし、到着初日、付属の簡単なマニュアル通りインストールしましたが、つながりません。イーモバをアンインストールして再度挑戦、やっぱりNG。
やっぱり!
ヘルプに電話、解決せず、サポートからの電話連絡をまちました。デバイスマネージャーを確認してくれと言うので、あけてみると入っていない。誘導の通りインストールしたら、今度はOKでした。
しかし、オートで通信が拾えず、そのたび、アナログで通信相手を探し、つなぐという形しかとれませんでした。そして、たまに切れます。切れると、プログラムインストールのオートランの画面が出て、もう、インストしてあるのにと怒りそうになりました。
まあ、こんなものでしょうね。それでも、そこそこ使えました。
ただ、PC苦手な人には、ちょっと不向きかも知れません。オートランで自動インストしても、今回のようにNGの事があるようですから。ちなみに今回のは、HUAWEI製でした。
VIX201011305VIX201011303VIX201011304



author:Muu, category:AU, 21:56
comments(0), trackbacks(0), - -
今日会って話した人備忘録
朝 リン・アレン(ホテルの廊下)
朝 リッチ・アパス(廊下)
朝 スニーズ(インド)(レジスト会場)
昼 ヨシ・ホンダ(会場廊下)
昼 ルシアナ(ブラジル)(スタバ)
夕 マーク・キカー(AUGIルーム)
夕 リチャード・ビニング(AUGIルームの前の廊下)
夕 ビル・アダムス(AUGIルーム)
夕 ドーニャ(廊下、展示会場)
夕 エスタンバーン(展示会場)
夕 ダリオ(伊)(AUGIルーム)
夕 デビッド(展示会場)
夕 オリビエ(パビリオン)
夕 シャーン(廊下)
まだ、いっぱい・・・主要はこんなもの。
author:Muu, category:AU, 18:29
comments(0), trackbacks(0), - -
なが〜い一日からスタート
 今回のAUはツアー参加なので、その分自由度はありませんが気が楽です。
朝、普通に起きて会社へ、お昼まで仕事をしていよいよ出発です。
成田の集合時間は14:30、15分前に空港に着き、アメリカ用の携帯電話とUSBデータ通信端末(イーモバイルと同じようなもの)をレンタルし、JTBのカウンターでチケットを受け取り、自分でチェックイン。ツアー参加の人が集合して何かするのかと思っていたのですが、想像が大きくはずれました。
もちろんこのほうが自由なのです。一緒の仲間(海外旅行初めて)と行動をともにすることになりました。
出国を済ませ、D-freeのたばこを購入。国内で4100円のカートンが2500円でした。
まだまだ、時間があるので、ビールとお稲荷さんと枝豆を頂いて、機中へ。9時間あまりでロスに到着。ここで朝の8時半です。
アメリカン航空を利用するのは今回が初めてです。ちょっと変な日本語(関西系の訛も混入)をしゃべる米人?のアナウンスが場を和らげます。
ロスに着いて、一つ二つ事件がありました。
一つ目:仲間の人がイミグレーションで何故かひっかかり、別室に・・・放置も悪いので、かなり待っていました。結果は難なく解放でした、次回はもう少し英語を・・・と彼は思った事でしょう。
二つ目:JTBの人が到着と出発は同じターミナルになりますから、ご安心ください。と確かに言いました。
しかし、それが違っていたのです。
それに気がついたのは、同じターミナルで国内線の搭乗用セキュリティを済ませた後、、、、モニターに自分たちの便のゲートの表示がありません。何人かに尋ね、セキュリティを逆走し、別のターミナルへ・・・時計はだんだん厳しくなります。セキュリティの長い列をまたしても消化しなければ乗れません。近くにいた係の人に、事情を話しましたが、いや並んでね、、、みんなそうしているんだからと冷たくあしらわれました。しかし、何とか間に合いました。ラスベガスまでは、ずっと砂漠の上です。こうも何もない処を飛び続けるのも日本ではあり得ません。
さて、ラスベガスに着いて、マンダレイベイ(画像左の金色のホテル:客室4000超)にチェックイン、部屋は33階でホテルのプール階がよく見えます。さすがにこの時期プールは閉鎖です。外気は10度以下でかなり寒い感じです。

いいよ、お目当ての’LOVE’を観劇に、その前にミラージュの前にあるベネシアンで軽食、3回泊っているので、何かと気が楽です。
さて、LOVE・・・シルク・ド・ソレイユでどんな演出をするのか楽しみでした。会場の盛り上がり方がやはりアメリカだな〜と思いました。隣に座った人からも声を掛けられ、同調、一緒に口ずさんだり、拍手したりと忙しく90分が終わりました。
帰りのタクシーの運転手は日本人でした。ラスベガスに7000人のタクシードライバーがいて、日本人は14 人だそうです。今日が最初で最後でしょうと言っていました。
さて、長い29日は、この後ホテルでのネットトラブルの解決で終わります。
RIMG0005RIMG0014
RIMG0025RIMG0028RIMG0041RIMG0044
author:Muu, category:AU, 20:12
comments(0), trackbacks(0), - -
名刺の両面印刷
 名刺の準備を忘れていることに気がつきました。
ええ、アメリカで日本語の名刺では・・・NGですよね。
表が日本語、裏がフルの英語にすることにしました。以前はアメリカで印刷してくれたのですが、今回は自分です。
簡単にすぐ出来ると思っていたのが、予想外に時間がかかりました。
なぜ?
ええ、AUGI 規定の名刺が左側の上下と左がベタ縁なしなのです。家庭用のちゃっちいプリンターではきれいに位置コントロールできないので、原稿がオーバープリント設定です。
裏面は、この色がオーバーする部分が中央に来ることになります。思案の末、左半面を両面印刷し、裏白の右半分は国内用で使うことにしました。国内用の裏左端にオレンジの細い線が出ますが・・・まあ、愛嬌としましょう。
AUGImeishi3AUGImeishi1AUGImeishi2AUGImeishi4
author:Muu, category:AU, 13:11
comments(0), trackbacks(0), - -
Will Call
 今回で5回目のAU参加です。いつも見そこねていたシルク・ド・ソレイユ LOVE を今年は是非見たいと考えていました。AU期間中での公演は、到着初日しかありません。この日ならレジストするだけで、セッションはまだ無いから大丈夫。
JTB からフライトスケジュールがやっと来ました。
到着当日の夜、7時からの観劇がぎりぎり可能となり、早速、ネットで予約です。
いつもは、仲間がやってくれていたので自分で予約するのは初めてです。

25%オフのMGMサイトを見つけました。普通に予約するのと、100$も差が出ます。
予約画面には、15分のリミットがあり、、、カウントダウンの表示(後何分何秒)が出ます。
席もどこでも言い訳ではないので、座席マップを先にダウンロードし、それと見比べながら位置を確認します。一緒に行く人の体型上はじっこのシートがいいのです。しかし、自分でここと指定できるわけではなく、表示されるシートでいいかどうか判断し・・・駄目なときは予約を中断するを繰り返します。
そして、やっと決定・・・しかし、届くはずのコンファメーションのメールが届きません。
おかしい?予約時のキャプチャーを見て、入力したアドレスの一字が間違っていることを発見しました。やってしまったわけです。画面の下の表示にしたがって、アドレスの間違いを直してほしいとMGMのオフィスにメールを出しましたが、返信はMGMに泊まるとこんなサービスが受けられるよ〜の宣伝のみでした。

チケットの受け渡しは、WILL CALL なので、現地でパスポート、予約時のクレジットカードとコンファメーションを提示することになります。コンファメーションの代わりに予約時のキャプチャーでもいいのかしら?
しかし、不安がつのります。ラスベガスに着いて、あまり余裕がありません。フライトは時として数時間遅れることもありますから・・・そう!AU2006の時は、シスコの空港で定刻より3時間半遅れで離陸しました。
アメリカの友人に相談のメールをしました。ミラージュに電話してくれて、やっとアドレスが修正され、コンファメーションのメールを受け取りました。やれやれです。
Love_bookingstage
author:Muu, category:AU, 23:57
comments(0), trackbacks(0), - -
AUJ2010
 水天宮前のロイヤルパークホテルで今年もAUJ(Autodesk University Japan)2010 が開催されました。
AUJ が最初に開催されたのもこのホテルでした。次に、横浜、このホテル、このホテル、、、。初回の派手さに比べると、質実な雰囲気となりました。
AUJ2010今回は、ナイトクラスを設けるという企画がありました。私達AUGIjpも朝からブースを出し、夜の9時まで頑張らなきゃ〜と思っていましたが、ナイトクラスが始まる頃、そう、18時半頃には、出展ブースの人たちが片付けをはじめました。あれ〜夜の人達がかわいそうです。
次々にダンボールに機材が詰められ、セッションルームの様子とは無関係にブースが閉鎖されて行きます。私達も、仕方なくそれにならいました。
ナイトクラスは、6クラスx2限=12クラスです。 あるクラスは、100名入る部屋に受講者は10数名だったと聞きます。 昼間は仕事で来られないから、夜のクラスなら〜さて、ナイトクラスに参加された方達の印象は、どうだったのでしょうか。気になるところです。

今日は、赤いおそろいのポロシャツを着た会場案内の人が何人か会場に来た参加者を受付に案内していました。
私は、洗面所の場所をその一人に聞きました。頭をひねって・・・???「私は、会場案内ですので・・・」と答えます。ちょうど通りかかった仲間に聞いて解決しましたが、受付の案内のみが彼等の役目?という事のようです。洗面所は会場案内に含まれないの?ちょっと寂しいかもと思ってしまいました。
author:Muu, category:AU, 23:34
comments(0), trackbacks(0), - -
サービス業?
 AU2010に参加することになりました。
今回の旅行手配は今まで全て自分で好きにやっていたのと違って、旅行会社JTB-CWT扱いのAUツアーの一員としての参加となります。

その対応のひどさに驚いています。申込書をFAX&送付しても、受領の連絡一切なし。
AUのレジストに当たって質問の連絡を入れ、1週間が経過しても何の連絡もありません。
1週間待って、とうとう旅行会社に電話連絡を入れました。
 13:10 外出中、帰社予定14:20→折り返しの連絡を伝言
 16:10 離席中、→折り返しの連絡を伝言
 17:00 同上
 17:35 「営業時間が終了」のアナウンス
ちょっと、ひどすぎませんか?
 18:00 電話がつながらないので、FAXを送信
 18:10 電話が掛かって来ました。そして、質問の回答をやっともらえました。

夜間に、レジスト、担当者の依頼に従ってレジストレポートをメール送信しても返信なし。

これって、サービス業のやり方でしょうか。
ひどさの表れが ↓ の日程表、昨年度のドキュメントを流用するのはありですが、チェック位するでしょう。ワードの文章ですが、一括置換で2009→2010、そんな事しないのかしら?
受け取った側はすぐ気が付くのに、送る側が気が付かない?おかしいです。
また、送られて来たドキュメントには、以下のような一文があります。
ITの活用とグローバルサービスの展開を図ることにより新たな価値を創造し、高い専門性とスピードを基軸として、ビジネストラベルの利便性と質の向上に関するベストソリューションをお客様に提供する事業を展開しています。」←なんか違いますよね。
JTB_info
author:Muu, category:AU, 23:49
comments(0), trackbacks(0), - -
AUGI 年次総会2008
 夕刻よりAUGIのアニュアルミーティング、そして、AUGIビアバーストと続きます。
先ず、リン・アレンの挨拶・・・これは、恒例です。
続き、マーク・キカー会長から・・・報告。
Wish List、カントリーチャプター、会計報告・・・・今年は、リッチアパスが壇上に、?
今まで、AUGIのWEBサイト、ホットニュース、etcをリッチアパスの会社「ソリッド・ベーパー」がやっていました。12月1日から、、、それを止め、AUGIが管理するというものです。さて、今のしがらみを簡単に断てるのでしょうか?
最後に、ビアバーストへの発声が会長から。ここに本文を記入してください。
AU2008_2750AU2008_3010AU2008_5675AU2008_6497AU2008_8799AU2008_843
author:Muu, category:AU, 23:32
comments(0), trackbacks(0), - -
AU2008_コミュニティパビリオン
いよいよインターナショナル・コミュニティ・パビリオン内でブース番のお仕事です。
Mさんと二人で、19時〜22時と結構長丁場です。初日とあって、少しばかり緊張気味。
広い展示会場は、こんな感じで、様々な企業がブースを出展、参加者達が回遊します。
AU2008Dec0212AU2008Dec0214
AUGIとAUGIカントリーチャプターのブースは、ここの一番奥にあり、各国の国旗が出ています。
世界地図には、来た人が自分の住んでる場所にピンを打ってゆきます。
それでは、ブースで何をするの?AUGIjp のサイトを PC に表示、いろいろ質問に答えます。
そして、ブースに来る人に、その国のスタンプを押すのも課せられた仕事です。
AU2008Dec0213 High Five というスタンプラリーで5個縦横斜めにスタンプを集めると、ブレスレットタイプの1GBのUSBメモリーがもらえるというものです。
途中お腹がすくので、会場からお料理を運んで、人の足を見ながら食べていたり、隣のブースでおしゃべりしたり・・・昼間の会議を受け、会場の一角で各カントリーチャプターコーディネータが集まって、真剣な臨時ミーティングもあったりして・・・
AU2008Dec0210AU2008Dec0211RICHARD副会長が、、、そして、Mike、Shaanと集まって来て、はいチーズ!後ろのブースは、左からメキシコ、ブラジル、日本、インドと並びます。みんなボランティアスタッフが番をします。22時になる頃には、もう、口が渇いてヘトヘトでした。しかし、交流という名にふさわしい楽しい時間を経過した後の心地よい疲れでした。
author:Muu, category:AU, 23:55
comments(0), trackbacks(0), - -